calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

アニメ「遊星仮面」のこと

0
      永岡です、昨日のきくちゆみさんのイベントでもお話しましたが、過去に、戦
    争を扱った日本の秀作アニメ、遊星仮面があります、アラフィーの人は覚えてい
    るかも知れません、これ、まだDVDになっていないそうです。ファンの人が紹
    介してくれています。
    http://www.oct.zaq.ne.jp/yousay39/
     1966年、フジテレビ系列で、今サザエさんを作っているエイケンの製作による
    ハードなSFアニメです。鉄人28号の枠で放映されました。ストーリーは、未来
    、宇宙飛行が可能になり、地球がピネロン星と友好関係になり、交流も行われ、
    地球人とピネロン星人の混血児、主人公ピーターが生まれます。
     ところが、ある日、ピネロン星の宇宙ロケットが突然爆発事故を起こし、ピネ
    ロン星の独裁者ホイヘンスは、これが地球人の起こしたテロと思い込み、地球と
    の戦争を始めます(ほとんど、9・11テロとアフガン、イラク戦争と同じ)。地球
    では、ピネロン人が強制収用されてしまいます。そんな中、主人公ピーター少年
    は、父の残した装備でヒーロー、遊星仮面となって、戦争を止めるために活躍す
    るものです。
     この作品、主題歌の出だしが何と「戦争をやめろ!」なのです、こんなSFア
    ニメは、世界にもないでしょう。そして、戦争の本質なども描かれているという
    ことです、私も観てみたいです。
     で、本質はこの最終回がすごくて、戦争の発端となった爆発事故は、実はピネ
    ロン星の悪人が、戦争を起こして宇宙を支配するために仕組んだ自作自演テロだ
    ったということが判明するのです。どこかで聞いた話ではありませんか?
     こういう、戦争を描いた秀作アニメですが、私も本放送を観ていたものの、あ
    まり覚えていませんが、戦争の原因が自作自演テロと言う最終回は今でも覚えて
    います。遊星仮面、白黒作品であり、今だビデオ、DVDになっていませんが、
    こういう時代だからこそ、遊星仮面をDVDにして欲しいと思います。
     これ、ファン人の作ったサイトを見たら、ピネロン星の独裁者、ホイヘンスっ
    てまるでブッシュです。
     この時代は戦争を体験した人がヒーローやアニメを作っていたので、その影響
    もあるのです。初期のウルトラマンに、沖縄出身の金城哲夫さんによる戦争告発
    の名作があるのと同じです。
     遊星仮面、CSなどでは放映されたこともあるらしいですが、ぜひ、DVDで
    観たいです。
     こういう作品のご紹介もしました。

    コメント
    遊星仮面ファンサイト管理人、OHYABUです。

    遊星仮面ファンサイトのURL、以下に変更しました。
    http://yusei-kamen.anime.coocan.jp/index.html
    • OHYABU
    • 2016/10/14 9:21 PM
    はじめまして。遊星仮面ファンサイト管理人、OHYABUです。
    http://www.oct.zaq.ne.jp/yousay39/
    遊星仮面のみならず、サイトも紹介していただき、本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

    ただ、注意していただきたいのですが、この遊星仮面、問題点も多い作品です。
    戦争の醜さを至るところで表現してはいますが、「反戦アニメ」という類の作品ではありません。
    サイト内でも触れていますが、防衛戦とはいえ、遊星仮面が一般兵士を殺害するシーンもひんぱんです。ピーター(遊星仮面の正体)が、それに対して悩んだり、苦しんだりすることもありません。そんなこと、本当ならありえないのですけど。
    今見ると、かなり問題のある内容です。TVアニメ黎明期の作品だからしかたないといえばそれまでですけど。

    そういう欠点があるのを知った上でなら、ぜひ見ていただきたいと思います。
    今はまだ、DVD化やネット配信されるのを待ているような状況ですけど。
    • OHYABU
    • 2010/04/23 9:45 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック