calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

第1回世界ウラン映画祭(リオ)で、『ウラン238』(劣化ウラン兵器問題ドキュメンタリー)が最優秀短編賞受賞

0

     転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦ください]

                  2011年5月28日
     ブラジルのリオデジャネイロ、5月22〜28日、第1回世界ウラン映画祭が開催されていましたが、短編作品部門で、劣化ウラン兵器問題をテーマとした、コスタリカのドキュメンタリー作品、Uranium 238: Pentagon’s Dirty Pool(『ウラン238—ペンタゴンの汚れたプール』)が最優秀作品賞を受賞しました。なお、長編部門では、フィンランドでの放射性廃棄物の地下貯蔵施設建設問題を取り上げた、デンマークのドキュメンタリー、Into Eternity(『永遠に』)が最優秀作品賞を受賞したとのことです。
     『ウラン238—ペンタゴンの汚れたプール』は、2009年3月、コスタリカで開催された第5回ICBUW国際大会に合わせて作られたものですが、大会初日前夜のレセプションで上映された時も、その出来映えの良さ、アップテンポの迫力に私自身とても強い印象を受けました。(製作は、コスタリカのクウェーカー平和センターで、監督は、大学で哲学を教えているパブロ・オルテガ。ナレーションは英語で、約30分の長さです。)2006年8月、広島で開かれた第3回ICBUW広島大会にも参加したイラク戦争帰還兵のハーバート・リードさんや活動家のダマシオ・ロペスさんなどもインタビューに答えています。
     YouTubeにアップされていますので、ぜひご覧になってみてください。YouTubeには4つにパートに分けてアップされています。
     パート(1)http://bit.ly/3wNuoF パート(2)http://bit.ly/ljCsbc パート(3)http://bit.ly/kjYhdR パート(4)http://bit.ly/j514KT

    なお、今回の受賞を伝えるプレス・リリース(英語)を下記にアップいたしましたので、こちらもご覧ください。
     http://icbuw-hiroshima.org/

    ——「世界ウラン映画祭」について——
     「世界ウラン映画祭」は、ウラン採掘から原発、核兵器、劣化ウラン兵器にまで至る、一連のウラン利用サイクルにともなう放射能汚染問題をテーマとしたドキュメンタリー映画祭で、今回が第1回大会でした。来年も、同じ時期、ブラジルのリオデジャネイロで開催されるようです。今回は、世界各地から応募された作品の中から選ばれた 15の長編作品、19の短編作品が上映されました。
     映画祭ホームページによりますと、核産業の中心地でもあるリオデジャネイロでこうした映画祭を開催することにより、放射能問題についての国際世論を喚起することを目的としています。映画祭は、リオデジャネイロの後、サンパウロなど他の主要都市でも順次開催され、さらには、2012年の「Rio+20 Earth Summit」などにもつながるものとして構想されているようです。ご参考までに。  http://www.uraniumfilmfestival.org/html/english.html

         嘉指信雄
         NO DU ヒロシマ・プロジェクト/ICBUWヒロシマ・オフィス
         http://icbuw-hiroshima.org/
         Twitter: ICBUWJAPAN
               『ウラン兵器なき世界をめざして—ICBUWの挑戦—』(合同出版、2008)


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック