calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

文化放送ラジオ くにまるジャパン極(2020/6/15) 大谷昭宏  コロナウイルス東京での感染拡大、補正予算での安倍政権のデタラメ、アメリカの差別問題から日本を考える、ABCラジオ おはようパーソナリティ道上洋三です、古賀茂明 安倍政権と経産省のデタラメを告発す

0

     永岡です、文化放送ラジオの、くにまるジャパン極、月曜日のコメンテイターはジャーナリストの大谷昭宏さんでした。野村邦丸さんの司会、西川文野さんがパートナーでした。

     

     ABCラジオの、おはようパーソナリティ道上洋三です、話のダイジェストに元経産省の古賀茂明さん出られて、補正予算と安倍政権、経産省のデタラメを語られました、読んだら頭にくるものですが、ぜひ読んで下さい!

    先週第2次補正予算成立、230兆円でも、持続化給付金でSD社から電通に再委託、GOTOキャンペーン、野党は強盗キャンペーンと批判するものの委託費3000億、古賀さんお電話で参加、道上さん、給付金事務作業740億をたった20人の事務所でやっているのに驚き、なぜ直接電通に発注しないのか、古賀さん、トンネル団体、電通のため+電通はブラック企業、過労死自殺もあり、労基署の申告もあり、しかし経産省は電通に受けさせたく、元受けは電通の子会社、トンネル会社。

      デトロイトトーマス社がAランク、サービスデザイン社はCランク、電通は大きいが昭和的会社、派手な飲み会で仕事を取る、IT化は海外ほど進まず、電通はイベントが得意、しかし今回はお祭り騒ぎでなく、窮した人のためだが、システムはデタラメ、電話はつながらず、ネットで検察してもわからないなしのつぶて、経産省の罪、いくつも委託を繰り返したために現場が何をやっているかわからず、国会で大臣も答えられず、責任者は江戸時代なら切腹。デロイト社は世界的な企業で評価も高く、世界でITソリューション事業して、政府はグーグルなどと組むことを海外はするかせ、電通はそんなIT技術なし。道上さんも電通のIT後進性に驚き、古賀さんのおられた時は何でも電通ではなく、経産省は80年代エネルギーの仕事がなくなり、ジャパン・アブ・ナンバーワン、経産省はたたむべきだが、天下り先がなくなり役人が困り、仕事をしているように中身のないものをした、おもてなし、クールジャパン、プレミアムフライデー、みんな経産省のお祭り騒ぎ、クールジャパンは何百億使って何もなし、電通はお祭り騒ぎの会社、電通は経産省が困っていたら手助けするのでどんどん仕事をくれる。

     安倍内閣は経産省内閣、西村氏は古賀さんの後輩、秘書官も経産省、安倍氏は経産省の今井氏、長谷川氏ら、経産省のノリでささえて、安倍政権はパフォーマンス内閣、耳障りのいいことをやっている感でする。お祭り騒ぎをするが得意なのは経産省、財務省、厚労省はお祭りせず、経産省はノリが良くて安倍政権とピッタリ。給付金は電通に丸投げ。中小企業庁の前田氏が電通とツーカー、前田氏はネアカ、経産省のお祭り好き、電通から見たら接待したら何でも乗ってくる(笑)、前田ハウスと名前を付けているものは、経産省は法律違反ではないと言うが、公務員の信用失墜行為、公務員として悪質性、厳しい処分をすべき、古賀さんが次官なら懲戒処分するか自ら辞職させる。

     経産省は仕事がないなら解体しろと30年前から言われていて、しかしその時の政権に取り入り、安倍政権は経産省ベッタリ、農水省と合体させて、もっと小さい役所にすべき。そして国会は閉会、予備費10兆円はとんでもないこと、補正予算は災害対策と言うが、規模を大きくしろと政府はいい、二軍予算、本予算だと厳しく査定されて、筋の悪いものを補正、そういう無駄が無数にあり、東日本大震災の時の復興予算は被災地のためにとして、岐阜県のコンタクトレンズのために工場、福島で売るため、シロアリ官僚予算、週刊ポストに出ているが、ドローンを使った農業などコロナ予算で入っている。

     古賀さん、国会閉会はとんでもない、予備費10兆円はとんでもない、もっと国会で論議すべき、給付金も国会で論議されて、現場は改善、電話もつながるようになり、国会は批判ばかりというのではない、批判されて現場はよくなるので、国会は続けるべき。延長は安倍総理がしたらいい、安倍氏は自民党総裁、二階氏に国会をやれと言ったらOK。東日本大震災で所得税は上がり、10万円ももらえず、第2波のための補正予算ではない。古賀さん、安倍氏、経産省はイベント好き、国会議員は閉じたらボーナスもらえて危機感なし、国民は生きるか死ぬかの瀬戸際なのに、踏んだり蹴ったりの国民はたまらない。アメリカのトランプ氏もデタラメ、麻生氏は国民の民度が高いと言うが、国会議員の民度を上げるべきと締めくくられました、以上、古賀さんのお話でした。

     

     深読みジャパン、大谷さん大阪から電話出演、コロナウイルス感染者数昨日47人の件、緊急事態解除後最多、ホストクラブなどだが、全体解除の方針は変わらず、感染経路は判明、東京アラート解除、来月は都知事選、大谷さん、大阪の感染者は1人、京阪神は収まり、東京と北海道が問題、小池氏は、積極的に検査した結果というが、ホストクラブでのもの、夜の街の接客業から出て、新宿夜にクラスター化、積極的に検査して、大幅な感染拡大は懸念されて、県境を越えての移動はどうか?小池氏は後戻りできない、都知事選があるため、飲食店は逆戻りは勘弁してほしいで、都知事選があり、歌舞伎町は様々なお店があり、ファッション、ミニスーパー、青果店もあり、それらを一括りにしたらダメ、接客のところは申し訳ないがもう少し休業してもらい、青果店、ファッションのお店はOKとすべき。18日に都知事選告示、街頭演説、駅前の呼びかけができないとして前のめりなら、オリンピックを今年やるために感染拡大した二の舞。安倍総理はネット番組でアフリカを見たら夏は大丈夫と言えないと語り、一部は止める、県境移動はやめてもらうなどあっていい。邦丸さん、感染者数がさらに多くなり、100人とかなったらどうかと、一人一人の判断にゆだねるのもしんどい、大谷さん、接客業の場合はお客さんがあそこに行ったと言いにくく、行政が情報発信すべき。イベントは中小規模はOKとしても、大阪マラソンは中止、登録してやるので、5カ月後だが、万単位のイベントは今年無理。スポーツはプロ野球、Jリーグは開幕でも、いつまで無観客か。

      邦丸さん、大阪のづぼらや閉店を説かれて、大谷さん、通天閣とセット、それが閉店、松井氏も残念と語り、4月から休業、ふぐと言うと、新しい生活様式でやるのは無理、1920年創業で今年100年、大阪は警察回りが初めで、記者クラブの近く、先輩たちがさぼりに来ていた、づぼらや閉店は残念。邦丸さんも心のランドマークと説かれて、大谷さん、大阪の新世界、東京の浅草とならぶところで寂しいと説かれて、邦丸さんも踏みとどまってというのもしんどい。

     

     2次補正予算、2020年度は120兆円になり、先週参院で可決、1次と合わせて160兆円、安倍氏は家賃補助と事業継続というものの、持続化給付金問題もあり、これは共産党を除いて賛成、苦しいひとにというもの、給付金、事務取扱で委託費に問題、大谷さん、安倍氏は無駄なお金は使わせないというが、無駄だらけ、前田氏は電通とツーカーの中、李下に冠を正さずなら、電通に丸投げはおかしい。そんなお金を注げばづぼらやは救えた。強盗キャンペーンは野党も批判して、安倍氏も強盗と言ったが、コロナ後、高額ホテルに行けるわけではなく、一人でも解雇を防ぐべき。国会を野党は延長したらなかなか届かないジレンマもあったが、自民党は重い責任を負っている。

     プロジェクトとなると事務局ができて、実働部隊になるが、邦丸さんも電通と仕事をして、官庁との仕事もあったが、霞が関は電通にしか仕切れないというものの、公務員を減らしたため、公務員の天下り先などもあり、実働部隊は電通しかできないのはおかしい、安倍氏も役所には一括で無理というものの、大谷さんも電通とは接触もあり、中国残留孤児のことも電通は関与したが、テレビでは電通枠があり、しかし全部が全部公務員で仕切れないというのはおかしい、200回電話かけてつながらず、保健所がなくなり、民間でコールセンターを作りやるべきだが、第2波が来たら元も子もない、公務員だけでできないなら、透明な組織でちゃんとすべきなのに、3090億もGOTOキャンペーンはおかしい。選挙戦、選挙でも電通は絡み、どこまで委託すべきか考えてほしい。邦丸さん、情報、国民の税金に支えられているものは公開すべき、困っている人にお金が来ない、大谷さん、10兆円の予備費はノーチェック、決算委員会は大事、迅速に届けて、感染拡大の欠陥はどこか知るべきと説かれました。

     

     アメリカにて、ドライブスルーのところで白人警官が黒人を射殺、停車した車に黒人が居眠りとして、警官が通報できて、結局射殺、警察署長は辞任、邦丸さん、風と共に去りぬが全米では配信中止、お酒を飲んでいたというもの、もしこのジョージア州の青年が黒人でなかったらと説かれて、大谷さん、この10年、警察官の射殺は黒人が白人の7倍、理由は黒人差別としか考えられず、白人警察官が怖かったと弁解するが、画面は撮影して残しており、黒人差別の根は深い。南部の州だとマスクをするのが犯罪、特に黒人はそれで厳しい職務質問、いつの時代のことか、アメリカは病んでいて、差別は埃のようなもの、光を当てたら見えて、日本社会は光を当てたら差別という埃は、ヘイトスピーチに見るようにあり、アメリカの差別反対デモから日本も学ぶべきことはある。昨日も渋谷で差別反対デモ1000人規模あり、アメリカの黒人差別反対だけでなく、日本で差別に反対することも理由だと邦丸さん説かれて、国で区別するのはおかしい、記憶を呼び起こすべき、大谷さん、日本では差別はアメリカと異なり、透明な差別と日本の差別は言われて、アメリカは酷い国というだけでなく、日本もどうかと締めくくられました、以上、大谷さんのお話でした、古賀さんのものとともに拡散してください!


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.11.24 Tuesday
      • -
      • 10:02
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする