calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

パレスチナ・ガザ この現実  3/2@大阪・大庄西

0
     

    □■市民社会フォーラム第46回例会■□

      
    パレスチナ・ガザ この現実

    〜幾千万の物語り ―映像と言葉で知る―

        3/2(月)@大阪・本庄西


    ■タイムテーブル
     14:00〜16:00 第1回上映&トーク(開場13:30〜)
     18:30〜20:30 第2回上映&トーク(開場18:00〜)
    ※13:00〜14:00、16:00〜18:30の時間で、カフェも併設しています。

    ■会場 いとへん Books Gallery Coffee
      〒531-0073 大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
      Tel 06-6292-2812 Fax 06-6292-2789
      ・地下鉄谷町線[中崎町駅]2番出口より北へ徒歩10分
      ・地下鉄谷町線・堺筋線・阪急電車[天神橋筋六丁目駅]6番・11番出口より西へ徒歩10分
      ・地下鉄御堂筋線[中津駅]1番出口より東へ徒歩15分・[JR大阪駅]
      ・[阪急梅田駅]より徒歩20分
      ・JR大阪駅南ロータリー市バス34番乗り場[守口車庫行き]より[本庄西二丁目]下車し徒歩5分

    ■参加協力費 500円

    ■上映 「レインボー Rainbow」
    「第14回地球環境映像祭」2006年度アース・ビジョン大賞受賞作品
    (2004年作品/パレスチナ/41分/ビデオ)
    プロデューサー:ラマタン・スタジオ
    監督:アブドゥッサラーム・シャハーダ
    イスラエル侵攻下のガザ。
    その過酷な現実を詩的かつ象徴性豊かな映像で表現し、
    2006年3月、第14回地球環境映像祭でその芸術性が高く評価され、
    アース・ビジョン大賞を受賞。
    占領下で破壊され、奪われ続けるパレスチナの人々の生活と生命。
    その痛み、悲しみをレンズに焼きつけるかのように、カメラはまわる。

    シャハーダ監督からのメッセージ

    ■トーク 「レインボー」の解説とガザの現状
    ゲスト 清末愛砂(きよすえ あいさ)さん
    島根大学男女共同参画推進室講師、アジア女性資料センター運営委員、パレスチナの平和のための関西連絡会共同代表。
    研究分野は、ジェンダー法学(とくに、人身売買禁止法政策)、女性に対する暴力、社会調査法、パレスチナ難民のオーラル・ヒストリー。

    ※お申し込みなしでご参加できます。

    ■主催・お問い合わせ先 市民社会フォーラム
     メール civilesocietyforum@gmail.com

    ■共催 平和の井戸端会議     http://blogs.yahoo.co.jp/yuubokuminn2003

    ■協力  peace mother http://www7a.biglobe.ne.jp/peacemother/
          いとへん Books Gallery Coffee   http://www.skky.info/

    チラシデータ

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    この国は現在麻生太郎首相という実に有能な頭を持ち、中川、中山元大事というすばらしい目や口を 持っていた、しかしマスコミという腐った神経によって間違えた情報が脳や手足(国民)に 間違った情報を流し、その結果国は可笑しな方向に導かれようとしている。 その
    • 雪村総也の不安
    • 2009/03/02 12:56 PM