calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

[JIM-NETメルマガ] 【イラクにマスクを】引き続きご支援をよろしくお願い致します。

0

    (転送・転載歓迎)
    □■□■□■□■□2020年7月3日発行
     JIM-NET (ジムネット)メールマガジン
     http://jim-net.org/  

    Facebook、Twitter、Instagramやっています。
    ぜひフォローをお願いします!
    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    クラファンバナー2(バナー下) (1).jpg

    ◆INDEX◆
    1)クラウドファンディング進捗状況
    2)現地ドクターからのメッセージ
    3)安田菜津紀さんからのメッセージ
     

    ----------------------
    1)クラウドファンディング進捗状況

    【イラクの病院の医療崩壊を防ぎたい!】
    #イラクにマスクを
    https://syncable.biz/campaign/1115/  
    イラクの3つの病院へPPE(マスク、ガウン、消毒液などの個人防護具)を送るため、購入資金を集めています。
    ----------------------
    クラウドファンディングをスタートしてから
    2週間が経ち、皆様のおかげで100万円を突破
    しました!! 東京でも陽性者数が増え、
    まだまだ不安な中、多くの方にご協力いただき、感謝申し上げます。  

    目標まであと40万円ですが、イラクでは新規
    陽性者が爆発的に増えているため、今月末の
    ゴールまで呼びかけを続けて参ります。応援よろしくお願い致します。

    イラクでは外出制限があったり、自由に動けない
    状況ではありますが、はやくPPEが病院に届くよう、
    現地スタッフがドクターと連絡を取り合っています。

    私達ができることは微力ですが、PPEが足りない
    というストレスが軽減され、少しでも感染対策の助けになると嬉しいです。
    ---------------------------
    2)ドクターからのメッセージ
    ◆眼科医ハーリド・ディアア先生
    https://youtu.be/fkdoxnTJkts

    ◆歯科医ルアア・マンハル先生
    https://youtu.be/SthnTRNin-8
     ---------------------------  
    今回は3か所の病院へPPE(マスクや消毒液、ガウンなどの個人防護具)を支援します。

    その一つがアルビルのハルシャム地区にある、
    プライマリー・ヘルスケア・センター(PHC)です。
    日本の日本NGO連携無償資金協力を得て、クラウド
    ファンディング協同主催者の日本チェルノブイリ
    連帯基金(JCF)によって、2016年に設立されました。

    ここは過激派組織ISIS(イスラム国)から逃れた
    国内避難民が数多く暮らしている地区で、基本的な
    医療提供に加え、眼科、耳鼻科、歯科など多機能な医療を提供しています。

    一日に約250名もの地元や国内避難民の患者が訪れ、
    いつも混雑をしている同病院は、感染症対策強化が急務となっています。

    また、新型コロナウイルスの陽性者が出て、ドクターたちが対応に追われています。
    ---------------------------
    3)安田菜津紀さんからのメッセージ
    フォトジャーナリスト / Dialogue for People副代表理事
    Dialogue for People: https://d4p.world/
     ---------------------------  
    イラクへの取材も多く、JIM-NETの活動先にも何度も
    足を運んでくださっている安田菜津紀さんより、
    応援メッセージが届きました!
    =======
    イラク、モースルにあるイブン・アル=アシール病院を
    訪ねたのは、2017年7月。激しい戦闘の末、この地が
    過激派勢力「イスラム国」(IS)の支配から解放された直後でした。

    病院の壁の一部はISの放火によって無残に焼け焦げ、
    扉には銃弾が撃ち込まれた跡が生々しく刻まれていました。
    それでも、「復興へと進もう」「ここをより良い病院

    にしていこう」というスタッフさんたちの気概は、

    この街に見出すことができた一筋の光でした。

    ところが戦火の脅威が去った後、今度はウイルスの
    蔓延が彼らを脅かしています。戦争もウイルスも、
    より脆弱な立場に置かれる人々を犠牲にしていきます。

    それを食い止めるのは「今」であり、その役割を
    果たすのは「私たち」です。現地に直接赴くことが
    できなくても、地域に根差しながら活動を続けてきた
    JIM-NETの活動を日本から支えることはできます。
    ぜひ、このクラウドファンディングにご協力下さい。
    =======
    引き続き、応援よろしくお願いいたします!
    https://syncable.biz/campaign/1115/

    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
    このメルマガの問い合わせ
    info-jim@jim-net.net
    03-6228-0746


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.24 Saturday
      • -
      • 17:36
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする