calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

京都: 8月30日(日) 舞鶴パーム油発電所建設反対 - 勝利の報告と「これから」に向けた交流の集い

0

    パーム油発電による地域と海外の環境破壊にNo

    舞鶴市民の勝利を福知山へ、全国へ

     

    8月30日(日)午後1時半〜4時45分

    <勝利の報告と「これから」に向けた交流の集い>

     

    報告:「市民の力で危ない事業を止めた!」

       石崎 雄一郎さん(ウータン 森と生活を考える会・事務局長)

    特別報告:

      「勝利の方程式はこれだ」

       森本 隆さん(舞鶴西地区の環境を考える会・代表)

      「運動の経過と私たちが訴えたこと」

       大西 寛治さん(舞鶴西地区の環境を考える会・喜多地区環境保全委員会)

      「三恵観光のパーム油発電所、周辺住民が行動を起こすまで」

       三谷 義臣さん(三恵バイオマス発電所 悪臭騒音推進委員長)

    参加費:500円

    場  所:ひと・まち交流館京都 第4会議室 (3階)

    ※換気と密集回避には十分に注意をしますが、体調や生活上の対人接触の条件等をご自分で判断し、無理のない範囲でご参加ください。

     

    気候変動対策の切り札として、再生可能エネルギーが注目されています。しかし、再生可能とされているバイオマス発電の中には、熱帯林を破壊して莫大な温室効果ガスを排出する原因となる「パーム油発電」が含まれています。パーム油を生産するアブラヤシ農園は熱帯林を破壊し、オランウータンなどの絶滅危惧種の生息地を奪っています。また、農園を作るために、熱帯泥炭地が破壊され、莫大なCO₂が排出されて気候変動にとっても脅威となります。

    日本でもFIT(固定価格買い取り制度)を活用してパーム油発電を事業化する動きが相次いでいますが、すでに操業が始まっている福知山市では周辺住民への悪臭・騒音被害などが報告されています。

    日立造船などの企業がパーム油発電所の建設を計画していた舞鶴市では、住民運動と環境運動団体の連携した反対運動で、計画を中止に追い込みました。重要な勝利です。

    経験を分かち合い、勝利を全国に広げていくために、ぜひご参加を!

     

    主催:舞鶴の勝利報告8・30交流会実行委員会

       連絡先:グローバルジャスティス研究会(080-2742-2590)

    協賛:ウータン 森と生活を考える会

     

    ひと・まち交流館京都

       <京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1>

       (河原町五条下る東側)

    ★電車: 京阪清水五条駅下車8分  地下鉄烏丸線五条駅下車10分

    ★バス: 市バス4・17・205号系統「河原町正面」下車


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.02 Friday
      • -
      • 00:34
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2020/08/06 8:34 PM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2020/08/06 4:22 AM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2020/08/06 4:11 AM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2020/08/06 2:41 AM
      コメントする