calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29院内集会へ

0

    東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
    [転送・転載歓迎/重複失礼]

    私も参加している集団的自衛権問題研究会が院内集会を開くことになりま
    した。菅政権が「次の政権を拘束しない」はずの"安倍談話"をさっそく継
    承して、年末までに「敵基地攻撃能力」保有を含む新方針をまとめること
    を表明した中、タイムリーな集会になるかと思います。市民と議員のご参
    加、そしてメディアのご取材を呼びかけます。

    -------------------------------

    [転送・転載歓迎]

    ◆〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29院内集会
    https://kosugihara.exblog.jp/240585369/

     憲法の平和主義が、さらに大きく侵害されようとしています。
     安倍政権から菅政権に引き継がれた「敵基地攻撃能力」の保有という
    政策は、「撃たれる前に撃つ」という先制攻撃を正当化しかねない、き
    わめてリスクの多い選択です。
     「敵」の基地をいかに攻撃するか、という議論ではなく、いかに「敵」
    をつくらず東アジアを平和で安定した地域にするか、そのオルタナティ
    ブを検討する院内集会を開催します。ご参加ください。

    日時:9月29日(火)13時(12時30分開場)〜14時40分

    場所:衆議院第1議員会館1階 多目的ホール(国会議事堂前駅、永田町駅)

    ※ 当日は議員会館入口付近で12時15分より通行証を配布します(先着順)
    ※ 感染拡大防止のため会場定員の半分(100人)に入場者を制限します。

    参加費:無料

    <発言>
    ・オンライン講演:松井芳郎(名古屋大学名誉教授)
     「国際法から〈敵基地攻撃〉の違法性を問う」

    ・川崎 哲(ICAN国際運営委員/ピースボート共同代表)
     「東アジアの軍縮と安定に向けたオルタナティブ」

    ・猿田佐世(新外交イニシアティブ[ND]代表)
     「『米中対立』の狭間における日本のとるべき道は」

    ・杉原浩司(武器取引反対ネットワーク[NAJAT]代表)
     「予想される導入計画とその危険性」

    ・国会議員から

    ※ 感染拡大防止のため、体調の悪い方は参加をお控えください。
    ※ 後日、集会内容は映像により配信する予定です。

    主催/集団的自衛権問題研究会
    [今回連絡先]090-4120-4431(神子島)
    shudantekijieiken@gmail.com
    Twitter : https://twitter.com/shumonken
    Facebook: https://www.facebook.com/shumonken

    ※集団的自衛権問題研究会(川崎哲代表)
    安保関連法の問題を契機に、NGO関係者、メディア関係者、研究者などを
    メンバーとして活動を開始。定例の研究会活動のほか、提言の公表やシン
    ポジウムなどを開催。『世界』2020年10月号(岩波書店)に「緊急提言:
    敵基地攻撃能力ではなく、北東アジアの軍縮協議を」を発表。
    https://kawasakiakira.net/2020/09/11/sekai202010/


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.30 Friday
      • -
      • 23:10
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2020/09/19 1:32 PM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2020/09/19 7:46 AM
      管理者の承認待ちコメントです。
      • -
      • 2020/09/19 4:17 AM
      コメントする