calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

木内みどりの小さなラジオ(2019/1/9更新) ひとりは強い、小さいことは強い、辛淑玉さんのお話(抜粋)、無関心は差別に加担するのと同じ、若いうちに英語をマスターして世界に発信しよう!

0

    永岡です、木内みどりの小さなラジオ、第1回の小出先生は書き起こししましたが、その後出来ず、9日
    に第5回更新、人材育成コンサルタント、フリーライターの辛淑玉さんが出られものがHPにアップされま
    した。が、2時間もあり、内容も木内さんと辛さんの雑談的なもので、重要と思われるものを書き起こしし
    ます(木内さんごめんなさい)。音声データは、
    https://kimidori-radio.com/radio_archives/263/
     辛さん、ドイツが拠点で、日本でニュース女子の裁判のため来られた際の収録です。

     18分頃から、収録(昨年7月末)の直前に処刑されたオウム事件について、ニュースが出てそれほど論じ
    られず、7人も死刑執行、その後宴会とは、政治ではなく、人間としてのありようを問うもので、死刑存知
    派(容認、反対ではなく、死刑の存廃問題)として辛さんは死刑廃止派、死刑執行は国が声明を奪い、政
    権で冤罪もいくらでも作れる、悲劇量産システムのため、しかし辛さん、議論をする、死刑が必要という
    人も今回のオウム集団執行には腰を抜かす、7人殺した後で宴会、辛さんドイツにいて、ベルギーのジャー
    ナリストの方が来られて、日本に歳が行ったら帰ろうと思ったが、死刑執行を見て日本はおかしいと思
    い、そう思わせてしまう政治はおかしい、みんなどこにでも住む権利があり、人を殺して笑っていられる
    人たちはおかしい。木内さん、様々なところに住まわれて、どこの土地にも愛着はなく、安富さんは、小
    出先生の言葉は胸の小づちと言われて、安冨さん、真理にしがみつけと言われて、真理は論議して定める
    べきと言われて、木内さん、人生は残り少ない?中でちゃんとしたいと説かれて、誰の価値観も関係な
    い、自らのものを通したい、木内さん、ずっと一人で生きてきて、辛さん、木内さんの生き方を評価され
    て、加藤周一さんの発言を引用されて、一人で生きる意味を説かれました。集団は一気に潰せるが、一人
    一人のものは潰せない、と説かれました。
     51分頃から、差別について語られて、在日のこと、木内さんは、ヘイトスピーカーは辛淑玉を叩くこと
    でうっぷんを晴らすものの、辛さん、ヘイトスピーカーニも正義はある、いつも生贄、反論、抵抗できな
    いものを叩いて社会が維持される面があり、見えなくされている、見えてくるのは犯罪報道や噂話、見え
    たら叩かれる、肌の色が違うと隠しようはないが、肌の色はアジア人で同じ、人間、生きるために風の少
    ないところに行く、在日の方の9割は日本語ができず、苦しみは抑圧しているものには見えず、デマが出
    る、抵抗しないから叩きやすい、政治家も守らない
     さらに、女性+朝鮮人=差別者には格好の標的、朝鮮人の女性が話すことは差別主義者にはたまらず、
    木内さん、東チモールの虐殺、各国で報じられる姿勢は異なり、それを比較して学習できるが、日本にそ
    れがないと説かれて、辛さん、日本は世界的に見ても相当に内向きで危ない、辛さん、ヨーロッパに行き8
    か月、テレビの内容が日本と大きく異なり、ニュースもそうで、ドイツだとニュースだけで何十もチャン
    ネルがあり、ものの見方があまりに異なり、どこから日本社会に働きかけるべきか。
     トランプ氏と金正恩氏の対談、ドイツだと、様々な視点から報じて、米朝のことは、パレスチナ、シリ
    ア、イラクと一緒に見ないといけない。アメリカはなぜDPRKに核を放棄させるのか、ヨーロッパだと
    中東との関係で報じ論じていると説かれました。ヨーロッパ、パレスチナについて辛さん、専門家ではな
    いが、DPRKの核施設はシリアの施設、イランのものと関係して、アメリカはDPRKを、シリアに核
    技術が送られるのを阻止するためにやっている、イスラエルを助けるためで、イスラエルがパレスチナの
    民族浄化をするためで、全体を見渡して、今起きていることがこうなのだと、正しいかどうかは検証の必
    要があるが、次にどこが被害になり、それをどう止めるべきか、日本はアメリカから武器を買い、しわ寄
    せは沖縄に行くもので、しかし辛さん、まだ勉強が足りない、ドイツ人の方がドイツで、日本語で話しか
    けてきて、その方は韓国語、日本語も出来て、その方にキム・サリョンさんのことを問われて、辛さん読
    んだこともなく、当事者の知らない歴史をヨーロッパの方が良く知っている+日本語=学問をする人の世
    界ではあり、当事者だから知っているのではなく、日本のことも、まだ知らないことが多く、日本で語ら
    れることは大半嘘、日本人のヨーロッパ観は違い、しかし学者は英語、次いでドイツ語であり、若い頃に
    外国語を学ぼう、この歳で新しい言語の習得は厳しいを通り越して、30代なら何とかなるが、言語を、ド
    イツ語を学ぶのも、年いって勉強するのは大変と語られました。
     木内さん、若いうちに1年でも外国に行き英語を知るべき、安倍総理はいつも通訳が必要、G7で8人い
    て、安倍総理が外国語を喋れないためで、英語で、外国人の代表としゃべれないのは恥ずかしい、伊藤詩
    織さん、山口敬之氏にレイプされて、しかし語学ができるので海外に行き、BBCが伊藤詩織さんの番組
    を作り、日本の秘められた恥、日本の警察、司法を取材した番組があり、日本人全員に見て欲しいのに、
    日本のマスメディアは取り上げず、それと、高遠菜穂子さん、2004年にイラクで武力勢力に拘束されて、
    自己責任との袋叩き、そちらの方が拘束よりつらく、そして安田純平さんが3年4ヶ月も拘束されて、恐ろ
    しい思いをされて、これについて高遠さんFBで発信されて、安田さんを気遣われて、そっとしておいて
    ほしいと語り、木内さん、高遠さんが国連での英語スピーチは素晴らしく、「英語が喋れたら世界に発信
    できる」、木内さんも英語が出来たら、伊藤さん、高遠さんみたいに発信したい、若い人は英語をマス
    ターしてほしいと説かれました。

     そして、1時間19分頃から、3・11以降について、木内さんはガラッと変わり、しかし木内さんの知り合
    いでも安倍氏と写真を撮って平気な人もいて、無関心=罪と説かれて、辛さん、「無視=いじめに加担」
    であり、3・11以降、山本太郎さんと木内みどりさんの出会いを評価されて、そして木内さん、辛さんや小
    出先生と友達になり、木内さんは中卒でも東大教授とサシで喋り、辛さん、小出先生や安富さんとやり合
    える木内さんを評価されました。

     1時間28分頃から、辛さん、日本で受けた差別について語られて、ドイツで不便ではあるが、人間は尊厳
    があり、便利で差別のある社会と、不便で差別のない社会なら後者、ドイツだと、不便で宅配便などな
    い、あり得ない、暑い中での労働はなく、学校もあまり暑いとお休みと言われます。
     東京におられた頃と、今で、あのままだと自殺していたか、自暴自棄になっていた、朝鮮人、韓国籍と
    して、沖縄で工作していると、辛さんの出自を悪用して、沖縄を人質にして差別主義者は叩くのは本当に
    つらく、その中で黙る、厳しい選択の中で、裁判に出る、数年かかるしお金もかかるが、人生の時間を費
    やして、自由にやれるときに足枷をつけられて、辛さんの言うほど沖縄はバッシングされて、しかし、裁
    判で、ニュース女子で辛さん名指しで誹謗中傷されて、力あるものに向かっていく、大衆の意味があり、
    グーグルの新しいニュースのトップに辛さん、ネトウヨが辛さんを叩くものの、辛さんの友達で、九州で
    頑張っている方、世間に嫌われるというが、世間とはどこまでか?せいぜい数人であり、数人に嫌われな
    いと自由になれるが、それは何だってできるもの。

     1時間42分頃から、革命家は人間に対する愛が必要と説かれて、木内さん、尊厳は踏みにじつたらダメ、
    安倍総理は何かと説かれて、辛さん、生きることの謙虚さ、そして日本は戦前の清算をしておらず、木内
    さん、高度経済成長して、人間は幸せか、東チモールには何もないが、みんな幸せで豊かではあり、犬の
    ことも本当に大切にして、犬にも服を着せて、日本と全く異なり、日本統治の時もあり、現地はその際に
    日本人がひどいことをして、しかし日本だとそれは教育されず、高度経済成長の恩恵を受けたものとし
    て、木内さん取材して、謝りたいと語ると、現地ではそんなことを言ってくれた日本人は木内さんが初、
    謝るべきことは謝るべきであり、辛さん、木内さんが謝ることより、責任あるものが責任放棄が日本の破
    綻であり、木内さん、広島と長崎の原爆、あんなひどいことをアメリカにされて、辛さん、広島と長崎の
    慰霊祭は世界でされて、アメリカにひどいことをされて、それでも日本人はアメリカのポチであり、しか
    し広島と長崎は世界共通の痛み、アメリカはとんでもないことをしたが、アメリカはそれがアジアの解放
    のためというものの、災害は、広島と長崎はアメリカにやられたものではあり、アーサー・ビナードさん
    も語り、四国五郎さんのこと、広島と長崎を告発した人が評価されず、辛さん、長崎の大浦天主堂も、こ
    れがヨーロッパに広まると大変であり、しかし、みんな立派と言われたいが、美しい過去はない、誰から
    泣かせての結果であり、辛さん、もっと勉強しないとならず、それが財産であり、家族、親が亡くなると
    日本で生きる意味はなくなり、それを引き留めているのは、友達と、共通の思い出、木内さんが辛さんの
    故郷だと説かれました。

     木内さん、久しぶりに辛さんと会い、今もしんどい、辛さんのバッシングをネトウヨがして、辛さんは
    日本から脱出して、ニュース女子で2017年1月に沖縄バッシングで辛さんを誹謗中傷して、BPOに人権侵
    害を申し立てて、MXテレビは辛さんに謝罪、その記者会見のために昨年夏に日本に来られたのであり、
    辛さん、まだまだ困難で、ドイツでの時間を経て、辛さんは木内さんが日本の故郷と語り、その友情に応
    えたいと説かれました。
     木内さん、私にも絵が描けた、コーチはツイッター(https://kimidori-radio.com/books/ )、小さな
    ラジオの出版局から買えます、以上、小さなラジオの内容抜粋でした


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019/01/14 2:40 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019/01/14 2:48 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック