calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

宇宙に拡がる南西諸島の軍備強化〜大軍拡と基地強化にNO!アクション2019発足集会へ

0

    東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
    [転送・転載歓迎/重複失礼]

    7月6日に京都から前田佐和子さんをお呼びして「大軍拡と基地強化にNO!
    アクション2019」の発足集会を行います。加速する南西諸島の軍事化を止
    めるために、参加者の皆さんも交えて議論できればと思います。当日は石
    垣島、奄美大島の方からの発言も予定しています。ぜひご参加ください!

    関連して、もう明日になりますが、東村山で以下の企画もあります。お近
    くの方はご参加ください。

    私たちの<戦争>を知るために Part17
    【上映会&講演】
    宮古島からのSOS
    6月23日(日)13時30分〜16時
    東村山ふるさと歴史館 視聴覚室
    (西武線東村山駅西口徒歩8分、TEL 042-396-3800)
    https://www.jalan.net/kankou/spt_13213cc3290032815/
    映画『宮古島からのSOS』(森の映画社)上映
    お話 杉原浩司(NAJAT代表)
    資料代 300円
    主催 みんなの憲法委員会

    --------------------------

    ★宇宙に拡がる南西諸島の軍備強化
     〜大軍拡と基地強化にNO!アクション2019発足集会
     
    石垣島での工事強行。
    奄美大島と宮古島での新たな駐屯地の開設。
    いま、南西諸島での自衛隊の大増強が進められています。
    一方、石垣島、宮古島、久米島、沖縄恩納村、種子島には、すでに日本版
    GPSと言われる「みちびき」=準天頂衛星システムの地上施設があります。
    システムが完成すれば、ミサイルの誘導精度が向上すると言われています。
    新「防衛大綱」では、宇宙領域も含む「多次元統合防衛力」なる戦略が打
    ち出されました。宇宙にまで拡がる自衛隊の強化に南西諸島がどう利用さ
    れるのか、前田佐和子さんにお話を伺います。
    南西諸島の軍事要塞化、宇宙を含む自衛隊の大軍拡に、ともに反対の声を
    あげていきましょう!

    日時:7月6日(土) 13時30分〜16時40分(13時15分開場)
    会場:スペースたんぽぽ
       ダイナミックビル4F(JR水道橋から徒歩5分)
    地図→ http://vpress.la.coocan.jp/tanpopotizu.html
    講演:前田佐和子さん(元京都女子大学教授、専門:宇宙科学)
     ※石垣島、奄美大島からの発言も予定
    資料代:700円
    主催:大軍拡と基地強化にNO!アクション2019
    [連絡先]
    ・有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
    北部労働者法律センター気付
    TEL・FAX 03-3961-0212
    ・立川自衛隊監視テント村
    TEL・FAX 042-525-9036
    ・パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
    TEL 090-3509-8732 FAX:047-456-5780
    ・武器取引反対ネットワーク(NAJAT)
    メール anti.arms.export@gmail.com
      TEL 090-6185-4407(杉原)
    ツイッター https://twitter.com/AntjArmsNAJAT/
      Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/

    【前田佐和子さんプロフィール】
    専門は宇宙科学(理学博士)。オーロラに伴って起こる上層大気の擾乱を
    テーマに、京都大学、米宇宙環境研究所での計算機実験、北欧の大型レー
    ダーを使った観測研究を行ってきた。日本の宇宙開発が、急速に軍事利用
    へ重心を移している。7機の体制となる準天頂衛星システムは、南西諸島
    に地上管制局を持ち、島々に配備されるミサイルや無人偵察機などの誘導
    を行う。島嶼戦争は、宇宙戦争の先駆けである。八重山や宮古の島々、今
    年は奄美大島も訪れ、基地建設で変貌する島の状況を見続けてきた。軍事
    要塞と化す南西諸島を宇宙軍拡の視点から検証する。

    ◆自衛隊で日本版GPS活用の方針 米衛星攻撃に備え(1月16日、共同通信)
     防衛省が、日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う準天頂衛星
    「みちびき」を、自衛隊の運用に本格的に活用する方針を固めたことが16
    日、同省への取材で分かった。
     通常利用している米国のGPSが他国の攻撃を受けて使えなくなった場合
    などに備える。
     防衛省によると、既に海上自衛隊の敷設艦と潜水艦救難艦の2隻へみち
    びきの受信機を先行配備し、運用している。
     政府関係者によると、2021年度には、いずもなどヘリコプター搭載型護
    衛艦4隻にも受信機を配備し、運用を本格化させる。陸上自衛隊や航空自
    衛隊の装備への活用も検討する。

    ◆新「防衛大綱」(2018年12月18日 閣議決定)
    「ア 宇宙領域における能力
     情報収集、通信、測位等のための人工衛星の活用は領域横断作戦の実現
    に不可欠である一方、宇宙空間の安定的利用に対する脅威は増大している。
     このため、宇宙領域を活用した情報収集、通信、測位等の各種能力を一
    層向上させるとともに、宇宙空間の状況を地上及び宇宙空間から常時継続
    的に監視する体制を構築する。
     また、機能保証のための能力や相手方の指揮統制・情報通信を妨げる能
    力を含め、平時から有事までのあらゆる段階において宇宙利用の優位を確
    保するための能力の強化に取り組む。」


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.12.14 Saturday
      • -
      • 00:12
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック