calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

転送: NNAFJおしらせ「Stop!原発輸出」

0

    転送です。浅田

    NNAFJおしらせ「Stop!原発輸出」(拡散希望・重複ご容赦)

    ◆ 写真展「原発とたたかうトルコの人々−日本の原発輸出、現地の声は?」
    http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1323

    日本が原発輸出を計画するトルコでは、原発への反対運動が40年以上続いています。
    トルコの人々はチェルノブイリ原発事故による深刻な汚染被害も経験しており、原発
    に厳しい目を向けています。原発に反対するトルコの人々の声や運動の様子を、写真
    や説明パネルの展示を通じて紹介します

    9 月11〜30 日
    会場:立命館大学国際平和ミュージアム2 階常設展示室内
        (京都市北区等持院北町56-1)
    開館時間:9 時30 分〜16 時30 分  見学資料費:大人400 円

    主催:森山拓也
    共催:立命館大学国際平和ミュージアム
    協力:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン

    **********************

    ◆ 原子力資料情報室 第99回公開研究会 「トルコの原発をとりまく状況」

    Pinar Demircan(プナール デミルジャン)さんに、トルコの厳しい経済的・政治的
    な現状のなかでの原発計画や現地の反対運動についてお話しいただきます。またトル
    コの北部にあるシノップに三菱重工が原発を輸出する計画があり、その進み具合の最
    新情報も伝えていただきます。今後トルコと日本でどのようにこの原発輸出をとめる
    のかを一緒に考える機会になります。ぜひご参加ください。 ※講演は日本語で行い
    ます

    9月25日(火)18時30分〜
    会場:連合会館5階501会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
    ・ JR中央線・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分
    ・ 都営地下鉄 新宿線 小川町駅 いずれもB3出口
    資料代:500円 (予約不要)

    **********************
    下記、ぜひご覧ください

    ■「日立、英原発共同事業で米社離脱は「名誉ある撤退」の潮時だ」
    【週刊ダイヤモンド8.29】
    https://diamond.jp/articles/-/178456
    「・・・だが文面を追うと、末尾に「日立、ベクテル社、日揮で構成するコンソーシア
    ム『メンターニューウッド』を発展的に解消」と書かれている。ことの本質はこの
    「解消」にある」

    ■「英ウェールズ・アングルシー島での原発反対運動に福島から応援団」(大倉純子
    /アイルランド在住)
    http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1296
    「この青銅器時代のスタンディングストーンから1マイルと離れていないウィルヴァ
    で作られる日立の放射性廃棄物、それは、このストーンが過ごした年月の百倍の時間
    をかけないと消えない」「私たちの子どもたちのために、そして何世代にもわたる子
    孫のために、今こそ核の悪夢を止める時だ」

    ■「福島の声をトルコへ」― トルコ訪問報告 ―
    木幡ますみ (6.2大阪集会での報告)
    http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1274

    ■「福島原発事故体験者・木幡ますみと過ごした5日間」
    プナール・デミルジャン
    http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1282

    **********************

    ★ノーニュークス・アジアフォーラム通信153号(8月20日発行、B5-24p)もくじ

    ・慶州市民の汗と涙が成し遂げた、月城1号機の廃炉決定 (イ・サンホン)
      http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1306
    「ついに韓水原(韓国水力原子力)は2018年6月15日の理事会で、月城(ウォルソ
    ン)1号機の廃炉を決定した。これまでの10年間の廃炉運動が実を結んだのだ」
    ・台湾第四原発で呉文通さん楊貴英さんに会う (さとう大)          
    ・台湾における原発推進派の巻き返し (陳威志)                 
    ・英ウェールズ・アングルシー島での原発反対運動に福島から応援団 (大倉純子)
      http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1296
    ・原発に関するトルコでの報道 (森山拓也)                 
    ・東電刑事裁判 ― 驚くべき新事実も次々明らかに (佐藤和良)         


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック