calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

朝日放送おはようコール(2018/6/14) 二木啓考が米朝首脳会談、日朝協議と18歳成人問題他を語る

0

    永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、木曜日のコメンテイターはジャーナ
    リストの二木啓考さんでした。司会は横山太一アナウンサー、アシスタントは斎藤真美アナウンサーでし
    た。

     米朝首脳会談、非核化認識に両国のズレがあり、歴史的な米朝会談はDPRKのメディアも大きく取り
    上げて、トランプ大統領は帰国して、記者の質問をかわして車に乗り、携帯電話を出してツイート、DP
    RKの核の脅威はない、オバマ氏はDPRKが最も危険と言っていたがそれを否定、ポンペオ氏はトラン
    プ大統領の一期目に達成と語り、DPRKの地下鉄には新聞が張り出されて、DPRKの市民はトランプ
    大統領のことをあまり知らず、DPRKの労働新聞は成功と報じて、しかしアメリカのメディアはこれを
    政治ショーと酷評、具体的な進展を見せられるかと疑問、DPRKの非核化は、アメリカは検証可能で不
    可逆的、DPRKは段階的にやるので制裁をやめてくれ、さらに、DPRK非核化の費用は日本が負担と
    いう件に、野党から疑問の声もあり、拉致問題は、モンゴルで中国やロシアも参加する協議をやり、金委
    員長は拉致問題は解決済みと言わなかったとも報じられて、これについて、二木さん、トランプ大統領は
    6/12と示してしまい、それに合わせて、トランプ大統領は中間選挙を意識して、DPRK、金委員長は独
    裁者であり、トランプ大統領とやりあったとできて、金委員長は民意を気にする必要はなく、今回は8:2
    で金委員長が成果を取ったと言われて、そして日朝協議、金委員長は安倍総理と会うと語り、日朝協議に
    ついて水面下で模索、7,9月にやり、モンゴルのウランバートルで、外務省のスタッフ、日本の参事官が行
    き、DPRKは秋に建国70年、文大統領、習近平氏もいき、これの前に日朝協議をやらないとならず、金
    委員長は日本に対して成果を上げたい、日本はDPRKに対して、拉致問題、核、ロケット問題の解決な
    しに国交正常化なし、それまで圧力と言ったものの、トランプ大統領が頭ごなしにDPRKとやり合って
    しまい(ニクソンショックの再来)、日本の路線は破綻、トランプ大統領が拉致問題を金委員長にどれだ
    け言ったのか不明、拉致問題はまた調査するというものの、結果の出ない可能性があり、結局お金を出す
    だけ、図式は、トランプ大統領の後に手提げ金庫を持った安倍総理がいることになり、日本がお金を出さ
    ないと、世界的な緊張緩和に日本は貢献しないのかと言われて、拉致問題解決の目途はなく、安倍総理に
    も日本国民にもエライことになると語られました。

     看護師連れ去り事件、闇サイトを利用した犯行で、女性は帰宅後車で外出後に連れ去られて、遺体で発
    見、容疑者は面識なしというもので、二人の容疑者は事件当日に会ったというもの、インターネットで犯
    罪仲間を探す闇サイトが介して、ダークウェブ、通常の検索では見つからず、二木さん、通常闇サイトと
    呼び、2007年には衝撃的な事件であり、アクセス方法が分からず二木さんも見ていないが、覚醒剤をアイ
    スと呼ぶ、容疑者はもう一人いてそれが主犯格、そのために逮捕した二人の名前を公表しておらず、加害
    者と被害者の因果関係の全く分からないもの、ダークウェブはテロの手段になり、アメリカでは対策も進
    めていると説かれました。

     本日の気になる新聞記事、18歳成人について、読売新聞一面、2020年施行、ローン契約、パスポートも
    取れて、性別変更もOK、飲酒、喫煙、ギャンブルは20歳のまま、二木さん、国民投票法、憲法改悪のた
    めに取り入れられて、民法刑法を変更したものの、一番の楽しみはダメ、アメリカは全部18歳、少年法を
    どうするか、読売新聞32面、阪急阪神ホールディングスの株主総会、電車がどうしてライバル球団の巨人
    の色のオレンジなのかと追及?日刊スポーツの寺尾さん、株主総会の現場にいて、巨人に負け越している
    件を追及されたと説かれました、以上、二木さんのお話でした。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック