calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

J−WAVE JAM・THE・WORLD(2019/9/10) 青木理&澤地久枝 アベ政治を許さない!日本の政治、憲法改悪を語る、アベトダウン日本の破綻を警告する!安倍総理が少しでもおかしいと思うなら声を上げよ、選挙だけが闘いではない! 文字サイズ: 小 中 大

0

     永岡です、J−WAVEのJAM・THE・WORLD、グローバーさんの司会、火曜日のニューススーパーバイザーはラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリストの青木理さんでした…が、18時にニュース速報、小泉進次郎氏初入閣…参院選のことを報じなかったテレビが騒いでいます。明日のスポーツ新聞はこれがネタでしょう…そのテレビ、例により韓国バッシング一色ですが、テレビのコメンテイターに頻繁に出る武藤正敏氏、ご存知の方も多いでしょうが、三菱重工に顧問であったこと、日刊ゲンダイに載りました、https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/261541 おそらく、武藤氏は三菱重工→経産省→官邸→テレビ局の圧力でテレビに出ているのでしょうが、こんな人物を野放しにしたら戦争です!…そして、千葉県では台風で停電+猛暑で大変です。東京は暑く、グローバーさんも青木さんも大変、青木さん、千葉は61万件停電、復旧は明日、エアコン、冷蔵庫使えないのは大変と説かれました。

     

     今日のニュースで青木さんの気になったのは、青木さん全然気になっていない内閣改造、政治記者の年中行事、誰が起用されるか、どうして漏れるか、進次郎氏のこと、青木さんは政治記者ではないが、官邸のリーク、派閥の領袖がいて政権も気を使い、この人を大臣に、として派閥から情報、本人から伝わる→秘書から漏れる、人事は新聞記者の関心事、サラリーマンの関心事、しかしそんなものは明日発表されたらわかり、事前情報に意味なし、萩生田氏、安倍氏の側近、河合氏、江藤氏は日本会議であり、甘利氏だが、萩生田氏は文科大臣だが、加計学園でバーベキューを理事長、安倍氏とやり、安倍氏とともに加計学園に関与した疑惑あり、それが文科大臣=大学の許認可でいいか、甘利氏は2016年に文春で口利きスキャンダル、調査結果を発表すると言って逃げて、今日明日、閣僚のスキャンダルをどうメディアが報じるか、安倍政権のお尻の見えてきた時期に、アベ友内閣、進次郎氏入閣に惑わされるな?メディアに期待できないリスナーの声もあり、年金、社会保障も崖が目の前に迫っているのにあきらめさせている政治とメディアは問題、皮肉で、韓国の法務大臣で日本のテレビは大騒ぎで視聴率が取れて、韓国ざまあみろ報道、しかし韓国はまとも、新閣僚のスキャンダルで検察は捜査する、メディアは報じる、聴聞会10時間…日本は検察も捜査せず、メディアも安倍政権に忖度、青木さんメディアの役目を果たさないといけないと説かれました。

     韓国軍が発表した、DPRKのロケット発射、Jアラートはこのところ鳴らないのは壊れたか(笑)、そして福島原発事故の汚染水、環境大臣が海に捨てるしかないと言い出して、アンダーコントロールではなく手が付けられず処置なし、アンダーコントロールと嘘をついてオリンピック招致だが、猛暑でどうするのかと説かれました。

     

     UP CLOSE、アベ政治を許さないのデモを4年以上続けておられる89歳のノンフィクション作家の澤地久枝さんがスタジオでゲスト出演です。青木さん、年齢を言ってしまい(笑)、澤地さんのプロフィール、1930年生まれ、妻たちの2・26事件を1970年、菊池寛賞、毎日3日にアベ政治を許さないを48回、9条の会、サヨナラ原発会議、青木さんは中立のフリ(笑)だが、澤地さんは安倍政権はまずいと思われて、青木さん、デモしても仕方ないという声もあると説かれて、澤地さん、デモはその時盛り上がり、警官に制された時も、2015年の戦争準備法案の時であり、澤地さん力がないが、みんな国会前に集まり、それで変わらず、しかし市民はこの政治はおかしいとして続けて、この運動は組織によらず、シュプレヒコールなし、アベ政治を許さないと10〜20分、落合恵子さん他参加、初参加の人も毎回あり、新聞を見てきた人があり、普段滅多に会わない人も来て、修学旅行の高校生もエールをくれて、4年続くのはしんどいものの、アベ政治を許さないと掲げなくて良くなるまでやる。

     青木さん、澤地さんは日本のノンフィクションで大御所、ビッグネームで余生を過ごさず、アベ政治を許さない、なぜか、澤地さん、国民の民意を無視した時代はない、満州で澤地さん敗戦を迎えて、家族単位に身を守るしかなく、その時に国家権力と向き合ったもの。青木さんも戦後世代で、国が国民を守ってくれると思ったが、満州で軍は国民を守らない、澤地さん、学徒動員、労働者が足りず、満蒙開拓団に住み込みで澤地さん、男は全員兵隊、女性、病人まで動員されて、満州は広く、国防の意味で開拓団を置いて、中国の人たちの農地を取り上げて植民地にして、男は軍隊、女子供だけで日本は負けて、ハルビンには汽車で何時間もかかる、澤地さん、開拓団は大変で可哀想、国の方針で行き、電気も水道もなし、男は兵隊、女子供で植民地維持→破綻。

     青木さん、満州には関東軍、日本の精鋭がいて、満州の日本人を守らずトンズラ、澤地さん、軍人は戦後、国民を守らないと嘯き、軍隊の士官は家族を連れて日本に9月には現地民を見捨てて逃げて、部隊は置き去り、兵隊たちも可哀想。

     青木さん、戦前の日本の過ち、内外に被害、その反省をもとに戦後日本は成り立ち、しかし安倍政治、戦後民主主義の矜持を破壊している理由を問われて、澤地さん、様々なものを見て、自民党、保守党は法案を強行採決でやり、2015年の市民の怒りも衆院の強行採決であり、与党がひどい、人数で勝っても、自民党には強行採決しかなく、それでアベ政治を許せない。

     青木さん、日本社会で国を愛する、政権を批判したら反日と言われる風潮を問われて、敗戦74年、太平洋戦争の反省が薄れている、澤地さん、戦後生まれが圧倒的多数、敗戦時10代でも、澤地さんは戦争について語れて、半藤一利さんは同い年で戦争に語り、しかしメディアで韓国を叩く人たちは戦争を知らない子供たち、戦争から何も学んでいない、人の話を聞く、家族から戦争のことを聞いていない、戦争を知らないことがいいこととされて、反動的言説の人たちが賞賛されるのは恐ろしく、恥ずかしい。

     青木さん、韓国バッシング、朝鮮半島、中国への侵略を知らない人間がどうあるべきかと問われて、澤地さん、朝鮮半島でも言葉を奪い強制労働させて、その歴史を見たら、韓国、DPRKが日本にいい感情を持たないのは当然、家族がひどい目にあったから、しかし朝鮮半島の方はそれをあからさまに言わず、しかし日本のマスメディアは韓国を常軌を逸したバッシング、澤地さんはバッシングに入らない。

     青木さん、澤地さんも軍国少女と言い、半藤一利さんもそう、澤地さん、戦争で死ぬべきと思い、予科練、特攻をさせるもの、女に予科練なしは不条理と思い、放送のノウハウを知らず、特攻に行かされる人たちのことを知らず、澤地さん動員先で敗戦、玉音放送を聞かず、父から知らされて、神風は吹かなかったと思った。青木さん、澤地さんは命からがら引き揚げて、戦後日本の変遷に疑問はなかったか、澤地さん、引き揚げて3,4年は自分の間違いを認めたくなく、日本の空気についていきたい、リンゴの唄をなぜ歌うか、敗戦後数年、映画などで戦争のエゲツナさを感じ、叔父一家はDPRKで一家心中、NHKに呼び掛け番組があり、誰々さん生きているか、澤地さんの叔父一家はDPRKで自決して、そこには行けず、澤地さんには、父親は戦争に行っていないが、叔父のことで戦争は痛切。

     青木さん、特攻について、美化する動きがあり、国のために死んだ若者と美化しているのを問われて、澤地さん、今の人たちは同じように死ぬのではないが、青木さん、教育は凄まじい、澤地さんを軍国少女にしたと説かれて、澤地さん、自らそうなった。

     時間であり、澤地さん、これを聞いているリスナーへのメッセージを、澤地さん、アベ政治を許さない、全国で心あるものが掲げて、安倍総理に知ってほしい、叫びもシュプレヒコールもせず、興味ある方は参加してほしい、これを掲げるのは恥ずかしいと思う人もいるが、澤地さんは暴力的なことはできず、リスナーは安倍氏に少しでもおかしいと思うなら、選挙の時だけでない、安倍氏にメッセージを示してほしいと締めくくられました、青木さん、また来てほしいと説かれました、グローバーさん、近現代史、今学校で教えず、自ら学ぶ意義を説かれて、青木さん、安倍政権を支持する人もいるが、歴史をちゃんと学びやるべきで、歴史の改竄は許されない、澤地さんのノンフィクション作品を読むべきと説かれました。いや、期待したけどそれ以上で、私にはデモに参加する力はありませんが、こうして参加します、以上、青木さん、澤地さんのお話でした!


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.20 Monday
      • -
      • 22:16
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック