calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

MBSラジオ ネットワーク1・17(2019/3/24) 東日本大震災、福島原発事故8年、原発事故被災地大熊町の今、千葉さんの報告、帰還したい人は14%しかいない原発事故被災地の実態!

0

    岡です、MBSラジオのネットワーク1・17、第1168回、今週は東日本大震災、福島原発事故8年、
    キャスターの千葉猛さんが現地報告をされました。スタジオで西村愛さんとのやり取りです。
     沖縄・辺野古県民投票で、神戸新聞に沖縄国際大学の前泊博盛さんがインタビューに答えています。
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201903/0012176940.shtml
     神戸新聞は沖縄企画が極めて充実しています。

     今月はネットワーク1・17で東日本大震災8年特集、リスナーの声も続いて、大変な被害のあった核事故
    は起きて欲しくない、8年経っても収束しない、原発災害が地震の被害を大きくしたとの声があり、千葉さ
    んが先日の特番に続いての、原発事故被災地報告です。
     事故から8年、現地について、知らない人も多く、千葉さん現地に行かれて、原発事故の被災地は広く、
    千葉さん大熊町を取材、福島県浜通り、福島第一原発はここと双葉町にあり、立地自治体、双葉町と大熊
    町は8年経っても避難指示、全町民が戻れず、大熊町では4月に一部、避難指示解除になり、住民の思いを
    取材されて、避難指示区域でも、千葉さん、解除される範囲には役場の出張所があり行けて、千葉さんそ
    こに行き、町の中を歩いたのではない、町の中は制限が厳しく、その中で福島県の被災地を貫く国道6号が
    あり、浜通りを経由して、東京−仙台に行く道路、地図でもすぐわかり、原発事故のあと通行止め、そし
    て車は通行OK、しかし通行制限で、ガソリンスタンドは人なし、お寺も、ペンションも無人であり、千
    葉さん車の中からレポート、帰還困難区域であり、帰れないところを国道6号が通るもの、千葉さん、何か
    寂しく、この先帰還困難区域、高線量区域を含むと制限されて、その横に4輪車のみ通行OK、歩行者アウ
    ト、線量が高く、二輪車、歩行者はダメ、千葉さん、国道を通ると、トラック、ダンプカー、作業の車、
    移染作業の車がひっきりなしに走り、帰還困難区域はガソリンスタンド、店舗、建物は無人、8年前のま
    ま、避難のまま、自転車など、生活のものは放置されて、側道は入れないようにゲートが作られて、国道6
    号は車での通り抜けのみOK、停止はダメ、工事の許可の車両のみ少しはいれて、早く車で通過するしか
    ない。
     線量は千葉さん測定して、モニタリングポストがあり、国道6号から見えたものは、道路標識のようなも
    ので、ドライバーから見えるもの、数値は2.13マイクロシーベルト/時間、大阪は0.075なので、30倍!8
    年経ってもこの始末、地域、時間により異なるが、広野町、原発20kmでもモニタリングポストはあり、数
    値は気になる。
     国道6号には、移染し土、南相馬を走ると、トタン板の囲みの中にフレコンバッグが無数積まれていて、
    大熊町の住民は帰還できるのか、4月に避難指示解除を一部でやるものの、市街地ではなく、田んぼ、山の
    農村部を開発したニュータウン、今までと違う場所、町営住宅があり、地域に家があったら戻れるが、9よ
    りの人口の住んでいたところは帰還できない、帰れてめでたいではなく、帰還するという人の声、町の外
    の仮設住宅におられて、住民への説明会を千葉さん取材、帰還する人は一歩先に進む、放射能は目に見え
    ない、町営住宅に行く、山は移染されていないが、そこで元々働いていて(=原発関連で働いていた)、
    むつかしいと語る人もあり、原発で働いていた人も多く、仮設住宅は撤去されて、町営住宅に入る、この
    方は元々のところに戻るのではない、自宅は帰宅困難区域、遠くの仮設住宅にいて、自宅には遠く、近く
    の町営住宅に行く、自宅はどう処理するか未定。この方は70歳、住民説明会があり、仮設住宅、避難者の
    ところであり、地元の方が参加して、千葉さんの取材したところは50人くらい、年齢層は高く、高齢者が
    多く、若い世代は千葉さんの聞いたところでは皆無、今度解除になる地域は、病院なし、買い物なし、高
    齢者は住めない、放射線量の質問もあり、モニタリングポストの設置が計画されて、山、田んぼでもホッ
    トスポットがあることは、国、行政も認めて、空間線量は1mで測っているが、地面は高いところもあり、
    移染をすると国、町は決めて、新たな大熊町を作る方針。
     他方、戻らない住民もいて、千葉さん取材されて、大熊町→愛媛県に避難された方、帰還は99%ない、
    奥さんが避難して1年で亡くなり、一人帰還しても仕方ない、綺麗な町、空気がよくも海もあり事故がなけ
    ればそこで生涯を終えていた、若い人は帰還しない、完全な移染は無理、若い人なし=町は衰退する、事
    故さえなければ大熊町で一生を終えていた、千葉さん、町は見た目はきれい、しかし放射能は目に見え
    ず、モニタリングポストが設置されて、完全にきれいになり、モニタリングポストなしが理想だが、とて
    もそんなことはあり得ない。
     8年は、大阪だと長く感じるが、原発事故の被災地では、住むことも、歩くことも出来ず、大熊町はやっ
    て一部帰還できる、印象的なのは、仮設住宅に住む人、帰還困難区域の自宅をどうするかと被災者に聞く
    と、心のふるさとを失うわけにはいかない、お墓もあり、戻れるなら戻りたい、自分の故郷で住みたいの
    に、そうなる見込みは全くなく、この8年で、他の地域で生活の基盤の出来た人もあり、町では住民に、帰
    還するかとアンケートで、回答した住民の55%が帰らない、生活基盤が他の町で出来た、子どもが学校に
    行っているetc、住民票を移した、将来的に戻りたいは14.3%!そういう中での避難指示解除、見た目は美
    しい福島県を一変させた原発事故の大きさを、西村さんも実感されていました、以上、千葉さんの報告で
    した。この内容、いくらでも拡散してください、原発事故は全く終わっていません、オリンピックだ、万
    博だと被災地を見捨てたら、この国は終わりです!


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.08.03 Monday
      • -
      • 22:30
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック