calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ラジオ関西 ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!(2018/12/5) 西谷文和 イラク報告 イラクとクルドの対立でISは盛り返し、死の商人はここで武器が売れる地獄であることを語る

0

    永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー、ばんばん侍、今週はフリージャー
    ナリストの西谷文和さんがイラクから生電話での報告です。西谷さん、SNSでイラクを発信されていま
    す。アシスタントは増井孝子さんでした。
     お電話がつながり、西谷さん応答されて、今はイラクのクルド人自治区の北、今回はISがどうなって
    いるか&イラクの北部は寒く、山で厳寒、難民キャンプに子供服を配られて、日本とほぼ同じ、夜は寒
    く、そして難民の子供たちに衣服を届けて、たくさんの方の募金が来て、イラクに1週間前に来られて、現
    状は平和かどうか、激戦地のモスルも行かれて、イラク、クルド軍がISを叩いたのに、ISが盛り返し
    て奪還、IS掃討は成功せず、モスルは廃墟で、昨日行った町も無人、ISは家や町に仕掛爆弾を置いて
    行くので、住民は帰れず避難民キャンプにいて、電気ガスもなく、ドアの裏に爆弾のある場合もあり、家
    に入れず、なぜこうなったか?IS掃討の地上部隊はイラクとクルド、アメリカの指示の下でISと戦
    い、「しかしイラクとクルドで油田をどちらが取るかで揉めて、そしてISは潰されず」、イラクとクル
    ドは対立して、住民はたまらない、避難して4年目、5回目の冬で、帰れない。
     ノーベル平和賞で有名になり、女性がISにレイプされて奴隷妻にされて、避難民キャンプに娘を奪わ
    れた女性がいて、21歳の娘を奪われてずっと泣いて、西谷さん、クルド軍に女性兵士が多くいて、インタ
    ビュー、男尊女卑でないというプロパガンダと思いきや、志願して女性兵士になり、ISはイスラム教徒
    以外は人でないと思い、男は殺し女性はレイプ、奴隷妻で、復讐のために志願して女性兵士になり、男女
    同権ではない、殺された女性兵士は何百人!女性たちもISをたくさん殺して、殺戮の泥沼。
     簡単に説明すると、アメリカ軍はドローンでISを探す→クルド兵士に送る→GPSで狙うものの、イ
    ラクとクルドの対立で、ISに止めをさせず、ISは盛り返す。
     サウジでカショギさんが殺された→アメリカはサウジに武器を売りにくくなり、「武器を売る方から見
    たら、サウジの代わりにこちらで買ってくれるので、死の商人にはウハウハ、結果として武器の消費量は
    大変なもの」ではある。
     ばんばさん、こんなことは日本で報じられないと告げられて、西谷さん、来週帰国して報告する、今、
    現地は朝であり、西谷さん、これから許可が下りたら刑務所の取材をしたい、クルド軍がISをたくさん
    捕まえて刑務所に入れて、裁判なしで処刑する、しかしISは少年兵が多く、少年兵の取材をしたいもの
    の、許可が降りるか不明。少年兵は、より残酷に殺す、死を恐れず、少年だからと油断はないものの、I
    Sは戦前の日本と同じで洗脳されて、要するに神風特攻隊、前線で天国に行けると思っている、というと
    ころで電話は切れて、ばんばさん、戦争は怖い、人間を変えてしまうと説かれて、これが現実であり、い
    かに我々は平和を享受できても、増井さんも安田純平さんに自己責任というものの、西谷さんの働きを評
    価されて、そして電話はまたつながり、信号が弱く切れやすい、もう危険なところは行かないので来週帰
    国されるということで、ばんばさん、今は平和な国の方が少ない、フランスは暴動、アメリカはメキシコ
    国境で難民問題を抱えていると説かれて、締めくくられました、以上、西谷さんの現地報告でした。この
    内容、例によりいくらでも拡散してください。



     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック