calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ABCラジオ おはようパーソナリティ道上洋三です!(2019/1/7) 藤井聡 消費税増税=リーマンショック再来、法人税をあげてデフレ脱却しないと日本は破綻する!

0

    永岡です、ABCラジオの、おはようパーソナリティ道上洋三です、話のダイジェスト、2019年の日本
    経済について、京都大学の藤井聡さんのお電話でのお話がありました。藤井さん、消費税増税に反対して
    おられて、アップルショック→大発会2万円割れ、米中経済戦争、イギリスのEU離脱などあり、藤井さん
    のお話、大発会は世界経済を占うのかという道上さんの問いに、その通り、2019年の大荒れ相場を象徴し
    て、米中関係とヨーロッパ+トランプ政権の迷走でさらに不安定+中東もイラク政策などリスクがあり、
    今はオイルは安いが、高くなる可能性があり、日本もオリンピック需要低迷、働き方改革で残業代なしで
    低迷、消費税増税を万一したら、リーマンショックの再来になる。
    日本の輸出産業は好調でも、2014年の消費税増税で低迷しても、輸出は15兆円伸びて、日本経済はギリ
    ギリ持ち、しかし輸出産業のみ好調で乗り切ったが、そんなものは今年なし+世界経済低迷、円高+ドル
    安であり、東京オリンピックについで、大阪万博でどうかと道上さん問われて、藤井さん、万博は投資が
    不透明、外国人観光客は、中国の方の消費は日本人の消費と比較して誤差の範囲で、日本人の消費なしに
    成長はない。日本人の消費について、道上さん、秋の増税で、結婚式の前倒し、海外旅行も前倒しのこ
    と、それで伸びないかと問われて、藤井さん、前倒しのつけはその後に来る+駆け込み需要は数か月の
    み、増税の打撃は半永久的であり、マイナス効果の方が圧倒的に大きい。
    道上さん、消費税増税は1,2年で戻らないかと問われて、藤井さん、印象操作であり、2014年の増税によ
    る打撃は戻っておらず、下がりっぱなしどころか、2014年から30万円縮小して、毎年消費は縮小して、こ
    れも増税前に戻っていない。
    藤井さん、増税は閣議決定であり、しかし藤井さん、内閣参与は昨年暮れに降りられて、6年やって一区
    切り付き、そして消費税増税についてデマ、元に戻る、外国人観光客が救うというデマに反対して、発言
    機会を増やすためにやめて、それで今日もラジオに出られたわけで、消費税増税は決まっているというの
    もデマ、法律で決まっただけ、法律は国会で変えられて、10月まで時間もあり、菅氏は文化放送のラジオ
    で、予算成立後に最終判断すると語り、まだ最終的な決定はない。
    藤井さん、10%消費税は日本を破壊するという本を出されて、もうやっていられない、後は世論に任せ
    て、本は総理にも報告している。そして消費税増税について、道上さん、骨太の計画でも成長しないと問
    われて、藤井さん、第3の矢はまだ時期尚早、デフレを脱却しないと進まず、デフレ脱却の財政金融政策が
    必要で、それで初めてエンジンはかかり、安倍氏はデフレ脱却と語るものの、安倍氏は最早最悪のデフレ
    ではないというもので、財政政策は止められず、消費税増税はアベノミクスを破綻させるものであり、道
    上さん、専門家では10%では甘い、30%でないと財政再建できないという声を紹介されて、藤井さん、そ
    れも完全なデマ&意図的な嘘つき、データで見たら、総税収に占める消費税は日本がトップ、スウェーデ
    ンより上、ドイツしか日本より高い国はなく、日本は法人税、所得税が低すぎると説かれて、80年代はこ
    れは低かったものの、21世紀になり、そして2014年の消費税増税でそれになり、上げるべきは法人税と所
    得税であり、道上さん、スウェーデンでは年金をもらえると問われて、それでお酒を飲むというものの、
    藤井さん、スウェーデンは安心して働けて、消費税に頼っている国はない、社会保障を消費税で賄う国は
    ない、社会保障は保険でやり、完全に常軌を逸した議論がまかり通っていて、社会保障は共済保険、厚生
    年金+企業の分担がいり、日本だと企業が分担を嫌がり、それを聞いた政府が消費税を上げているもの
    で、道上さん、個人より企業の負担を上げるべきかと問われて、藤井さん、所得税で賄い、消費税増税=
    消費低迷=税収低迷=国が貧乏になり、ネガティブな利益を政府が狙い、完全にバカなことをやってい
    る。
    日本の法人税は高すぎるというのもデマで、今は低く、言論空間はゆがみ、財務省のプロパガンダのま
    まで、それでやっていられないと、政府は嘘をついているとして内閣参与を止めて、所得税を上げるとい
    うのは、高額納税者に嫌がられるものの、藤井さんは、下げすぎた法人税、所得税を基にする、高額納税
    者は過去はもっと払い、これを少し上げても問題なし、デフレ脱却で、所得税は納付が増えて、税率はそ
    のままで、デフレ脱却をすべき。
    安倍氏は企業に給与を上げろというものの、そうしたら企業は利益が出ても税金を払わずに済み、今は
    利益を上げるのにボーナスを下げて、法人税率を上げると給与は上がり、そして内部留保も、法人税が過
    剰に下げられたためで、所得税はそのままで、法人税を上げたらいい、法人税は利益にかけられて、デフ
    レ脱却で利益は出て、デフレ脱却の最善策は消費税減税、3%に戻すといい、しかしそれを受け入れられ
    ず、内閣参与を辞めて、道上さん、バブル再来を夢見ている経営者が多いと説かれて、藤井さん、デフレ
    脱却で達成、10〜15兆円の補正予算で達成できると締めくくられて、時間になりました(2019年の経済を
    占うというテーマに入れませんでした)、以上、藤井さんのお話でした。
     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック