calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

文化放送ラジオ くにまるジャパン極(2020/9/21) 大谷昭宏 菅新内閣発足とジャパンライフ逮捕を語る、安倍政権で政治の清潔さがなくなったのが最大の問題、疑惑を残す政権は許されない、性犯罪と薬物犯罪の構成を考える

0

    永岡です、文化放送ラジオの、くにまるジャパン極、月曜日のコメンテイターはジャーナリストの大谷昭宏さんでした。今週も大阪から電話出演です。野村邦丸さんの司会、西川文野さんがパートナーでした。

    ツイッターでは#橋下徹をテレビに出すながトレンド入りしていました(橋下氏は日曜朝のフジテレビ他に多数出て、まさに大阪のゲッペルス…と言うと、ゲッペルスは風俗勧めないと怒るかな?)。

     

    深読みジャパン、予想通り菅内閣発足とジャパンライフ14人逮捕がテーマ、菅内閣支持74%、歴代3位、読売新聞の記事、大平内閣以降では小泉内閣、鳩山内閣に続くもの、不支持率は14%、菅氏を評価するは63%、河野氏は縦割り110番を中止、予想以上の投稿、大谷さん、過去に仕事師内閣もあったが、支持率にビックリ、共同通信でも64%、朝日でも67%、ビックリするほど支持率が高く、それからしたら、ご祝儀相場でも高く、コントのザ・ニュースペーパー、朝日新聞さん、最後に忖度ありがとう(笑)。菅氏の高支持率は、共同通信ではモリカケ桜を再調査しろがあるのに、読売には質問項目にそれがないのは問題、安倍政権の問題は解決しておらず、読売には問題。

    高支持率の背景について、大谷さんは国民の期待は何か、コロナ対策を国民は求めて、安倍氏は辞めて靖国神社参拝、国家観は安倍氏にあったが、菅氏は目の前の仕事を片付けるもの、つかみどころのない国家観より経済、景気対策を国民が求めていると説かれて、邦丸さん、安倍氏はビジョンを示し、菅氏は目の前のものを粛々とするというものの、河野氏の縦割り110番がパンクしたもので、内閣の中で内閣人事局を作った張本人は菅氏、官僚を政治がリードするものを作り、デジタル庁も作ったが、大谷さん、縦割り110番は見通し立たず、漠然として、それで一気に3000件来て、実務型というなら、保健所にコロナで電話して繋がらないのを何とかすべき、安倍氏の言っていた目詰まり解消が必須。邦丸さん、この番組に出た看護師さんも事務処理が大変と証言したものではあり、菅氏は総務大臣をして総務省は熟知、安倍氏は経産省関係と説かれて、大谷さん、コロナ問題、東京都で保健所はファックスを2020年でもやって、看護師さんは事務で大変、デジタル化したら共通メールで行けるが、省庁のあいだで齟齬があったらダメ。邦丸さん、週末のワイドショーで菅氏が持ち上げられて、閣僚の記者会見が深夜なのが問題になった、田村厚労大臣が翌日にしろといい、デジタルについて、大谷さん、閣僚との連携、河野氏は官房長官ではなかった、石破派から田村氏、菅色は出て、しかし8人横滑り、支持率の高さの読売新聞で、麻生氏の再任は53%が評価しない、内閣支持率と逆転して、6割が麻生氏に批判的、必ずしもこの人事を国民が評価しているわけではなく、まだ発足したばかりの菅内閣はチェックすべき。

     

    ジャパンライフ会長逮捕、会長は安倍氏の推薦枠で桜を見る会に招待された件で、立憲民主党は追及、招待状が2000億の詐欺のきっかけ、共産党田村氏もこの件で追及、総理の招待の60番でジャパンライフは招待されて、被害総額は2000億+広告塔に著名人、桜を見る会が悪用された、大谷さん、酷い話、安倍氏も菅氏も利用されただけというのは通じない、被害者はその写真を見て信用して、政治家の承諾は関係ない=誰でも行けるわけではない桜を見る会に招かれて安倍氏と写真を撮った罪は重く、こんな総理主宰の回になぜジャパンライフが招待されたか、安倍氏は説明責任があり、責任者の処分は必須、逃げることは許されない。

    邦丸さん、ジャパンライフ会長は国会にも呼ばれて問題になり、しかしその後も桜を見る会に招待されたのは、誰が最高責任者か問題と説かれて、森友事件に関して、昭恵氏の関与があり、誰がいつ何時話していたか、安倍氏のスキャンダルより、繰り返さないため大切と説かれて、大谷さん、安倍政権はモリカケ桜、近いものを優遇して、犯罪と規定できない要素もあるが、ジャパンライフは莫大な被害を出して、安倍氏には責任がある。

    邦丸さん、菅氏、加藤氏はモリカケ桜を再調査しない、菅氏は月見草、野村克也氏みたいなものだと説かれて、身体検査しないのかと説かれて、大谷さん「安倍政権で政治に対する清潔さがなくなったのが最大の問題」、検察庁法のこと、山口敬之氏の伊藤詩織さんレイプで逮捕されず、安倍政権を継ぐことで、悪い言葉でいえば胡散臭いものが続き、それを払しょくしないと民主主義は破綻する。ジャパンライフについて、安倍氏は辞任、桜を見る会は、菅氏も予算をつけないと言った翌日に逮捕、これは政権に影響を与えないスケジュールと見られて、ジャパンライフはブラック、警視庁のガサ入れは2017年、捜査に時間がかかるとしても、なぜ菅政権が桜をやらないと言った翌日の逮捕は、偶然とは言い切れず、「疑惑を残す政権ではあってはならない」

     

    すべての都道府県で、児童にわいせつ行為をした教員を懲戒免職、再任できず、官報に載るもの、2018年度にわいせつで282人教員が処分されて、処分されても抜け道があるのは大谷さん問題、愛知県で事件があり、調べてみたら前任地で同じことをして、再び採用されたが、被害者がいて、教師から性的暴行をされたら傷は一生消えず、大人はなぜ防ぎきれなかったか、わいせつ行為をした教師は徹底的に罪を問うべき、熱心な先生が大半だが、40年間リストに載り、基本的に再び教壇にたてない。邦丸さん、わいせつで逮捕、出所してもまた再犯は病気だと説かれて、命を奪った例もあり、薬物もそうだが、簡単ではなく、薬物と性犯罪は刑務所に入れてOKではなく、更生も判決文にはなく、根本的に、刑務所に入れて終わりではなく、薬物と性犯罪は更生のことが問題、塾の先生になる場合もあり、性犯罪の問題は、教師は辞めても社会には出られて問題だと締めくくられました、以上、大谷さんのお話でした。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.30 Friday
      • -
      • 11:05
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする