calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

【賛同募集】ISDEF Japan 2018に反対する研究者・ジャーナリストの緊急声明

0

    東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
    [転送・転載歓迎/重複失礼]

    お知らせが遅くなってしまいましたが、中東地域に関わる研究者・ジャー
    ナリストの方々による「ISDEF JAPAN」反対緊急声明への賛同募集が8月10
    日まで行われています。中東地域の研究や報道に関わっている方は、ぜひ
    賛同をご検討ください。呼びかけ文を転送します。ご一読ください。

    <関連情報>
    ◆石橋学記者によるさすがの報告記事です。拡散してください!
    軍事産業に手貸すな 川崎、対テロ見本市問題でシンポ
    (8月7日、神奈川新聞)
    http://www.kanaloco.jp/article/351583

    8月3日のシンポのフル動画(UPLANさん撮影)はこちら
    https://www.youtube.com/watch?v=DLC1dzPrPN0

    ◆研究者・ジャーナリストではない一般の方はこちらの署名を!
    <緊急ネット署名>
    川崎市は「イスラエル軍事エキスポ」へのとどろきアリーナの利用許可を
    取り消してください【締め切りは 8月13日(月)】
    https://goo.gl/ZmDJcg
    ※8月8日0時30分現在、3120人ほど。追い込みをかけたいところです。
    まだの方はぜひ、既に署名された方は繰り返しの拡散を!

    -----------------------------

    ISDEF Japan 2018に反対する研究者・ジャーナリストの緊急声明
    の賛同者を募集します(8月10日締め切り)

     8月29-30日に神奈川県川崎市で開催される「ISDEF Japan 2018」(イス
    ラエル防衛&国土安全保障エキスポ)は、イスラエルの軍事技術の見本市
    であり、わたしたち中東地域に関わる研究者・ジャーナリストとしてはそ
    の開催を看過しえず、反対する緊急声明を発表することにしました。
     この声明については、広く賛同を集めて、関係機関に提出するとともに、
    マスコミなどで公表し問題提起をしていきたいと思います。
     声明文はメールの本文末尾にあります。

     なんらかのかたちで中東地域の研究や報道に関わっている方(厳密なも
    のではありません)で、この緊急声明にご賛同いただける方は、下記のメ
    ールアドレスに賛同署名をお送りください(8月10日で締め切ります)。

    賛同署名の送り先メールアドレス: noisdefjapan@yahoo.co.jp

    記載事項:
    ・お名前
    ・肩書き
    ・公表の可否
     (不可のかたについては、「他○名」と記載します。)

    呼びかけ人(五十音順)
     臼杵陽(日本女子大学・教員)
     大富亮(チェチェンニュース発行人)
     岡真理(京都大学・教員)
     栗田禎子(千葉大学・教員)
     志葉玲(ジャーナリスト)
     高橋美香(写真家)
     田浪亜央江(広島市立大学・教員)
     長沢栄治(東京大学・教員)
     奈良本英佑(法政大学・名誉教授)
     早尾貴紀(東京経済大学・教員)
     役重善洋(大阪経済法科大学・客員研究員)
    (世話人:田浪、早尾)

       *    *

    ISDEF Japan 2018に反対する研究者・ジャーナリストの緊急声明

     私たちは、2018年8月29日、30日に神奈川県川崎市の公共施設「とどろ
    きアリーナ」で開催予定の「ISDEF Japan 2018」(イスラエル防衛&国土
    安全保障エキスポ)に強く反対し、主催者に中止を求めます。また、不用
    意にも施設の貸し出しを許可した川崎市および同施設の指定管理者となっ
    ている諸団体に抗議し、許可取り消しを求めます。

     ISDEFは、兵器および軍事・防衛に関する機器の国際見本市を開催して
    きたイスラエルの組織であり、兵器の展示や実演もしてきました。今回の
    初めての日本での見本市の開催は、2020年の東京オリンピックを商機とと
    らえ、「テロ対策」を煽って日本市場参入を狙うものであり、ISDEFは
    「国土安全保障およびサイバーセキュリティー分野における最新の技術と


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック