calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

猫塚義夫さん・清末愛砂さん★パレスチナ最新報告2019(大阪5/19)

0

    body

    皆さま

    先週金曜日以降のイスラエルによるガザ攻撃で多くの死傷者が
    出ています。停戦合意はされましたが、この件に関するメディア
    の報道の多く、
    https://www.asahi.com/articles/ASM55250QM55UHBI003.html
    あるいは政府発表
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_004952.html
    は、ロケット弾発射の前にイスラエル軍がガザ地区でハマース
    戦闘員2人を含む4人のガザ住民を超法規的に殺害していることに
    触れておらず、国際法違反である封鎖政策への言及もありません。

    ここまでイスラエルの政治宣伝が日本に浸透している状況は
    かつてないことであり、安倍政権の親イスラエル外交の結果で
    あるといえます。
    こうした状況を少しでも是正すべく、以下の企画を行います。
    ぜひお越しいただければと思います。

    ■□■□■□ http://palestine-forum.org/event/20190519.html

    猫塚義夫さん・清末愛砂さん★パレスチナ最新報告2019
    〜 イスラエル占領下の被害状況と医療支援

    2019年 5月19日(日) 13:30〜16:30(開場13:00)

    会場 ● ドーンセンター 5F 特別会議室
    (京阪・地下鉄谷町線「天満橋」駅1番出口から徒歩5分)
    https://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html

    パレスチナ・ガザ地区では、昨年3月末より、イスラエル
    建国によって追われた故郷への帰還を求めるデモが行われ、
    これまでにイスラエル軍によって200人以上が殺害され、
    約2万人が負傷させられています。

    11年以上にわたる封鎖政策下にあるガザ地区、そして
    イスラエルの占領・入植政策による収奪が続く西岸地区の
    人びとは、教育や就業・医療の機会を著しく奪われ続けて
    います。

    こうした人為的な人道危機の中で暮らす人びとを支える
    ために北海道パレスチナ医療奉仕団は、毎年パレスチナを
    訪ね、医療支援を行ってきました。

    本報告会では、今年3月末から4月上旬にかけてパレスチナ
    各地を訪ね、医療活動や交流活動をされてきた猫塚義夫さん
    (医療奉仕団団長)と清末愛砂さん(室蘭工業大学教員)に
    最新の現地状況を報告していただきます。

    参加費 ● 1000円(学生700円)※事前予約は必要ありません

    主催 ● パレスチナの平和を考える会 palestine-forum.org
    Email: Palestine.forum@gmail.com
    Tel: 06-7777-4935(市民共同オフィスSORA、月〜土13:30-17:30)

    ◆関連企画 http://bit.ly/2DVBCdM

    日本人医師が見たイスラエル占領下のパレスチナの現状
    日時 ● 5月18日(土) 14:00〜16:30
    会場 ● 兵庫県保険医協会会議室(JR・阪神「元町駅」東口を南7分)
    http://www.hhk.jp/pages/access.php
    参加費 ● 1000円
    主催 非核の政府を求める兵庫の会
    (問合先 電話078-393-1833 shin-ok@doc-net.or.jp

    ---------------

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.20 Monday
      • -
      • 18:10
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック