calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

J−WAVE JAM・THE・WORLD(2019/11/5) 青木理&弘中淳一郎 ゴーン氏事件から日本の刑事司法の問題点を語る、前近代的日本の刑事司法を告発する、夕刊からニュースメディアを語る+有馬晴海 今国会を語る

0

     永岡です、J−WAVEのJAM・THE・WORLD、グローバーさんの司会、火曜日のニューススーパーバイザーはジャーナリストの青木理さんでした。

     

     最近の国会について、政治評論家の有馬晴海さんが出られました。れいわ新選組の木村氏の質疑があり、有馬さん、バリアフリーが質問、永田町も変わり、八代栄太氏のことは20年前、今回は電動車椅子、日本は経済、金儲けだけでなく、人にやさしいもののためにというものが質問で出て、議員たちも応じざるを得ない。しかし、来年パラリンピックでもバリアフリーは進まず、30年前は国会に女性トイレなし、エスカレーターがない時代もあり、木村氏の質問は、個人に合わせたものを永田町に、永田町動物園といわれて、外に出る人が少なく、国会に障碍者の来た意味は大きい。

     菅原氏、河井氏の辞任について、明日集中審議、不祥事、大臣の資質について、野党から安倍総理を追及、2ヶ月足らずで2人辞任、2アウトで、3アウトチェンジの標的は萩生田氏、大臣の資質として、身の丈にあった受験という発言を追及することになり、グローバーさん、ポスト安倍はあるかと問われて、有馬さん、安倍氏がダメなら自分がやるというものはなく、7年続いて、昨年の総裁選で石破氏が出たのみ、二階氏は安倍氏の四選で、ズルズル状態は続くことになり、失礼な言い方だが、安倍政権7年で9回改造、平均10人大臣が変わる=90人変わり、最初は安倍氏もそれなりのものを選び、今は資質に欠けるものを入閣させている。

     今国会、野党が追及だけでなく、自民党に代わるものを出すべきと有馬さん締めくくられました。

     

     青木さん、阪神淡路大震災以来被災地を取材されて、今回は被災地は広域で、長野県はボランティアは来ていて、埼玉は少なく、なぜか?理由はあるが、受け入れ自治体の問題、効率よく現地に送れるか、地域によりメディアの報道、知名度が違い、ボランティアに行かれる方はより人材の少ないところに行ってほしいと説かれました。

     

     青木さんの気になったニュース、台風、ふるさと納税のこと、首里城火災、イラン核合意もあるが、番組の裏話、どれを取り上げるか?ニュースは生き物、決定的に大切なものはヘッドラインになく、途中経過、青木さんはこの時間では夕刊に注目、大きいニュースでこれで決まりなのはどれも同じだが、今日の5紙は一面トップは異なり、朝日は北方領土ツアー、毎日はCAに男性の参加、人気テレビドラマが男性CA、東京は幼児保育のしんどさ、日経は経済ニュース、読売はトランプ氏のパリ協定離脱、グローバーさんの所感を問われて、グローバーさんはパリ協定のこと、しかしこれも途中経過、青木さん、新聞はニュースを伝える媒体で、大きいニュースのある時もあるが、読売の判断はしっくりくるが、新聞は読まれなくなり、夕刊は朝刊より注目されない、ネットでニュースは読まれて、読み物、記者の問題提起になり、ニュースは紙からデジタルへ、記者たちの悪戦苦闘。

     青木さん、今日はこれぞ、というニュースがなかった、こういうマニアックなニュースの見方もあると説かれました。

     

     UP CLOSE、弁護士の弘中淳一郎さんが登場、カミソリ弁護士と呼ばれて、ゴーン氏の弁護人でもあり、刑事弁護、国策捜査などを語られます。弘中さんのラジオの生出演はめずらしいそうです。グローバーさんはゴーン氏の変装で知っている、青木さん、刑事司法の問題点を説きたいと語られました。

     弘中さんはメディアを拒否ではなく、三浦和義さん、村木厚子さんなど、99%の有罪率で無罪を勝ち取り、ゴーン氏は無罪かと青木さん問われて、弘中さん無罪、青木さん、役員報酬、退職後にもらうのを虚偽記載で逮捕されて、これについて弘中さん、ゴーン氏は報酬を減額しただけでごまかしていない、未払い追及はなく、日産でそれを知るものはなく、検察は何をもって約束だったと立証したか、ゴーン氏、収入1億の申告の際に減額、もらうものはメモして、その差額は未払い報酬ではない。それを退職後にもらう約束はなく、ゴーン氏は世界から注目されるもの、低い報酬だと引き止められず、それを配慮した人はあるが、それで有罪にはならない。

     特別背任、私的な損害を日産にツケとして負わせた件は、これも無罪と主張して、投機は、ドルでゴーン氏はほしかったのに、日産は円であり、リーマンショックの際に保証金が膨らみ、担保の価値が下がり、その際の選択、リーマンショックでゴーン氏に逃げられたら日産は大変で、一時的に日産に付け替えても、取締役会で日産に損失は与えないとして処理、日産は損をしていない、恣意的に変えたもの。

     青木さん、役員報酬をゴーン氏はもらっていない、日産は損失なしだと、問題、サウジルート、オマーンルート、サウジ、オマーンに12億、5億というものを問われて、弘中さん、サウジ、オマーンともに日産と正式な契約して、手続き、金額は説明できる、ゴーン氏の私的なものではない。青木さん、弘中さんの記者会見で、この事件は何か、この事件は、ゴーン氏が世界的経営者+日本初の司法取引、司法取引は弘中さん、問題ありと言われるもので、(1)日産がゴーン氏追放のために検察に持ち込んだもの、検察が取り調べのためではない、(2)司法取引に応じた二人は、上司から業務命令でやり自由意思でない、(3)二人について、報酬だけで司法取引、会社法について、上層部とは裏で司法取引、司法取引を使い、日産がゴーン氏追放のために司法取引を使った。青木さん、検察は真相解明のためではなく、日産がゴーン氏追放のためのものはあってはならない。

     青木さん、証拠の収集のあり方、サウジ、オマーンの証拠を検察ではなく、日産が集めたのは問題と問われて、弘中さん、日本の検察は日本国内しか捜査できず、しかし今回は日産がゴーン氏追放のために仕掛けて、海外で日本の検察のできないことを日産がやったのは大問題。

     青木さん、ゴーン氏は全面否認、法人の日産も起訴されて、初公判は早いと来年、否認する人も、認める人もいて、公判で分離だが、今回分離されず、弘中さん、分離を申し立てて、しかし分離しても同じ裁判官がやることがあり、日産が同意したら、裁判官は見なかったことにならず、裁判官を分離してくれとしても、裁判所では無理、妥協策として、証拠として認めるのは全員の認めたものであり、裁判官は証拠採用を見送れる。

     青木さん、ジャーナリストとして中立っぽく言うが、日産はゴーン氏が悪い、弘中さんは日産の仕掛けと言うなら、分離しない方がいいかと問われて、弘中さん、日産は調書に同意して、裁判所は事実は一つなのに、別の裁判官でやるか、検察を助けるために調書に日産は同意。

     青木さん、ゴーン事件は日本の刑事司法の問題点を浮かび上がらせて、検察とのもの、身柄拘束、ゴーン氏は保釈→再収監、弘中さん、日本の警察、検察は被疑者の身柄拘束で自白を強いてきて、しかし推定無罪であり、人質司法、海外の批判もあり保釈された。青木さん、ケリー氏もやられて、ゴーン氏は検察が落とそうとして、ゴーン氏だけでなく、全ての事件で人質司法をするな?弘中さん、薬害エイズで阿部氏を80歳で拘束して自白を迫り、しかし自白で罪は決まらないのに、これを機に自白偏重、人質司法をやめるべき。

     青木さん、自白したら、やっていないことをなぜ認めるのかと問われて、弘中さん、理由は色々あり、勾留されて、弁護人にも力がない場合があり、ゴーン氏も弘中さんのやる前調書を取られて、時間・空間がわからず強要されたら、裁判のことは後で、と、認める=調書にサイン、調書は検察、警察が作る。青木さん、ゴーン氏にはヤメ検がついた。

     青木さん、冤罪事件では、後で無実の証拠が出る場合が多く、警察、検察の集めた証拠が弁護側に示されないのは大問題と説かれて、弘中さん、日本も裁判員制度で証拠はある程度開示される、事件だと警察と検察は証拠を隠蔽して、警察、検察に有利なものだけ出して、今でも全面開示はない、欧米だと全面開示、被疑者に有利なものを警察、検察は隠し、有能な弁護人がつくとは限らず、鑑定が遅れる。さらに、供述中心のものは、特捜部に多く、再審が難しく、警察、検察は自分に不利なものを出さず、それで冤罪になる。

     青木さん、警察、検察は税金で動き、国民のためにやれ、弘中さん、欧米だと証拠は全部出す、公益のもの、しかし、日本だと無罪になったら大変として、公益の代表ではない。

     青木さんは、弘中さんと初めてじっくり話し、無罪を勝ち取ると、社会的影響、メディアが検察のリークで有利なことばかり報じで、ゴーン氏のことも、検察はおかしい、ゴーン氏の事件が日本の刑事司法に与える影響を問われて、弘中さん、大企業のために、ゴーン氏の追放のために刑事司法を悪用したこと自体が大問題、世界が注目して、日本の刑事司法が根底から問われると説かれて、青木さん、ナショナリズムで検察が動いた、日本企業がフランスに乗っ取られるのをナショナリズムで検察でやったと説かれて、楽しかったと締めくくられました、グローバーさん、検察と対峙する恐ろしさを説かれて、青木さん、冤罪だと一生台無し、弘中さん、またきてもらうというのです。以上、青木さん、弘中さんのお話でした。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.20 Wednesday
      • -
      • 08:18
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック