calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

2019.10.18日本における軍事法廷の是非──改憲か護憲かを超えて

0

    みなさま
     昨日、「改憲布陣」とされる自民党の新役員人事につづいて安倍改造内閣が発足し、いよいよ自衛隊と憲法九条の問題が大きな争点となってきます。この中で「自衛隊を活かす会」は、改憲か護憲かどちらを選ぶにせよ、考えておかなければならない問題を議論していく予定です。その一つとして、まず軍事法廷をどうするのかに関して、さまざまな考え方を持つ方をお招きし、シンポジウムを開催することにしました。安倍首相は、「改憲しても何も変わらない」と言いますが、果たしてそれでいいのでしょうか。護憲派の多くは専守防衛の自衛隊を認めていますが、それなら武力行使にともなって発生しうる人道犯罪をどう裁くか、考えておかないでいいのでしょうか。

    主題:日本における軍事法廷の是非──改憲か護憲かを超えて
    日時:2019年10月18日午後1時〜(開場:12時30分)
    会場:衆議院第二議員会館第七会議室
    会費:1000円(資料代)
    シンポジスト
    市川 ひろみ(京都女子大学教授)違法な命令には従わない義務〜ドイツ連邦軍の事例から
    佐藤 博文(弁護士)自衛官の人権裁判に関わって考えたこと
    坂本 祐信(元一等空佐)現行憲法でできること、改憲しないとできないこと
    ナサニエル・クラフト(東京外大院生)アメリカから見た日本の軍事法廷論議
    コメント
    伊勢崎 賢治(東京外国語大学教授、当会呼びかけ人)
    加藤 朗(桜美林大学教授、当会呼びかけ人)
    進行
    柳澤 協二(元内閣官房副長官補、当会代表)

    以下よりお申し込みください。
    http://kenpou-jieitai.jp/symposium_20191018.html

     

                       自衛隊を活かす会 事務局  (正式名称)
            「自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会」

       呼びかけ人:柳沢協二(代表)、伊勢崎賢治、加藤

     

    〒151-0053 

    東京都渋谷区代々木2-12-2 カタログハウス気付

     電話:070-6420-0018

     ホームページ:http://kenpou-jieitai.jp

     e-mail:kenpou.jieitai@gmail.com


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.08.03 Monday
      • -
      • 08:42
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック