calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ABCラジオ 伊藤史隆のラジオノオト・シーズン2(2018/10/5) 谷口真由美 安倍改造内閣のオッサン政治、不寛容な日本社会の破綻を語る

0

    永岡です、ABCラジオの新番組、伊藤史隆(しりゅう)のラジオノオト・シーズン2、金曜日のコメン
    テイターは今回も大阪国際大学の谷口真由美さんでした。谷口さん、財務省事務次官のセクハラ事件を機
    に、メディアにおけるセクハラを考える会を作られて、5月に外国人特派員協会で会見、メディアにも注目
    されて、メディアのダブルスタンダードはセクハラと長時間労働、どうしてメディアで続いてきたのか、
    メディアは閉ざされたコミュニティであり、他の企業は外国人相手に商売するので、人権、セクハラをし
    たらアウト、ところがメディアは世界相手ではなく、日本の情報を日本語で発信して、そのため自分たち
    の情報を外国に買ってもらうことはなく、外国の特派員の方もいるものの、仕事はドメスティック、これ
    を外部の人間が指摘する必要性があり、史隆さんも、谷口さんのお話を参考にしたいと説かれました。と
    りわけ、女性の感じることを敏感にとらえたいと説かれました。海外の反応は、日本のメディアはセクハ
    ラが横行、3割は取材対象の権力者、後は内部、かばってもらえず、そのために真正面から取り組む必要が
    あり、谷口さんは日本だと道徳教育より人権教育が必要、ヒューマンライツ、日本人はこれでビックリす
    るくらい浅いと説かれて、いじめをするのは良くないというが、いじめは人権侵害だととらえるべきなの
    に、仲良くしようだけではダメ、人権教育の必要性、来年はラグビーワールドカップ、G20があり、日本
    が国際基準から見たらどうか、なのです。

     今回も、谷口真由美の一言よろしい、内閣改造について、今週の第4次改造内閣だが、閣僚19人のうち初
    入閣12人、留任は菅氏や麻生氏、世耕氏、河野氏ら、大臣になりたかった人たちが入閣、谷口さん、朝日
    新聞にコメントした「オッサン政治の復活」、内閣は大臣20人のうち、女性一人は消費税より少ない
    (笑)、忘れず、しつこく追及すべき、安倍内閣は国難突破内閣、DPRKのことは他の要因で解決、少
    子化対策内閣、何かやったか?その前は3本の矢、一つは女性活躍、しかしどこに行った?谷口さんのラジ
    オ出演のない半年間に、国会議員の男女比を均一にする法律ができて、自公は与党で反対せず、文句を
    言ったのが杉田水脈氏、そして、東京医科大学病院で女性の点数を下げていた、安倍政権で、国連にて、
    女性活躍に安倍総理は2/3の時間を割いて、ところが女性閣僚は一人、安倍政権は2020までに意思決定への
    女性を3割にするために、候補者男女均等法を作り、女性の総理大臣はゼロ、そして女性の閣僚一人は海外
    でも大きく報じられて、この期に及んで閣僚の女性は一人。
     さらに、熊本県議会で、女性が子供をつれて懲罰にされて、その女性がのど飴をなめて懲罰動議にされ
    て、女性がつるし上げられるのも海外で大きく報じられて、議会を止めて大騒動はアホ、イギリスのガー
    ディアンが、イギリスのメイ首相が、咳き込んだら、のど飴をもらったこともあり、とても不寛容、女性
    が仕事をしているのを邪魔する封建的なオッサン社会、しかしニュージーランドの首相は、自分の子供を
    国連に連れてきてかわいいと言われる時代に、日本は不寛容、社会が寛容さを失う+女性の葦を引っ張
    る、本当は男ばかりでやりたい安倍改造内閣、年齢も上がり、第2次安倍内閣発足時56歳→今64歳、安倍氏
    のお友達が重用されている。
     待機組、選挙に5回以上当選して、大臣になりたい連中がたくさんいて、しかし、大臣は民間人でもOK
    なのに、国会議員でないと大臣になれない風潮はおかしく、史隆さん、国会議員の中で能力のあるものを
    選んで女性が一人になったというのはおかしい、民間で優秀な女性はたくさんいると説かれて、谷口さ
    ん、スポーツなどたくさん女性が活躍して、来年G20に合わせて、W20、ウィメンズ20をやるのは恥ずか
    しいと締めくくられました。以上、谷口さんのお話でした。

     元週刊現代編集長の元木昌彦さん、J-CASTニュースで、昨日出た週刊文春に載った、安倍応援団の小川
    榮太郎氏のスキャンダルを取り上げておられます。
    https://www.j-cast.com/tv/2018/10/05340514.html?p=all
     小川氏が昨年秋に出した、朝日新聞バッシング本も、自民党に配られて、この本は神戸のブックオフに
    数冊あって誰も買わず(笑)、おそらく、官邸などの買い取り分の、古本屋へのバッタ処分かと思われ
    て、これもお知らせいたしました。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック