calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

薔薇マークMailNews

0

    (1)全ての人に現金給付20万円を2回と消費税停止(ゼロ%)<70.4兆円>

    (2)休業補償、中小企業支援策、学生の学費免除など<29兆円>

    (3)医療装備品等の設備投資・開発支援、買取、供給ルートの確保など<2兆円>

    (4)コロナ危険手当。医療、介護、保育、食料など供給力の維持増強<32.5兆円>

    (5)地方交付金の増額など<6兆円>

    計約140兆円

    薔薇マークキャンペーン

    MailNews No.21

    2020/05/28

    【提言】全員に届く真の「コロナ」経済政策はこれだ

     薔薇マークキャンペーンは、このたび呼びかけ人によるオンライン会議を緊急に開催し、5月21日、17名の研究者・評論家の連名で<提言・全員に確実に届く、真の「コロナ」経済政策はこれだ>を公表しました。

    概要(抄)

    1.情勢:非常に深刻なデフレ不況の危機にあります。

    様々な経済指標から、リーマンショックどころか戦前の大恐慌なみの不況になる危険性が見えています。この不況の下で、安倍政権が、危機に乗じて中小零細事業の淘汰を推進する危険性があります。さらに、デフレ不況が長期化して、大量倒産や、設備投資停滞、少子化や教育断念が進行した先には、最悪のシナリオである「供給力破損によるインフレ」が懸念されます。

    2.真の「コロナ」経済政策のポイント

    消費税・コロナ経済危機と、新型コロナウィルス感染拡大防止の対応のため
    (1)全ての人に、現金給付20万円を2回と、消費税停止(ゼロ%)<70.4兆円>
    (2)事業・学問継続のために、休業補償(雇用確保)・中小企業支援策(家賃などの固定費免除)、学生の学費免除など<29兆円>
    (3)医療装備品等の設備投資・開発支援、買取、供給ルートの確保など<2兆円>
    (4)感染リスクのある職種で働く人に、コロナ危険手当。医療、介護、保育、食料など生活者に必要な供給力の維持・増強<32.5兆円>
    ※必要な防護体制の完備は大前提です
    (5)地方交付金の増額など<6兆円>
    計約140兆円

    3.財源

    財源は、原則として全て新規国債発行を日銀が直接または間接に引き受けることにより、まかなう。政府が新規国債を発行し、財政法第5条「特別の事由がある場合」による国会承認に基づいて日銀が国債を政府から直接引き受けして捻出することが合理的であるが、現行のように、いったん民間が引き受けたものを日銀が買い上げる方法でも、同様の効果が得られる。この国債は恒久的に借り換えを行うので、将来的にも増税による庶民の負担は必要にならない。

    4.景気回復に必要な政府純支出額の目安

    〔目安額:103兆円〕 従来からの需給ギャップ分14.4兆円、今年度のGDPの落ち込みマイナス50兆円、政府支出がGDPを増加させる乗数効果0.85として試算し、さらにGDPの落ち込み予測が27.6兆円の追加政府支出を前提していることを考慮した。(14.4 + 50)÷0.85 + 27.6 = 103(兆円)
    (注)この計算は目安の額であり、支出が103兆円を超えてはならないという意味ではない。国内の雇用や生業をまもることに主眼をおいて上記2.の支出を行い、それによってインフレが進行するときには下記5.の税率調整で回収する。
    なお、感染流行の長期化・再発などに対する人々の不安感から、貯蓄率が高まることが予想され、そうなると乗数はもっと低くなるので、上記目安額はさらに拡大する。

    5.税制について

    税金を財源とはしない。したがって復興増税は不要。ただし経済政策の公平性、格差是正などを目的に、主として累進的な富裕所得税・金融資産税・法人税による増税を想定し、インフレ進行のときにはこの税率を調整する。<2兆円〜37兆円余>

    詳細解説など全文

     詳細な解説を含めた全文は下記サイトでお読みになれます。
     https://rosemark.jp/2020/05/22/rose_state_140t/

    現場から

    民主商工会

    持続化給付金について、ここ数日、申請の不備を指摘するメールについての相談が殺到しています。給付があまりに遅くて月末も迫っているのに悲惨です。どういう申請をしたのか聞いてみると、「大丈夫かな?」という人に問題なく給付されたり、「大丈夫だろう!」という人に難癖のようなメールが来たり、一貫性のない対応を感じます。外注で雇われた人たちがマニュアルを頼りに機械的対応をしているから混乱を招いているともいわれています。
    家賃支援は一刻も早く実現してもらわないと困るのですが、持続化給付金のような対応だと本当に困ります…。

    公務員

    今、地方自治体の現場では、政府が決めたまったく不十分な施策さえ執行する組織体制があるません。通常事業に加えた仕事になるので、これまでの人員削減によって、とても回りません。介護の20万円・5万円給付も、たった1回きりの給付では焼け石に水なのですが、これすら、どうやって給付するのか職場では放心状態なのです。お金はつくることはできても、人材は1日ではできません。10万円給付もむちゃくちゃ遅れている。

    お金を配れ!公務員を増やせ!

    匿名(賛同メッセージから)

    私の好きな、猫カフェのオーナーさんも、お店の存続は難しいかもしれないと呟いていました。1ヶ月以上、ずっと休業しています。
    中小企業を潰さないで欲しいです。
    「『生産性』で人間の価値をはかる社会とは別の社会」というメッセージが響きました。
    いろんな人が、それぞれのやり方で生きていける社会に生きたいです。
    もとより正解など無いので、自分はこの提言に乗ってみたいと思いました。

    匿名(賛同メッセージから)

    派遣社員です。…お金がないと不安です。…この先雇い止めにあうかもしれない。
    私の勤務先では派遣は自宅待機となっていてテレワークもできず、社会にとって不必要、何の価値もない人間なんだなあと1人の時間に考えてしまいます。
    お金があれば少しは安心出来るのに。…宜しくお願いします。

    ※3万人を超える賛同者からの7,700通の賛同メッセージが読めます

     https://rosemark.jp/2020/05/27/2020052702/

    【要請】留学生の差別的取扱いに反対する署名

    政府が、「学生支援緊急給付金」を支給する対象を、留学生のみ成績上位者3割に限定したことに対して、薔薇マークキャンペーン呼びかけ人である梶谷懐神戸大学教授など全国の大学教員が、平等な取り扱いを求める署名活動を開始しました。ご協力をお願いいたします。詳細ならびに署名フォームは下記。
     https://note.com/ryugakusei_shien/n/n9136042db1eb

    イベント&メディア

    Skype対談・コロナ後の大阪の成長はこれだ!作戦会議

    「都構想を止めて大阪を豊かにする5つの方法」出版記念対談
    日時:2020年5月30日(土) 20:00〜21:55
    出演:大石あきこ・藤井聡・山本太郎・松尾匡
    youtube:大石あきこチャンネル(視聴無料)
     https://www.youtube.com/channel/UC7WTGZV5NNPCLJH9wc8e0xQ

    オンライン講座 『レフト3.0の経済学と思想』第2回

    日本支配層の将来ビジョン——コロナショックドクトリンが示す円高帝国への道
    日時:2020年6月13日(土) 14:00〜15:30
    講師:松尾匡
    主催:大阪労働学校アソシエ
    共催:薔薇マークキャンペーン
    チケット:650円

     詳細ならびにチケット購入は下記

     https://rosemark.jp/2020/05/19/2020051901/

    ※ 第1回再配信※

    ・見逃した方むけに再配信されます。
    ・5月31日 18:00 - 19:30
    ・詳細 https://economic0531.peatix.com/

    経済学者 井上智洋インタビュー

    ―コロナ危機を乗り越えるための経済政策― (borderweb.tokyo/2020-05)

    コロナ危機以前から、…失業者を救うためのベーシックインカムの導入を主張してきた経済学者の井上智洋先生に、政府が取るべき今後の経済政策について伺った。井上先生は生活困窮者を助けるため、そして不況による経済へのダメージを緩和するため、毎月10万円の一律給付が必要だと語る。日本政府はこのような大規模な経済政策を打ち出していくことが出来るのだろうか。(※井上氏は薔薇マークキャンペーン呼びかけ人)

     http://borderweb.tokyo/2020-05-inoue/

    「構造改革」重視のコロナ対策はスカスカの格差社会を生む

    松尾匡 (DIAMOND online 2020.05.28)

    政府は「10万円一律給付」などの緊急経済対策をまとめたが、不十分との批判を受けて第二次補正予算案を閣議決定した。だが政府の経済対策の中身やとりまとめの経緯を見ると、…2000年代以降の市場競争重視の構造改革路線を引き継いだものだ。…対策いかんで地域経済の疲弊はさらに進む恐れがある。
     https://diamond.jp/articles/-/238318

    <論考>反緊縮グリーン・ニューディールとは何か

    朴勝俊・長谷川羽衣子・松尾匡 (J-STAGE/環境経済・政策研究/2020-1号)

    2018年以降、欧米では反緊縮グリーン・ニューディール(GND)が相次いで提案されている。GNDは、環境政策と経済政策を統合させた急進的な政策案である。…反緊縮の経済理論に基づき、資金は主に増税によってではなく、年金基金等の巨額の民間資金の誘導と、…赤字支出でまかなうことを求めている.(※朴氏は薔薇マークキャンペーン呼びかけ人)

     https://www.jstage.jst.go.jp/article/reeps/13/1/13_27/_article/-char/ja

    【お願い】生きる場、働く場から報告を送ってください

    消費税・コロナショックのなかで、今人びとが生きる場、働く場はどうなっているのか? 皆さまからの報告をお待ちしています。あわせて、薔薇マークキャンペーンへのご意見もお願いいたします。
    今後、キャンペーンでは皆さまから届いた報告やご意見をホームページやメールニュースで公開していく予定です。報告・ご意見は下記より。

     https://rosemark.jp/contact/

    ご寄付のお願い

    薔薇マークキャンペーンは皆さまからの寄付のみによって活動しています。活動継続のためにご協力をお願いします。ご寄付は、郵便振替・銀行口座・LINE Pay等で可能です。ご寄付は下記から。

     https://rosemark.jp/donation/


    薔薇マークキャンペーン
    【Twitter】https://twitter.com/the_rose_mark
    【ホームページ】https://rosemark.jp
    【ご意見・お問い合わせは】info@rosemark.jp


     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.24 Saturday
      • -
      • 09:00
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする