calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

上関原発計画中止を求める院内集会

0

    野村修身です。

    このお知らせはいくつかのメーリングリストに投稿します。
    転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

    山口県上関は、本州最西端に位置し、風光明媚であり生物の多様性にめぐまれて、世界遺産としての価値があります。瀬戸内海は沿岸の工業開発が進んでおり、大きなドブと言う人さえあります。その中でこのような貴重な残っていたとは、私の目で見ても世界的に貴重です。

    あろうことか、この貴重な自然を完全に破壊し、人々の生活を成り立たなくする原子力発電所の建設が、計画されています。

    地元の人々は反対運動が行われていますが、強大な力を持った中国電力は、いまだに計画を撤回しようとしません。

    この事態を解消するために、地元の人たちによる院内集会が行われ、監督官庁への要望が提出されます。末尾にビラより抜粋した案内を転載します。

    多くの皆様方の参加をお願いします。
                      _________________________________________________
                      NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st@jca.apc.org
                      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    <院内集会案内ビラより転載;ここより最後まで>」
    ----------------------------------------------

    1. 日 時 6月19日(火)17:00〜19:00
    2. 場 所 参議院議員会館 B104
    3. 名 称 「奇跡の海」を活かした上関の未来へ 〜地域おこしへの私たちのチャレンジ〜
    4. 内 容
    上関原発計画新規立地中止を求める緊急署名提出
    上関の自然の素晴らしさと原発計画をめぐる現状 (DVD上映/現地からの報告)
    地域おこしへの私たちのチャレンジ
    a) 上関の自然を守るキャンペーンの取り組み(ラッシュジャパン)
    b) 沿岸域の保護と利用の先進モデル地域への試み(日本自然保護協会)
    c) 人と自然の出会いの場〜上関まるごと博物館オープン(パタゴニア日本支社)
    5. 紹介議員(敬称略)
    山崎誠(衆議院議員/立憲民主党)
    6. 呼びかけ議員(敬称略/順不同)
    大島九州男(国民民主党)/仁比聡平(共産党)/福島みずほ(社会民主党) /山本太郎(自由党)
    7. 参加申込要 (e-mail:miodri.t@crocus.ocn.ne.jp  Fax:0820-62-0710まで)
    8. ご案内 入口でイベント案内を持ったスタッフから入館証をもらって会場にはいれます。
    9. 主 催 上関の自然を守る会
    10. 問い合わせ先 *院内お問合わせ先 山崎誠議員(衆議院・立憲民主党)
    *主催者 上関の自然を守る会 高島美登里 090-8995-8799/midori.t@crocus.ocn.ne.jp

    上関ってどんなところ?
    奇跡の海ってどんな海?
    ここに原発計画があるの?
    「奇跡の海」を活かした上関の未来って?

    みんな、6/19に来てね!

    山口県南東部にあるよ。瀬戸内海に面していて、室津半島の先端部と、人が生活している長島、祝島、八島と7つの無人島があるよ。山口県最南部の町だよ。ちょうど四国の佐田岬から約40km.九州の国東半島からも約40km.位の位置にあるんだ。

    瀬戸内海は50年くらい前から埋立や海砂採取などで環境がすごく悪くなったんだって。でも、上関は大きな開発がなかったから、昔の自然環境が残っているんだよ。だから、カンコちゃん(カンムリウミスズメ)やぼく(スナメリ)のような他の地域では絶滅してしまいそうな生き物や世界的に珍しい生き物が元気に暮らしていけるんだ。

    「奇跡の海」という名前は日本生態学会という生物研究者の団体のメンバーで上関の調査を続けてきた方たちがまとめた本の名前なんだよ!うん、36年前に計画が始まって、今も続いているよ。
    2011年の福島第一原発事故のあと、いったんは敷地を作る埋立工事が中止されたんだ。でも2016年に山口県知事が埋立の延長を認めたから、中国電力は埋立を再開できるってわけ。ただし、国がエネルギー政策の中で新規建設の方向性がはっきり出たらという条件付きだけどね。

    僕たちと人間が仲良く暮らせるシステムを作る新しい取り組みが始まっているよ。

    僕たちに会いに来たり、マリンレジャーを楽しんだり、海や山の資源を有効に活用して地域活性化に役立てる試みだよ。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック