calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

8/18(土)「脱貧困強制社会−働いた分だけしあわせに生きたい」シンポジウム@弁護士会館(霞ヶ関)

0

    紅林進です。


    8月18日(土)に東京・霞ヶ関の弁護士会館で開催される「脱貧困強制社会」に関するシンポジウムのご案内を転載させていただきます。
    https://www.toben.or.jp/know/iinkai/jinken/cat188/post_14.html

    (以下、転送・転載)

    人権擁護大会プレシンポジウム「脱貧困強制社会−働いた分だけしあわせに生きたい」開催のご案内

     −第61回人権擁護大会第3分科会「日本の社会保障の崩壊と再生−若者に未来を−」プレシンポジウムのご案内−
    https://www.toben.or.jp/know/iinkai/jinken/cat188/post_14.html

    以前は「働けば生活は何とかなる」のが当たり前だった。
    しかし、今の日本の若者は本当に「働けば(まともな)生活ができる」のだろうか。
    ・ネットカフェ等で寝泊まりする住居喪失者のうち75.8%が不安定就労者
    ・住居喪失者等の年齢は、30代(38.6%)が最も多い
    ・15〜24歳の非正規の職員・従業員の割合は、47.7%(全体の割合は37.7%)
    ・ブラック企業に使い捨てにされる若者の報道など・・・・・・・・
    多くの労働者を取材したジャーナリスト、労働問題にかかわる弁護士、若年労働者の相談を受けている労働組合から話しをうかがい、若者をとりまく労働環境の実態を知り、今後目指すべき方向を探ります。

    1 日時・場所
    2018年8月18日(土)13:30〜16:30
    弁護士会館5階502号室 (東京メトロ霞ヶ関駅下車)
    アクセス・地図 https://www.toben.or.jp/know/toben/access.html

    2 内容
    第1部 基調講演「私たちは『貧困強制社会』を生きている」
    藤田和恵氏(ジャーナリスト)

    第2部 パネルディスカッション
    パネリスト
    藤田和恵氏
    佐藤和宏氏(首都圏青年ユニオン事務局次長)
    竹村和也氏(弁護士)

    3 対象
    参加無料
    広く一般の方々のご参加をお待ちしております。

    4 主催
    東京弁護士会

    5 問合せ先
    東京弁護士会人権課
    TEL:03-3581-2205

    詳細は下記チラシをご参照ください。
    https://www.toben.or.jp/know/iinkai/jinken/pdf/180818datsuhinkon.p


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.12.16 Monday
      • -
      • 13:33
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック