calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

1/25(土)東京グラムシ会・グラムシを読む会・1月例会「C・ムフの左派ポピュリズム論について」 テーマ: C・ムフの左派ポピュリズム論について

0

    紅林進です。

    下記ご案内を転載させていただきます。

    (以下、転送・転載歓迎)

    東京グラムシ会・グラムシを読む会 2020年1月例会

    テーマ: C・ムフの左派ポピュリズム論について 

    日 時:2020年1月25日(土)午後2時〜5時


    会 場:文京区立向丘地域活動センター 3階洋室A
        地下鉄南北線「東大前」を下車、改札を出て右側にある
        エレベーターに乗り、降りてすぐ右側に向丘地域活動
        センターの入口があります。
        電話:03−3813−6668
        ※前回と会場が変わります。ご注意下さい。


    報告者:伊藤晃  


    資料代:300円 


    概要:世界中でデモクラシーを脅かす右派ポピュリズムに対して、
       C・ムフ提唱の「左派ポピュリズム」論がいくらか関心を
       呼んでいる。これは理論的には     「マルクス主義」主導
       の決定論的本質主義を離れて、グラムシを参照しながら、
          新しいヘゲモニー編成による複数主義的デモクラシーの形
       を見出すというもので、ここに人民再構築の方向があるのだ
       と言う。本報告では、この運動思想が実際上、何をどうする
       ことなのか、その含意を考え、あわせて人民再構築の要素と
       なるべき諸集団のアイデンディティーが辿るべき主体形成の
       道、そこでの資本主義制度との敵対関係、この制度の全体的
       変革などにつき、若干の疑問点などを述べる。また日本に
       おいてこの論がもつであろう積極的意味にふれる。


    参考文献:C・ムフ『左派ポピュリズムのために』(山本・塩田訳、明石書店)
         伊藤晃「複数主義的な相互関係において運動を作るとはどういうことか」
        (「季報唯物論研究」148号、2019年8月刊)

    お問い合わせは下記へお願いします。
    東京グラムシ会事務局  
    〒101-0065 東京都千代田区西神田1-3-6 山本ビル5F  
    TEL:03-5244-5433   fax:03-5244-5434


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.01.20 Monday
      • -
      • 11:05
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする