calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2020/5/15) 青木理 安倍官邸vs検察の最終戦争が開始されて、目が離せない状態になることを語る、金子勝 安倍氏、小池氏の解除には根拠なし、検査を劇的に増やして治療法を早急に確立させないとこの国は亡ぶことを語る

0

     永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、本日の大竹メインディッシュはラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリストの青木理さんでした。パートナーは婚約された室井佑月さん、それでも金曜日は闘われます。

     一昨日のラジオ関西での西谷さんのお話、you Tubeに載っています、最近西谷さんのお話アップはされてhttps://www.youtube.com/watch?v=R6XG50YoCQE&list=RDCMUCOjtqPddm8QynrHqp6Kdl3g&start_radio=1&t=4&fbclid=IwAR2BckTnFoU7PvlQDE-UOCGZTO9YPLyC0uwxuRlThXXaF6HthI347ml0gYk

     これを聞いて頭に来て、血圧が上がっても医療費を私や西谷さんに請求せず、安倍総理に請求してください(笑)。

     

     青木さんのテーマはもちろん検察庁法改悪と予想して、室井さんご結婚、一度失敗してまた同じ過ち?青木さんご存じなく、先々週青木さんと室井さんでやって何もネタなし、室井さん、青木さんがモテナイ女と言った(笑)、で、検察庁法、青木さんは政治記者ではなく、衆院通過は今週は無理でも委員会採決はしそうで、しかし振り返り、青木さんこのテーマをこの番組で1月の閣議決定の前に法務検察が人事で大変と語り、ここまで大騒ぎ、しかし誤解を恐れずに言うと楽しみ(笑)。黒川氏が検事総長になれるか不透明+広島地検の河井夫妻の捜査がどうなるか、昨年の案里氏の公職選挙法違反、共同通信が報じて、立件する=大変な騒ぎになる。克之氏逮捕は国会の許可が要り国会は大変なことになる、しかし逮捕許諾請求は確実で大騒ぎ+河井氏は前の法務大臣、法務大臣の手が後ろに回るのは前代未聞、河井氏は安倍氏、菅氏の側近、トランプ氏の特使、溝手には選挙資金1500万で河井氏に1.5億、原資はどこか?室井さん、ガサ入れを問われて、青木さん、自民党本部もガサ入れの可能性がある、1.5億渡したのは安倍氏か二階氏か、二階氏は否定+原資が政党助成金なら自民党に及び、自民党に及ばずとも、河井氏逮捕でメディア、世論は終わらず、安倍政権、菅氏の責任追及になる。

     室井さん、甘利氏、松島氏etcは週刊誌レベルで終わったと説かれて、青木さん、河井前法相逮捕はそれとは異なり、安倍氏も逮捕されたら逃げられず、大竹さんの言われるように検察はゴーン氏、証拠改竄etc問題があり、一部検察の腐敗を問うものもあるが、権力は集中させず分散すべき。検察が総長人事への反発かもしれないが、腐敗が明らかになり、権力チェックはメディアもすべき+検事総長経験者松尾氏がアカンといい、松尾氏は青木さん取材して、黒川氏と異なり松尾氏はマジメ、ザ・検察官=検事総長経験者の警鐘は前代未聞、青木さんがワクワクする?のは、安倍政権は法制局、日銀総裁、NHK会長を変えてやれたが、検事で虎の尾を踏んだ。

     室井さん、立件されてどうなると問われて、青木さん、難しいのは、政権だけでなく、検察も世論を見て、今緊急事態宣言、コロナ禍で世論に批判されないかと思う。室井さんは自民党ガサ入れを見たい、青木さん、緊急事態宣言解除がポイント、安倍政権は緊急事態宣言を解除したら捜査のゴングが鳴り、あと1ヶ月で逮捕、室井さん、テレビに張り付く(笑)。青木さん、そうなると安倍氏が捕まらないための黒川氏と世論は見て大反発、メディアもであり、安倍政権が吹き飛ぶか?しかし政府、与党は早く通そうとしているが、官邸vs検察の死闘が国会の裏である。

     大竹さん、野次馬的だが、黒川氏はどう思っているのかと問われて、黒川氏にインタビューしないのかと問われて、青木さんは黒川氏のインタビューはしていないが、記者他に聞くと、有能な検事、根回しできて、共謀罪、裁判員裁判、官邸の守護神だけでなく、検察の守護神、村木さんの事件の際に、人質司法廃止、取り調べ可視化を、黒川氏を松本から呼び戻して、検察の都合のいい方に換骨奪胎したもの、37年検事をして、半分法務省にいて、7,8年やっている。黒川氏は「有能」、しかし正義を室井さん問われて、大竹さん、取り調べの可視化、人質司法、青木さん、安倍政権はそんなに深く考えず、政権にとって有能だから検事総長にしてやろうという意味。大竹さん、官邸官僚である、青木さん、黒川氏の意図は知らず、しかし官邸官僚。室井さん、メディアはなぜ黒川氏を取材しないと問われて、青木さん、メディアは警察と検察を追わない、検事総長の記者会見をテレビは報じない、警視総監の記者会見をテレビは報じない(地方の署長はやる)、検察、警察は情報源であり、リークして干された例があり、北海道新聞が警察の裏金をスクープして、しかし北海道新聞は警察から嫌がらせ行為されて、警察、検察も問題点があり、しかし権力はそれぞれチェックすべき。

     室井さん、ツイッター世論を問われて、青木さん、政権は世論を気にする、河井氏は、在宅起訴の手があり、しかしかつて金丸信氏でそれをやったら検察にペンキ→国税庁の助けを借りてその後逮捕、それまでの政権がやっていないことは大変。

     #検察庁法改悪に抗議しますのツイッター700万は、世論として意味があり、青木さんが喋るメディア、そして政権の様子、検察は安倍政権が1強盤石なら検察は手を出せず、しかし安倍政権はコロナ禍で無能であり、市民、著名人が声を上げて闘いはエライことになり、安倍政権も弱り、安倍氏と菅氏の確執、学校休みで対立、一部30万→全員10万で与党vs二階氏、公明党の対立、政治の力学も変化して、様々な要素があり、政権を見て検察も捜査している。

     室井さん、自民党の中でも批判、青木さん、河井前法務大臣逮捕はとんでもないことになる、安倍氏の側近+1.5億の出所が問題になり、室井さん、法務大臣はそんな軽いのかと問われて、青木さん、法務大臣は軽い、票にならず、検察を収めてもうまみがなく、法務大臣は総理の横に来るが、参院の一番下、戦後法務大臣から総理になった例はなく、そのために検察、警察はおかしくなり、しかし検察vs安倍でこれから1ヶ月間は面白いことになると締めくくられました、以上、青木さんのお話でした。いや、面白い内容でした。

     室井さん、日刊ゲンダイのコラムで、アベ友加藤清隆氏の醜態をおちょくられています、https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273180 大竹さんは、室井さん、がんなどを乗り越えられたことを大竹さん評価されています。

     

     大竹紳士交遊録は経済学者の金子勝さんでした。室井さんにマサルと今日は呼ばれる金子さん、リモート出演、こちらはコロナ禍がネタ、児玉龍彦氏が検査について言及したもの、金子さん体重が増えて、養豚場みたい(笑)、室井さんにはおめでとうだが、コロナ禍解除の条件、安倍氏の政治決断、小池氏の東京アラートはすべて意味がなく、連休明けの5/11から見て、感染者数<100だが、よく見たら死者数はほぼ毎日20名、よく考えたら、感染者数と死者数を見て、死者数が減らず感染者数が減るのはおかしい。アメリカは感染者数、死者数も最大だが、死亡率6%、東京は2割はおかしい。クルーズ船は3700人いて、死亡率は2%=東京は死亡率が異様に高く、検査数が少なすぎるためこうなる。死者数は20人前後、しかし検査数は増やせと言っているのに増えておらず、大竹さん、経済の問題もあり、これ以上自粛は無理かと問われて、金子さんその通り、しかし外出自粛したら感染者数は減るが経済破綻、解除→感染拡大、世界でも北海道もそうで、命と経済両方解決すべきなのに、安倍政権も小池都知事も両方やる気はなく、安倍氏は政治決断として、客観的数字として意味のないもので解除はおかしい。感染者100人を割ると解除、小池氏のことも、検査数を減らされたらおしまい。

     室井さんも検査しろと問われて、金子さん、ジレンマ、金子さんの友人児玉さん、検査機器を6台入れて(一台1000万)、500名で3名=0.6%の感染率、倫理委員会で匿名化されたもの=東京都では80万人感染者がいる計算になり、4/22時点の東京の感染者数の18倍、今でも16倍、検査数が韓国、台湾のようにちゃんとやらず、ドイツも検査して、日本は少なく、感染者数は過小評価であり、今の検査しないものでは何の意味もない。

     大竹さん、検査数に意味がないのは理解できて、しかしウイルスと世界は共存しないと、経済も破綻と説かれて、金子さん、まず膨大に検査しないとならず、しかし保健所のクラスター分析は無意味、老人施設、警察などを検査して、GPS追跡すべきなのに、検察法改悪、安倍氏にこんなデータを握らせたらどんなひどいことになるか!

     太田さん、金子さんは検査して隔離、個人情報を潰して追跡かと説かれて、金子さん、専門家は何も言わず、自粛だけ、アビガン、レモデシベルなど、死なないようにブロックすべき、最後の手段にエクモで死亡率を減らすべきと説かれて、検査と治療法開発が必須。大竹さん、アビガンは普及していない+オリンピックゴリ押しで対策が遅れたと説かれて、そのままだと説かれて、金子さん、急がないといけない、厚労省はやることが3ヶ月遅い、根拠のないデータによる解除はおかしい。大竹さん、データを透明化すべき、金子さん、専門家会議は具体論なしで家にいろだけでは説得力はないと締めくくられました、以上、金子さんのお話でした、この内容も拡散して下さい!

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.11.24 Tuesday
      • -
      • 07:04
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする