calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

ラジオ関西 ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー(2020/2/12) 西谷文和 イラク取材報告、アメリカとイランの対立で米兵に犠牲者の出ている可能性があり、ISはアメリカとイランの対立で復活、現地は大変であることを語る

0

     永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー、今週のばんばん侍はフリージャーナリストの西谷文和さん、イラク現地からの報告でした。

     安倍政権をアシストするマスメディアの醜態と安倍政権のデタラメ、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さんがブログで語られています、https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12574600951.html

     そして、本日の東京新聞のスクープ、桜を見る会、ジャパンライフだけでなく、問題を起こした仮想通貨の48(よつば)ホールディングスの役員が桜を見る会に出た際に安倍総理夫妻と撮った写真を悪用して勧誘していたというのです、https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020021290070303.html https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2020021202000153.html 要するに、40年前のCM、ゴキブリは1匹見たら30匹いると思え、ジャパンライフだけでなく、桜を見る会のことはこれだけ悪用されていたもので、この写真を使用されたことだけで、安倍総理は腹切りものでしょう。

     

     西谷さん、イラクの取材で、ばんばさんが電話された時点(日本時間12時)のイラクは朝の6時、スレイマニアにおられて、時差6時間、イラクの状況は、ソレイマニ司令官がアメリカに殺されて、ソレイマニ氏はISを攻撃していたので、ISが復活、イラクの危険度は増して、トランプ氏の罪は重い。町はピリピリ、バクダッドは大変、スレイマニアはそれほどではないが、バグダッドでは連日デモ、アメリカとイランに対して、イラクから出ていけとデモ。

     今回の、西谷さんの目的は、アメリカとイランの対立で、イランもアメリカもイラクで空爆、戦場はイラク、イラクを案じで来られて、アメリカとイランへの怒りは激しく、バグダッドは行きたいが、危険なのでビザが出ない。日本人はバグダッドに入れない。今の所はバクダッドから車で6時間、それほど離れず、一昨日は西谷さん、バグダッドから車で1時間のところまで行き、ISとクルド軍の対決のところに行き、現地の司令官によるとISは復活して、現地で仕掛け爆弾により犠牲者が出て、小規模な紛争は始まっている。今いるスレイマニアは比較的安全だが、日常生活をイラクの人たちはして、ショッピングモールもあり、しかし石油価格は上がった。今後、アルビル、クルド人の拠点を取材して、今回、アメリカがソレイマニ氏を殺害して、イランがイラクの米軍基地を攻撃、イランが米軍基地を直接攻撃するのは初めてで、トランプ氏はどう出るかと見て、今は小康状態でも、トランプ氏はツイッターで兵士は一人も犠牲になっていないと発信したがこれは嘘、109人の米兵が脳挫傷=重症、BBCが報じて、重傷者が出て、米軍基地に棺桶が運び込まれて、米兵に死者の出ている可能性があり、今の所米軍はイランに報復していないものの、もし米兵に犠牲者なら、米軍は黙っていないし、イランも黙っていない。

     西谷さんは、イラクでの行動の制約はどうかとばんばさん問われて、西谷さん、アメリカもイランも大規模戦闘にしたくはないが、互いに戦死者が出て、報復の可能性はあり、緊張は解けていない。西谷さん、日本でニュースを見て、現地の模様は、日本で知っていたとこととどう違うかとばんばさん問われて、西谷さん、現地で感じたのは、米兵に犠牲者はいないと思っていたが、どうやら犠牲者が出ていて、さらにISは掃討されたと日本では報じられているものの、掃討されておらず、ISは復活して、イラクに来て初めて分かったことが多く、現地の戦争は大変。

     それと、現地を見て感じたのは、バクダッドは暑く、気温は40〜50度なのに、100年ぶりに雪が降り、戦争と気候変動は関係して、ソマリアなどでイナゴが大量発生して、作物が被害になり、オーストラリアの大規模火災、戦争+気候変動で地球は大変。

     その中で、自衛隊が中東に派兵されて、しかしアメリカとイランの対立に自衛隊が巻き込まれる危険性が高い、中東で何が起こるか分からず、日本の自衛隊派兵は現地でももちろん報じられて、しかしイラクから見たら、自衛隊はイラクの敵(アメリカのポチ)、自衛隊の哨戒機を出すと、当面イランは自衛隊には手を出さないとは思われるものの、イランと敵対したらどうなるか分からない。

     西谷さん、今日はISに略奪されて妻にされて脱出した人たちを取材、ISが女性を人身売買、被害者のシェルターがあり、彼女たちに生きるすべを教えていて、そこを取材、西谷さんは今週末まで取材、西谷さん片道の飛行機で行かれて、いつでも帰還できる。ばんばさん、西谷さんに気を付けてと説かれて、また再来週スタジオで報告されます。以上、西谷さんのお話でした。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.02 Friday
      • -
      • 19:13
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする