calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

毎日放送ラジオ ニュースなラヂオ(2018/7/2) 一億総社畜化法案成立、私たちの労働はどうなる?棗一郎さんのお話(大竹まことゴールデンラジオ、デイ・キャッチ!も入る)&矢野さん、沖縄慰霊の日を語る

0

    永岡です、毎日放送ラジオの、ニュースなラヂオ、第15回、今週も新聞うずみ火代表のフリージャーナ
    リスト、矢野宏さんと、フリーアナウンサーの加藤夏美さんの司会で放送されました、ニュースキャス
    ターは上田崇順アナウンサーでした。福本晋悟さんは前番組の生放送で今回はお休みです。

    今日はサッカーワールドカップでおはようコールのニュースコーナーは潰れて、デイ・キャッチ!すら
    サッカーがトップで、青木理さん、サンデーモーニングでサッカーばかりやるなと発言したら袋叩きであ
    るものの、青木さんの発言を評価する声もあり、日本と対戦するベルギーは多民族国家で、オランダ語圏
    とフランス語圏があり、チームでは基本的に英語をしゃべろうとしてチームが強くなったと説かれまし
    た。
     また、米朝会談後、実務者会談、ポンペオ氏とキム・ヨンチョル氏が対談、ボルトン氏は非核化を1年で
    できると語り、これについて青木さん、6/12のトランプ大統領と金委員長の会談、中身なしと批判されつ
    つ、しかし昨年は戦争直前から対話に変わったのは大変大きく、しかし具体性なしというのは、非核化は
    これからであり、今後根気強い実務作業がいる、外交は実務者の積み重ね→首脳会談なのに逆、これはト
    ランプ大統領と金委員長が特異な存在、トランプ大統領は時間がないというものの、しかしトランプ政権
    はどこまで本気か?中間選挙目当ての可能性はあるが、板門店で協議、ポンペオ氏がDPRKに行く、ボ
    ルトン氏のいうような1年というのは楽観的、非核化は数年〜10数年かかり、ポンペオ氏の訪朝は試金石に
    なり、国際社会はDPRKに疑念を持つものの、DPRKは逆にアメリカに裏切られた、しかし外交で韓
    国とDPRKが歩調を合わせるのは初で、金委員長という30代の若い独裁者が、今後長くDPRKを維持
    するのか、シンガポール型や韓国のように経済成長を意図するのかと説かれました。

     プレジデントオンラインで、元週刊現代編集長の元木昌彦さんが、国家を私物化する安倍夫妻のことを
    批判されています。私、永岡も同感です。
    http://president.jp/articles/-/25553

     矢野さん、先々週地震で行けなかった枚方の学校で講演されて、今日は暑い中、加藤さんジム→冷たい
    もの、中学校で講演、1年生に大阪空襲と原爆、2年生に沖縄戦、3年に国際紛争、その後も講演で大阪大空
    襲、暑い体育館で子供たちがかわいそうと、時々爆弾の音を語り、子供たちの反応は、知らないことに興
    味を持ち、大阪大空襲、沖縄戦も知らず、パワポを使いプレゼンテーションに成功、800人の生徒さんの、
    感想文が後日来るそうで、子供たちには戦争とは実感がなく、73年前の戦争を矢野さん体験されず「命の
    大切さ」、祖父母が亡くなっていたら皆さんは今いない、これから、命を大切に=平和学習なのです。
     ニュースピックアップ、上田さん、暑い、近畿で局地的な大雨、警報も一時出て20時現在解除、ゲリラ
    豪雨には要注意、台風7号は強い台風になり、奄美地方は暴風雨、九州も暴風雨、大しけ、高波に要注意、
    20時に奄美大島近くにいて、965hPa、35mの風、暴風あり、奄美地方では今夜遅くにかけて要注意、日本海
    を通り近畿地方は明後日影響、吉村真紀さん、台風は大阪だと台風通過後、湿った空気により今週ずっと
    雲or雨であり、洗濯ものを干せず、大雨に要注意、7〜9月は台風シーズン+7〜11月に竜巻、滋賀で被害、
    風速65mは近畿で過去最強、竜巻は風を遮るものの多い都市部では少なく、平野部、盆地、ひらけていると
    ころで多く要注意、滋賀での竜巻は琵琶湖中部にこれまでも発生、近畿は竜巻とは無縁ではなく、盆地
    で、気になるエリアでは気を付けて、竜巻注意情報、黒い積乱雲には要注意、ひょうや大雨だと、建物で
    も窓から離れたところ、2階は危険で、プレハブごと吹き飛ぶこともあり、9月に多く、天気は、今年の
    夏、関西の梅雨明け、吉村さんは来週明けかも?その後また雨かもというもので、夏は8,9月は太平洋高気
    圧+チベット高気圧=猛暑、布団2枚(泣)、夏はえげつないのに気をつけてくださいとのことです。
     経済、日銀短観は6月で2期連続悪化、大企業の製造業で悪化して、景気判断2期連続悪化は5年半ぶり、
    原材料高騰、貿易摩擦の危惧からです。

     今週の特集テーマは高度プロフェッショナル制度こと一億総社畜化法案((c)小田嶋隆さん)or過労死推
    進法案の強行採決、政府の言うような成果で評価される柔軟な労働はできるのか?日本労働弁護団事務局
    長の棗(なつめ)一郎さんのお電話でのお話がありました。頭に来る内容で、心臓に悪いですが、しかし
    晋三はもっと悪いのです!
     これについて、本日の大竹まことゴールデンラジオで、森永卓郎さん、経団連は年収400万を想定して、
    時間内に終わらないのは能力がないと見なされる、アメリカでは年収200万であり、条文を読むと森永さん
    背筋が凍る、労働時間の割増賃金は適用しない、週40時間しか働いたらいけないのに、これの対象者は毎
    朝6時→深夜2時まで働かせてもOK+休日なしでOK。育児休暇などあり得ず、休憩時間なし、これらが
    違法にならず、過労死しても経営者の責任は問われず、過労死しても自己責任であり、大竹さん、仕事は
    連携と説かれて、森永さん、これが嫌なら辞めろであり、年収400万まで下げられるし、これは省令で決め
    られて国会審議は下げるのに不要であり、派遣労働法も小さく生んで大きくされる、地獄の底まで働かせ
    られる。過労死は自己責任、維新も賛成、公明党も賛成、森永さん、厚労省は昔労働者の味方であったの
    が、90年代から経団連の手先になり、人間が人間扱いされない、メディアがこの法案のムチャクチャを報
    じない、森永さん、労働者は生き物で道具ではないと怒られて、人間だぞと怒鳴られて、大竹さん、酷い
    こと、倉田真由美さんもいかに怒られていました。
     宮崎日日新聞では、高プロはウルトラマンのような超人限定にしろとありました。
    http://www.the-miyanichi.co.jp/kuroshio/_33126.html
     働かせ方改悪について、最重要法案、8つの法案を一気に改悪、(1)残業時間に罰則、(2)同一労働同一賃
    金、そして(3)が高度プロフェッショナル制度、野党が反対しても、自公+維新+希望で強行採決、棗さ
    ん、急いだ採決について、8つの法律を一柳に束ねて、一つ一つ審議すべきものを強行採決されて忸怩たる
    思い、リスナーより、この法案を悪用されないかと、労働者の敵なのかと質問があり、棗さん、高度プロ
    フェッショナル制度、残業時間の上限がなく、ブラック企業に悪用されるもので、収入の高い専門職に残
    業代を払わない、厚労省が対象を決めるものの、労基法の労働時間規制、休み、休憩、残業代を支給、深
    夜労働規制を撤去するもので、リスナーより、これで賃金が低下するかと聞かれて、棗さんそれはあるの
    で反対して、政府は仕事が終わると帰れる、成果により評価というのは、法文のどこにもなく、成果主義
    賃金ともかかれず、成果により上がらず、労働時間規制ない=24時間働けと言われても労基法に抵触せ
    ず、際限のない長時間労働になり、適用対象は厚労省の省


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック