calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

和歌山放送ラジオ ボックス(2018/6/8) 伊藤宏 ドン・ファン報道で新潟県知事選など重要なニュースが報じられない!メディアは南海トラフ地震対策を国民に伝える努力をすべき!

0

    永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学の伊藤宏
    さん(新聞うずみ火スタッフ)でした。司会は赤井ゆかりアナウンサーでした。
     脳にきくニュース、今週のテーマ、紀州のドン・ファンさん 、5/24に亡くなり、5/31に覚醒剤で、
    ニュース、ワイドショーにて、関西だけでなく首都圏でも取り上げられるものの、ここまでの取り上げ方
    は異常、覚醒剤のこともあるものの、市民がそんなに関心を持つ話なのか、メディアがここまで執拗に取
    り上げるべきか、他にやるべきことがあり、ワイドショー向きではあり、ワイドショーのネタとして取り
    上げて、奥さんの嫌疑、プライバシーを暴く記事も週刊誌にあり、しかし地元の田辺の方にはそれほど触
    れてほしくない、和歌山県外のメディアも殺到して、他に何も伝えるべきことがないのではない、スピン
    ニュース、報道、大切なものを隠すため、意図的ではなくても結果的にスピン報道になってしまい、他方
    新潟県知事選、地方ではなく全国的なテーマ、与野党、国会、モリカケ問題もあり、しかし新潟県知事選
    はマスメディアでは大きく取り上げられず、和歌山県知事選ではバクチ法案もあり、二階氏は団体回りを
    新潟でするのみ、伊藤さん、1991年の青森県知事選、接戦で、当時の幹事長の小沢一郎氏、団体回りで与
    党の推す候補が何とか勝ち、政権与党の幹事長の地元入りは重要なのに国民には知らされず、そして安倍
    総理の訪米、トランプ大統領との階段、モリカケ問題はウンザリと書く新聞もあり、外交の報道で重要な
    点が隠されて、ある政党の幹部はモラル崩壊内閣とすらいい、もうモラルなし、改竄捏造、神戸でのいじ
    め自殺の隠蔽、5歳の子供の虐待事件で子どもを追い込んでノートに書かせて、このようなことがまかり通
    るもの、いじめも原因を究明して、再発防止が必要で、紀州のドン・ファンの報道のことは無駄とは伊藤
    さん言わないが、それにかける労力以上に重要な問題を掘り起こすべき、新潟県知事選は注目されて、結
    果は大きく報じられるとしても、事後ではなくリアルな選挙戦、情勢、新潟の有権者のことは熟知すべき
    で、ドン・ファンとワイドショーの騒ぐのは、1週間経ってもワイドショーのこれほど騒ぐべきことか、奥
    さんにこれだけ報じられたら疑惑の目が向いて、地元、和歌山田辺の皆さんがこの狂乱報道をどう見てお
    られるのか伊藤さん問題と説かれました。
     さらに、先ほど報じられた南海トラフ巨大地震の被害、30年間に70%、土木学会の試算で1410兆円の被
    害、これは経済の被害=直接被害を入れたら想像を絶するもので、早急に手を打たないと壊滅状態であ
    り、南海トラフ地震は明日起きてもおかしくなく、試算通りなら日本は半身不随になり、被害をどこまで
    へらせるかは喫緊の課題であり、どうやって津波、地震から守るか、これを考えると、優先順位が違う、
    これはもっと大きく報じるべき、数字の大きさで騒ぐのではなく、地震後のどうやって復刻するのか、検
    討結果は国から示されず、メディアはこういうことに労力をかけて取材して、防災対策の進捗状況をメ
    ディアは国民に伝えるべき、個人の努力で減災は可能だが、努力するためにはメディアは国民に啓発すべ
    きで、1410兆というのは、ドン・ファン事件より田辺の皆さんには切実、田辺の皆さんは南海トラフ津波
    の直撃を受けるからと説かれました。以上、今週の伊藤さんのお話でした。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック