calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

MBSラジオ ネットワーク1・17&ニュースなラヂオ 報道特別番組(2019/3/11) 東日本大震災、福島原発事故8年、今・・・そしてここから

0

    Message body

    永岡です、ニュースなラヂオとネットワーク1・17の共同企画の特番(ニュースなラヂオ第50回、ネット
    ワーク1・17第1166回)、東日本大震災8年の特番が放送されました。ニュースなラヂオの矢野宏さん、加
    藤夏海さんがスタジオで、上田崇順さんもスタジオ、福本晋悟さんは被災地から、千葉猛さんも被災地か
    らです、抜粋で内容書き起こしします。時事通信解説委員長の山田恵資さんもスタジオで参加されまし
    た。
     福本さんは宮城県石巻市から、千葉さんは原発立地の大熊町からリポート、西村愛さんは昨日関西で行
    われた3・11 from KANSAIを取材されました。
     山田さんは、大阪堕負類((c)平松邦夫さん)選挙と永田町を語られます(ちなみに、テレビのワイド
    ショーは3・11の今日もこれを大きく扱い、明日以降これとゴーン氏一色になり震災と原発事故が無視され
    る危惧があります)。
     街頭で、ホームレスの方が販売しているビッグイシュー最新号は9年目のふくしま、アーサー・ビナード
    さんの記事などあり、皆さんぜひお買い上げください。
    https://www.bigissue.jp/backnumber/354/
     西谷さん、新刊の地球の歩き方の紹介を書かれています。
    http://www.jicl.jp/hitokoto/index.html?fbclid=IwAR2vvJnl2GhrXSb-87QMcb9t2yj4qrHg70t77J5YJF2Hx-_
    JgHoNnNuTZ3w
     まず、石巻市からの報告、福本さん、今日の東北は冷たい雨、暴風波浪警報、学校の前、川から500m、
    海+川から津波、6〜7m、最大震度6強、市町村では東日本大震災で最も多くの犠牲者を出した+火事も出
    て校舎は火災、児童は避難して、しかし学校は閉校、震災遺構になり、今日は雨風の強いの中、石巻市で
    追悼行事、がんばろう石巻と表示されて、津波復興公園、甲子園球場10個分、それだけたくさんの人々か
    住んでいて、失われて、グランドなどになるのです。
     校長であった鈴木さん、78年の宮城沖地震を体験、2008年に赴任、2011年に定年の前に震災で、全国児
    童300人のうち、1,2年生は下校、児童たちは高台に避難、保護者もで、鈴木さん、震災前にはどんな訓練
    か、地震+津波対策の訓練、机の下にもぐる→校庭に集まる→避難訓練、訓練を、自分の命を守るために
    真剣にやり、日常の指導を大切にして、廊下を静かに歩く、普段から集会など多く、その際に静かに素早
    く集合、先生の話をしっかり聞く=パニック状態では把握が困難で、平素の備えが必要で、普段できない
    ことを緊急時に出来ない。
     地震は2時46分、突き上げるようなもので、震度6強、放送機器は使えず、先生が大声で、揺れが静まっ
    たら校庭に避難させて、児童は地震の際に授業が終わった1分後、先生の指示通りに行けたもので、普段か
    らの指導が災害時に役立つ。
     グラウンドに避難したら、雪が降り寒く、整列→3時に防災無線が大津波警報→高台目指して移動開始、
    鈴木さんたちの後を、1,2年の子供たちが保護者、地域の方と来て、3〜6年生とともに公園、標高40mに避
    難、訓練でゴールとされていたところより高い、2列で、児童の把握に難しい+住民の避難の妨げにならな
    いように、地震→大津波警報、子供たちは、職員がブルーシートを持ってきて、ブルーシートの端を6年生
    が持って、雪から1年生を守り、寒くて大変で、今までにないもので、不安は、避難後30分で大津波、海面
    を押し上げて、黒い壁になり、防潮堤を超えて家を飲みこみ、家の屋根に火が付いて、それが避難したと
    ころに襲い掛かり、地震発生から1時間、子供たちの様子は、ブルーシートの中にいて、津波の瞬間を見て
    はいないが、鈴木さんも不安で、さらに16m高いところにすぐ移動開始、子供たちは自分たちの家が津波に
    飲まれたのを見てつらかった。
     保護者への子供たちの引き渡しは、56mのところに多くの方が避難して、保護者は全員避難と聞いてここ
    にきて、全員避難と知り、保護者は迎えに来てくれて、訓練と本番の違いは、とっさの判断を求められ
    て、いつもの訓練だけでは掌握できず、子供の不安を見てより高いところに、しかし訓練をしておかない
    と体は動かず、記録映画、3・11を生きて、訓練通りに避難して助かり、教員も訓練通りに避難させた、訓
    練をしていたからより良い避難をできた。
     震災8年、鈴木さん、校庭で子供たちを保護者に引き渡していたら大変なことで、7人なくなり、逃げた
    時は遅く、津波の怖さを子供たちと保護者に伝えていたら、と説かれて、矢野さん、震災8年、失われたも
    のがあり、鈴木さんの得たものをと問われて、鈴木さん、多くの方々、日本国外からも支援をもらい、生
    きる支えになり、ありがたいことだと説かれて、加藤さん、当時の教え子もおおきくなったと問われて、
    鈴木さん、教え子は県外などバラバラになり、学校もなくなり、しかしハガキ、メールで教え子と連絡し
    ているもので、福本さん、関西で南海トラフ地震があり得て、関西へのメッセージ、鈴木さん、東日本大
    震災は6つの震源が連動した超巨大なもので、大きな揺れが来たら、すぐに高台に逃げる、訓練、避難所の
    ことを知る、鈴木さん、神戸、阪神淡路大震災からも学んだ、東北からも学んでほしいと、過去の歴史か
    ら未来の防災にと説かれて、鈴木さんは定年退職後も防災で講演されて、伝えるのは東日本大震災に被災
    したものの使命と締めくくられました。
     福本さん、2011年に焼けた校舎を見て、全員避難と理解できず、日常からの訓練は大切+石巻を取材し
    て、うまくいかなかったケースだけでなく、成功した例があり、失敗から学ぶものと、良い面を知り、防
    災になると説かれました、以上、福本さんの報告でした。

     続いて、西村さんのリポート、関西から東日本大震災を考える、大阪梅田スカイビル、復興支援イベン
    ト、お子さん連れのもので、小学生以上対象のワークショップ、防災体験ワークショップ、非常用持ち出
    し袋を考えるもので、分かったつもりを学び直す、阪神淡路大震災を経験した関西で、8年目、東北応援イ
    ベント、岩手、宮城、福島からゲストを招いて、関西は去年大阪北部地震+西日本豪雨災害+台風ラッ
    シュ、矢野さん、防災グッズはそろわず、山田さん、地震+津波+原発事故と説かれて、西村さん、ゲス
    トの話→関西の防災のディスカッション、200人近く参加、関西だけでなく、神奈川県からも来られて、震
    災被災地の商品も並べられて、関西の福祉事業所の製品、青森のリンゴジュースもあった。
     メイン会場の講演会、子供たちの先生、復興支援をする人もあり、仙台大学の久野さん、震災当時は小
    学校の校長で、仙台には帰宅困難者で学校に人が溢れて、仙台駅近くの学校、山田さん、仙台駅は開発
    で、人の動きが複雑で避難するのが困難、至る所で工事、仙台は地下街がなく、震災で地下道が必要、寒
    いと大切、震災の日は特に寒い、西村さん、観光客ではホテルを追い出された人もあり、交番で教えても
    らった指定避難場所が学校であり、つつじヶ丘小学校に来た帰宅困難者は8〜9割、防災訓練をしていた人
    たちも来て、久野さんたち入る余地なし、駅に近く、帰宅困難者であふれると予想されず、指定避難場所
    +交番勤務の方もここを指定して、駅の担当者もこの学校を紹介、予想以上の人が集まり、つつじヶ丘小
    学校は地域の方と防災訓練して、地域の方は顔見知り、しかし帰宅困難者は顔見知りでなく、地域の方が
    入れない。
     西村さん、避難所の写真は満員電車+停電で真っ暗、一人当たり三角座りがやっと、エコノミー症候群
    が懸念された+学校に入りきらず、近くのお寺に誘導して、妊婦さんたちを避難させられて、まだまだ大
    変、3・11の夕食は出せない、学校の備蓄の3倍は必要で、乾パンなど集めようと、夜中走り回り3080食集
    めて、避難所の収容人数の3倍、アルファ米+乾パン、アルファ米は水だと戻すのに3時間、食べ物を求め
    る方に何とか配慮、帰宅困難者はこれしか出せないのかと罵声もあり、それほど大変、そんな中で、児童
    の一言、出来ることないですか→食事提供のお手伝い、子供が、高学年の子供が協力して、罵声は消え
    て、子供たちが被災者を癒し、これは関西でもこれから起きる災害対策になり、帰宅困難者対策を考慮し
    ようと、仙台市の駅周囲で、帰宅困難者は指定避難場所に誘導しないと決まるまで7年かかり、しかし大阪
    はもっと人がいる、去年は地震、台風で電車が止まり、南海トラフ地震は146万人大阪で帰宅困難者が出
    る。
     帰宅困難者対策、ダイバーシティの田村さん、大阪府の南海トラフ地震対策の方で、帰宅困難者は勤め
    人だと事業所に留まるべき、しかし小さい子供のいる場合などあり、とどまる場所のない、観光客など、
    駅などに取り残されたもので、帰宅困難者用の避難所を作らないといけないが、大阪では事前に公表せ
    ず、予め公表したら殺到するもので、仙台は7年経ちマニュアルも出来て、想定の100%収容可能、大阪は
    梅田、難波、天王寺でどうするか?去年9月の北海道大地震、夜中でも、観光客があぶれて、札幌市は観光
    客2700人を急遽決断してOKであり、大阪にも観光客は多く、自治体で外国人向けの避難所のあるところ
    は全国で奈良県だけ!広域で考えるべき帰宅困難者、行政だけでは限界があると田村さん説かれて、共
    助、公的なサポートを決めるべき、事業所で災害時のネットワークを作るべき、企業では工場に体育館が
    あり、避難所に指定していないが、役に立ち、顔の見える関係が大事、企業も行政任せではない、顔の見
    える環形が大事で、分かったつもりを学び直す、阪神淡路大震災を経ているから、ではない、大阪北部地
    震、台風ラッシュで皆さんどうか?スマホも普及して、その場その場で防災の状況をアップデートすべき
    と西村さん締めくくられました。

     リスナーより、1・17と3・11は家族で防災グッズを点検との声がありました。山田さん、防災グッズは
    揃えられて、食べ物は賞味期限切れをフォローする、仙台ではトイレが大変、これは手厚くしないと、水
    が出ないとトイレは困り、仙台で大変ではあったのです。

     千葉さん、福島県大熊町からのリポート、広野町、福島原発23km、駅近くの集合住宅にいて、数字パネ
    ルがあり、0.06マイクロシーベルト/時間と放射線量を示すモニタリングポストが各地にあり、0.06は大
    阪より低く、3km先にJビレッジがあり、事故対策のところになり、今はスポーツ施設に戻り、福島では震
    災8年も戻れないところがあり、福島原発は大熊町と双葉町にまたがり、震災追悼式もあり、大熊町では
    135人、関連死を含めて亡くなり、8年の今も全町民避難であり、11000人の町民は福島県内、県外に避難、
    双葉町も同様で、遺族はほとんどが町議会議員などの方、福島県は国道6号線があり、広野町〜楢葉町〜大
    熊町、双葉町〜浪江町〜南相馬市と浜通り、千葉さん車で走り、この先帰還困難区域と出てきて、避難指
    示区域でも線量最悪、本来通行禁止、その中を許可を得て走るものの、駐車、停車禁止、車のみ通れる、
    外に出たらダメ、四輪車のみ、二輪車、徒歩は線量が高くダメ、四輪車は鉄板にさえぎられて、バリケー
    ド+警備員(防護服)の場所もあり、周囲の店舗は震災当時そのまま、帰還困難区域の国道6号の線量は2.
    138マイクロシーベルト、大阪の70倍、測定する地点で異なり、しかし帰還困難区域は線量が高いものの、
    放射線は見えず、怖さが分からず、千葉さん放射線を浴びても痛くもかゆくもない。
     千葉さん、国道6号以外にも通過の許された道路があり、表示、ここから帰還困難区域とあり、千葉さん
    取材していたら、パトカーが来て、警官が来て質問、怪しい人だと思われて(笑)、MBSの記者と説
    明、千葉さん、レンタカーにいたので、不審者と思われて、しかし立て札がたくさんあり、どこから立ち
    入り禁止か分かりにくく、警官も車から降りたが、降りたらダメ、自由に歩けない区間が、8年経ってもあ
    る。
     福島事故で12の市町村、8万人に避難指示、帰還困難区域→居住制限区域などあり、避難指示は解除され
    たところもあるが、大熊町は全町避難、来月解除のところもあるが、原発事故までは人口の少ないとこ
    ろ、復興拠点としてニュータウンを作り、町役場を作り、公営住宅を作る、東電の社員寮もあり、今も役
    場の連絡事務所もあり、しかしどこまで入っていいか、はっきりせず、ゲートが多数あり、将来的には大
    熊町、帰還者1000人、新しく2000人来てほしいとの計画で、国と大熊町、福島県で住民説明会があり、今
    は住む場所がバラバラの住民が各地から50人集まり、帰還後の医療機関、8年で増えたイノシシ対策、移染
    の質問もあり、大雨で大変ではあり、帰れると言っても心配だらけ、目に見えない線量のチェックが必要
    で、線量は下がっても、農家は農業を始めるのに、ため池、田んぼの移染をしてもらえるか、栄養分の高
    い土はなくなり、ボロボロの土etc課題山積、父親が住んでいた山小屋に住みたいが、移染してくれるか、
    山の中は移染されず、民家、農地から20m以上離れた山は移染しない→そこからまた汚染、国、大熊町は移
    染の効果で線量はさがるというものの、高さ1mで測るのと、地上1cmと数値は異なり、ホットスポットを移
    染しないといけない、1時間以内の被ばく線量を図れる線量計を貸与、食べ物は町役場で放射能を測定す
    る。
     住民は帰りたい、しかし条件が…電気も下水道も復旧していないもので、千葉さんもため息、生活もあ
    り、難しい、去年国と復興庁の、住民意向調査、大熊町に戻りたいは12%、6割は戻らない、国は帰るか帰
    らないかは住民の選択というものの、大熊町で防犯パトロールしている人たちもいて、若者にさせられな
    い、年配者の男性たち、リーダーの鈴木さん、春から避難指示解除はうれしく、戻りたい人の戻れる環境
    を作り、ゼロからのスタート、国に言いたいことは、帰還困難区域での移染計画がなく、町民の要求、
    20km圏内は国が責任を持つと言うのを守ってほしい、国は約束を今守らず、いつ果たしてくれるのか、5年
    後か、10年後か、鈴木さんたちの死んだあとか、であり、そしてコミュニティ復活も大変で、千葉さん、
    鈴木さんの言う通り、国は責任を持ってやるべき、国はしっかりと町民のためにやってほしい、避難指示
    解除は20ミリシーベルト以下になるのが確実のところであり、しかし20ミリは高すぎるという声もあり、1
    ミリまで移染しろとの声があり、住民が安心できるように、出来ることは国が何でもやるべきで、千葉さ
    ん、原発事故8年で、人の住めないところがたくさんあり、原発事故の被害の大きさを千葉さん実感され
    て、締めくくられました。

     そして、維新の自爆テロ、堕負類選挙について、山田さんの解説、永田町から見たもの、大阪堕負類選
    は、単なる大阪の市長、知事選に留まらず、展開次第では政局になり、永田町では話題、維新は安倍政権
    の補完勢力で、公明党は安倍政権の与党、安倍政権にとって、補完勢力vs連立相手+単なる衝突ではな
    く、維新は敗北したら、特に知事選で負けたら、維新は補完勢力でなくなる=憲法改悪は安倍総理できな
    くなり、両者の戦いは大変。
     野党は、憲法改悪を潰すために、維新潰しになり、小西氏が知事選に出るが、自民党は支援し、公明党
    も支持するが、野党、立憲民主党、共産党はどうするか?今まで維新は、関西では力を持っていた→橋下
    氏が引退で勢力は衰退、安倍政権の看板政策の憲法改悪で大変。
     矢野さん、自民党の中で、安倍官邸と二階氏の齟齬を問われて、辰巳さんを口説いたのが二階氏と問わ
    れて、山田さん、菅氏はこれを避けたい、二階氏は公明党を取り、二階氏は東京都の小池氏を来年の知事
    選で支援と連動して、どちらも公明党への助け舟、都知事選で対立候補だと、公明党は大変で、他方菅氏
    も公明党の関係は強いが、維新は、参院選で、自公の過半数がとれても、憲法改悪には2/3のために維新は
    必須になり、出来たら維新と公明党に仲良くしてほしい、しかし二階氏は憲法改悪は熱心ではなく、二階
    氏と安倍氏は戦略的互恵関係、二階氏は幹事長を維持したく、これは二階氏と菅氏の違い。
     矢野さん、二階氏は民主党の細野氏を入れて、違うと説かれて、山田さん、二階氏は派閥のトップでも
    総理を目指さず、しかし二階氏が幹事長をやめたら、政権には大変で、二階氏は力の源泉で、存在感を示
    し、二階氏を親分として、しかし安倍氏と二階氏の対立もあり得て、永田町のドタバタ劇、しかし、安倍
    政権は石破氏との闘いで、石破氏は地方で善戦して、石破氏を地方が応援して、派閥で安倍氏は勝てた、
    安倍氏は圧勝したかった、勝てたのは国会議員、派閥の功績で、半年前、石破氏はもっとやれたという意
    見で、安倍氏はあそこで完膚なきまでに石破氏を潰せなかつたことが残っている。
     矢野さん、公明党は2015年の住民投票を賛成して、土壇場で維新にすり寄らないかと問われて、山田さ
    ん、維新は橋下氏がいて強く、維新が公明党と上から目線、しかし今は公明党では維新が強くないと見
    て、山田さん、国会議員でない公明党の長老に聞いて、公明党は維新にすり寄らず、府議会も市議会も維
    新のみで単独過半数は無理、小選挙区で維新は譲り、しかし、次の選挙では譲られなくても公明党は勝
    つ、チキンレース、公明党が強くなったというより、維新が弱くなり、松井氏、吉村氏の自爆テロ。
     矢野さん、辰巳さんの擁立失敗を問われて、山田さん、もう少し早かったら異なり、辰巳さんは政治へ
    の関心はあり、もし任期満了で11月の選挙なら辰巳さんは出ていたはずで、自民党は出遅れて、辰巳さん
    家族の反対もあったが、そこに自民党は手を打てず、自民党の幹部のリーダーシップに問題で、二階氏に
    頼む、二階氏は古狸(笑)、自民党の府連の体制、官邸と仲が悪い。
     矢野さん、小西氏擁立、投票まで1か月なく、知名度、反維新でまとまれるかと問われて、山田さん、小
    西氏は知名度は少ないものの、話題になり、そのハンディは減り、維新を信任するかどうかだと知名度は
    関係なく、参院選だと、投票箱まで名前を知らない、総裁が誰とかで、今回も話題になり、徒抗争賛成か
    反対か、維新を認めるか、小西氏は維新でいいかと問う選挙戦になり、知名度のハンディは小さくなる。
     堕負類選と統一地方選、参院選への影響は、維新が勝つと勢いづく、官邸にはOK、しかし維新が負け
    たら、安倍氏の一丁目一番地の憲法改悪は遠のき、安倍氏は自公+補完勢力で2/3としたい、すると安倍氏
    の四選論もある、山田さん、衆院選とのダブルは難しく、堕負類選は安倍氏の任期にも関わる。
     矢野さん、官邸は応援するかと問われて、山田さん、そうしたら公明党を敵に回し、やったらエライこ
    と、党の幹部がどうか、二階氏の動きがどうかと締めくくられました。

     3・11特番、西村さんはこの後深夜のアドリブラジオを担当することになり、関西と東北をつなぐ歌をし
    ます。
     リスナーより、自治会長、災害報道で災害時のことを考えるとあり、山田さん、震災8年は語り継ぐ、地
    震、す具に逃げるものと説かれました、矢野さん、行方不明2500人、津波被害の甚大さを示す+原発事故
    と締めくくられました、以上、報道特別番組でした。

    和歌山放送ラジオ ボックス(2019/3/9) 伊藤宏 東日本大震災、福島原発事故8年、核事故は全てを破壊する!被災者を助けず何がオリンピックか!政治の私物化への警告を語る

    0

      永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学の伊藤宏
      さん(新聞うずみ火スタッフ)でした。司会は赤井ゆかりアナウンサーでした。

       3月23日、沖縄辺野古県民投票を実行された元山仁士郎さんが鶴橋に来られます、click&clack
      http://click-clack.co/?fbclid=IwAR1xNpEq7nuGh_ThuabFbxbe3uB9nfbyz8ib3NuwuARhe9OT_i0SwOGyldY
       )2階、14時〜17時、定員33人、参加費&ドリンク1500円、参加希望の方は3月20日までに、
      info.ref.jp@gmail.com に連絡してください,事前に申し込みなしだと参加できないそうです。

       伊藤先生の脳にきくニュース、今週は3・11も近く、テレビ、新聞は東日本大震災、福島原発事故報道に
      なるが、被災地は8年経ってもまだ避難生活、他の地震と異なり、原発事故が重なり復興も行かない、阪神
      淡路大震災とも異なり、人が帰れない、伊藤さん、ニュースに接するときに数字の見方を考えてほしい、
      発災当時33万人の避難者は52000人、避難者は減っていると見られるが、岩手、宮城、福島が被災して、9
      年目でもプレハブ仮設住宅に1300人残り、1300人という数字について、一人一人のことを考えないとなら
      ず、詳細は分からなくても、東北で良かったという政治家もいたが、被災者は人生が狂い、震災関連死、
      避難所を転々とした、6割近くは心身に影響があり、避難、移住で地域との交流がなくなり、生きる目標が
      ない、避難先で大病を患い、人生の最後は自宅で過ごしたいとしても、避難というものは、生活をすべて
      根こそぎ変えてしまい、そういうことを強いられて、さらに一時的な避難ではない、原発事故のためで、
      それらを、報道に接する中でも一人一人の思いを知ってほしい。伊藤さん、東北に行きたいとしてもなか
      なかいけず、被災地、避難者を取材したくてもできず、報道に頼らないといけないが、ニュースで、被災
      者のこと、福島県は帰還しているというものの、移染で汚染度がたくさん出て、中間貯蔵施設もまだ
      17%、自宅、田畑に汚染土が野ざらしで住民は生活を強いられて、核事故の過酷さ、8年経ってもここまで
      であり、最終処分を福島でする=福島の人たちは完全に故郷を追われる、オリンピックと喧伝されるが、
      東北の被災地はオリンピックどころではないと伊藤さん強調されました。

       さらに、被災者の方に対する支援はどんな形か、甚だ不十分、原発事故救済はほとんど進まず、東電と
      被災者の話し合いで、指針では和解案を東電は拒否、指針は地元では実態に合わず、お見舞い金ではな
      い、生活そのものを奪われているのに東電は不誠実、お金で解決できることではない、東電も国もどこま
      で当事者意識を持つのか?
       8年経ち、原発事故について風化が懸念されて、日本全国で3・11を遠いことと思ってしまう、風化で、
      避難者への家賃補助が打ち切られて、北海道でも3月まで、財政が厳しい+福島県では自主避難者への支援
      打ち切り、しかし、1500人以上北海道にいて、路頭に迷う、熊本地震も、頻発する災害もそうで、被災者
      への取り組みに国は不誠実、当事者に対する思いやりがなく、被災者は泣き寝入りさせられて、和歌山も
      南海トラフ地震、台風で他人事ではない、道路を作ることや、オリンピックより、被災者をもっと助ける
      ためにこの国は動くべきと説かれました。

       リスナーより、大阪徒抗争について、維新のため、府民、市民を置き去りにしていると指摘があり、伊
      藤さん大阪府民、東日本大震災8年でも政治の話は多く、維新のために選挙はお金の浪費、出直し選挙は、
      クロスだと任期を伸ばせて、政治の私物化、しかし徒抗争は住民投票で否決されて、辺野古県民投票も同
      じ、住民投票を政治家は無視して、しかし選挙だと維新は当選してしまい、政策はどんなものでも一長一
      短があり、徒抗争は論議してから、結論に従い最善を尽くすべきなのに、維新は意地でやっている面もあ
      り、松井氏、吉村氏の維新にとって徒抗争は目玉、しかし国会も、また安倍氏は失言、法の支配の反対を
      知らず、これが一国の首相か?安倍氏は法学部を出て、伊藤さんもちろん習ったことは覚えていて、法の
      支配の反対語が分からない=法の支配を知らない、大阪クロス選挙、安倍総理のことも、政治の歯車が
      狂ったではなく、破綻しており、赤井さんロシアと同じと説かれて、伊藤さん、まさにその通り、それに
      対して有権者はどうすべきか?
       今、災害も続出して、防災に対して政治が何をすべきか?伊藤さん、この瞬間地震が来たら?伊藤さ
      ん、外出先でトイレは大切で、今この場でライフライン壊滅で、トイレはどうするか?そういうことに
      もっと配慮して、政治家は政治屋になり下がり、伊藤さんは海抜ゼロメートルのところにいて、堤防を超
      えたら一巻の終わり、災害対策は周囲になく、避難所があるのみ、それだけで徒抗争はおかしい、政治に
      余力がないなら徒抗争などもすべきでないと締めくくられました、以上、伊藤さんのお話でした。

       


      ABCラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2019/3/9) 谷口真由美 大阪徒抗争のための堕負類選挙の愚劣さを語る、青木理さんとともに、辺野古県民投票を語る、ウチナンチュに嫌なものを押し付けて繁栄を享受するヤマトンチュの醜悪さを告発する!

      0

        body

        永岡です、ABCラジオの、伊藤史隆のラジオノオト、シーズン2、金曜日のレギュラーは大阪国際大学
        の谷口真由美さんでした。…で、テレビ、たった数時間前はゴーン氏保釈&変装ばかりが、今や関西ロー
        カルどころかNHKテレビ、ラジオも維新の自爆テロばかり、おかげで関西テレビでの神戸の長田特集が
        なくなり、このまま、3・11も消えないことを望みます(1・17は稀勢の里引退で消えました!)、平松邦
        夫さんの指摘される、ダブル選ではなく堕負類選という表現を以後使います。
         松井氏、吉村氏の辞任と堕負類選挙について、谷口さん気になる、谷口さん記憶力はよく、友人によく
        覚えていると言われるが、2015年の徒抗争の際は、維新はワンチャンス、1回だけチャンスくれ=子供のい
        う「一生のお願い」であり、みんな悩んで投票した→維新の公約だからと、住民投票というのはちょっと
        待って、シングルイシューで、一回こっきりの住民投票をして、その後当選したからと、徒抗争OKでは
        ないし、大阪は平和でみんな暮らしていて、「一体何時間徒抗争にかけているか」、税金の浪費&大阪に
        は課題がたくさん、G20と万博があるのに、なぜこだわる?二重行政は市民、府民の優先順位は低く、維
        新の個人的な思惑でやり、大阪の課題を置いてこんな選挙はおかしい、松井氏、橋下氏はワンチャンスと
        言っていたのは何か?谷口さんがずれているのか?維新がずれているのか?他にも多数の課題があり、史
        隆さん、統一地方選もあり、記者会見は聞いていないものの、徒抗争で課題解決と維新は言うが、選挙で
        有権者も問われている、谷口さん、維新の対抗馬は誰か?徒抗争の賛否だけで知事、市長を変えていいの
        か?選挙に何でもやるのは問題と説かれました。
         なお、ABCテレビのキャストでは、堕負類選挙について街頭で聞いたら、反対57と賛成43、しかし、
        徒抗争は逆に賛成58、反対42でした。コメンテイターの青木理さん、官邸は、維新を応援したいものの、
        大阪の自民を敵に回す危惧&連立の公明党の関係悪化をおちょくられました(笑)。
         ちなみに、赤旗日曜版3/10、安倍政権批判が冴えて、赤川次郎さん、江戸時代の武士のアホラシさは今
        の日本に通じると語られて、福島原発事故8年の記事、東電の身勝手さを見事に報じて、紙面も冴えていま
        す。
        https://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/
         …以下の青木さん、谷口さんのお話、頭に来ると思いますが読んでください、心臓に悪い話ですが、し
        かし安倍晋三はもっと悪いのです!

         谷口真由美の一言よろしい??ではなく、青木理の一言よろしい??青木さん、キャストに続いて出ら
        れて、交通費もかからない(笑)、青木さんは共同通信→2006年にフリーランス、情報隠蔽国家、安倍三
        代、岸→晋太郎ではなく、谷口さんと、この時期は沖縄と説かれて、沖縄県民投票、前と後に取材、青木
        さん当日行かれて、史隆さんも行かれて、青木さん、2/23日に入り、デニー知事に取材→24日トンボ帰
        り、サンデー毎日の取材とデイ・キャッチ、今出ているサンデー毎日に記事はあり、県民投票、青木さ
        ん、サンデー毎日に書いて、玉城氏、元山さんを取材、5つの市町村が不参加でハンスト、青木さん、沖縄
        をここまでヤマトンチュは追いつめた、投票率52%、得票数>自民党、共同の出口調査で、立憲、共産党
        支持は100%反対、自公の支持者でも反対が多く、賛成が多かった市町村はなく、辺野古埋め立ての安倍政
        権のゴリ押しで、どこでも反対、反対票=43万>玉城氏、翁長さんの得票数、安倍政権が地位協定などで
        交渉するとしても、玉城氏には、自分の得票数より辺野古反対が多く、ヤマトンチュは沖縄をここまで追
        いつめて、安倍政権はゴリ押しするか自滅するか、青木さん、政権に近いジャーナリストから、青木さ
        ん、玉城氏に交渉の余地はないか?=安倍政権でどないかしてほしいと思っているのでそうしたが、青木
        さん、県民投票で追いつめて、そんな余地あるかと一蹴されて、岩屋氏は、沖縄には沖縄の民主主義があ
        り、ヤマトンチュには本土の民主主義があると抜かし、谷口さん、琉球新報に、ならウチナンチュの民主
        主義を尊重しろ、安倍政権は沖縄差別であり、安倍政権の沖縄差別の象徴、投票後もダンプが蹂躙して、
        投票しなかった人のことを問われて、青木さん、全員を取材したわけではないが、青木さんの取材なら、
        どうせ作られるなら仕方ないという人が2人、青木さん、以前に辺野古で取材されて、辺野古で賛成、容認
        という議員、商店では、「賛成は一人もいない、どうせ作られるなら、名護は開発が遅れて、下水道など
        条件闘争する」=積極的な賛成者はゼロ。
         青木さん、民主主義を守るのかという議論の前に、辺野古に作れない、百歩譲り、物理的に可能ならと
        もかく、軟弱地盤は90mで、人間の手で改良は不可能、前例なし、世界で90mに杭で改良した前例なし+作
        業船なし、最新の土木技術でやったとして、砂の杭7万本以上、東京ドーム5杯、費用は沖縄県の資産で2.5
        兆円、これは水深70mでの資産=工期、時間はそれより大きくなり、玉城知事はOKと絶対言えず、設計変
        更が必要、つまり玉城知事の時代は工事不可能、やったとして、20年かかる=地域の安全保障激変。
         史隆さん、子供が考えても無理なのに、県民投票の直後からなぜやるのかと問われて、青木さんの推
        測、玉城知事の推測は、アメリカへのアピール&沖縄県民にあきらめろ、防衛省はもう止められず、今仮
        にやめるなら、アメリカと在日米軍と話し合わないとアカン→トランプ氏は在日米軍は引き上げると言い
        かねない=怖くて安倍氏は言えない=血を吐きながら続ける悲しいマラソンをするしかなく、谷口さん、
        トランプ氏だから、沖縄から在日米軍撤退の可能性があり、ウチナンチュはそれを考える人もあり、安倍
        政権は日本の安全保障を考えなおさざるを得なくなる。
         青木さん、戦後の公共事業の大失敗は成田空港、学生運動の時代に、地元の農民を説得せず、計画から
        半世紀で、滑走路3つの予定が1つだけ、「地元住民を説得しない公共事業は破綻する」、長崎の諫早湾も
        そう、在日米軍も分かっている+物理的に無理、安倍政権はフェイク質問と、望月さんを恫喝しても、青
        木さん。現地に赤土が残骸のように残される+数千億のお金をどぶに捨てる=日本破綻、これを真剣に考
        えるべき、残骸の何兆円は国民の税金を、アメリカの顔色を伺い捨てていいのか?
         青木さん、辺野古でダイビングされて、テレビの取材、高所恐怖症で青木さん怖く(笑)、しかし透明
        ではなく、なぜか?上流にマングローブ林があり、生物たくさん、栄養→サンゴ礁+ジュゴン、世界でも
        稀な環境で、しかし、物理的に埋め立て無理なものをやるのは、人類史に残る愚行と説かれて、史隆さ
        ん、普天間基地返還のタイムリミットが来ており、しかし沖縄が話し合わないからアカンとすり替え、谷
        口さん、前提条件が変わっても5年で返還しないといけない、前提が変わったのは安倍政権、青木さん、普
        天間の危険性除去には最低でも13年かかり、その間は処置なし、ウチナンチュは、県民投票は酷、辺野古
        代替の辺野古埋め立てとして、普天間、辺野古の住民に投票させるのは苛酷、ウチナンチュにあまりに過
        酷であり、史隆さん、現実には安全保障があると説かれて、青木さんヤマトンチュの問題、沖縄タイムス
        に記事が載り、青木さん、共同通信でソウルに長くおられて、戦後日米安保条約が根幹だとヤマトンチュ
        は思っているものの、それの負の側面は米軍基地、韓国は、基地もソウルにあるが、日本は大半沖縄に押
        し付けて見え無くしている、ソウルでも米軍の事故もあり、反対運動があるが、ヤマトンチュは反対しな
        い、敗戦国のドイツが分断されて、今は統一、韓国人は、敗戦国なのに日本は分断されず、朝鮮戦争で朝
        鮮半島は焦土になり、しかし日本はそれで高度経済成長を手に入れて、朝鮮半島の犠牲で日本は発展し
        た、その戦後日本、日米安保条約が大切なら、基地をヤマトンチュで受け入れるor日米安保見直しと問わ
        れて、谷口さん、普天間代替施設をあなたのところにと、46都道府県でやるべき、普天間→辺野古は、ウ
        チナンチュに押し付け、なぜ大阪に基地がない、岐阜に戻す、ヤマトンチュは美味しいところ取り、沖縄
        に汚物を押し付けて、ヤマトンチュは自分がウチナンチュへの加害者と思いたくないが、高度経済成長な
        どのおいしい思いをしたと説かれて、青木さん、46都道府県でやることに、ウチナンチュは基地の70%も
        あり、そんな都道府県はない、県民投票=ウチナンチュはもういい加減にしてくれ、青木さん、生前の翁
        長さんに取材して、基地に反対する扇のかなめ、しかし、安倍総理は、自民党の人間が反基地になったの
        を許せないと抜かし、翁長さんは、一時辺野古容認であったが、歴代の自民党政権は沖縄に基地を押し付
        けても、かつての自民党は沖縄の痛みを理解して、沖縄戦のことを理解して、沖縄に申し訳ないという気
        持ちがあり、後藤田さんがそれ、申しわなくて沖縄に行けないというくらい、しかし、安倍政権は情がな
        く、2007年の、沖縄戦の集団自決を歴史教科書から消した+2013年の主権回復の日に天皇陛下万歳、ウチ
        ナンチュのことを無視して強行したのは安倍政権、それで翁長さんは切れて、最低限の情すらない安倍政
        権に翁長さんは叛旗を翻して、安倍政権は無知か、歴史改竄主義なのかと説かれて、沖縄のことを紹介さ
        れました、以上、青木さん、谷口さんのお話でした。…これ、ニュースなラヂオ以外では書き起こしの価
        値がありました、これ、いくらでも拡散してください、ウチナンチュに戦争の痛みを押し付ける安倍政権
        を放置したら、日本は、世界は破滅です!

         

        ラジオ関西 時間です!林編集長(2019/3/7) 矢野宏 米朝会談決裂の背景、ゴーン氏保釈を語る、沖縄の民意を踏みにじるとヤマトンチュへの安倍政権の弾圧を許すことになる!福島事故処置なしのザマを語る、人権社会から遠ざかる日本社会を危惧する!

        0

          body

          永岡です、ラジオ関西の、時間です!林編集長、今週のコメンテイターは酒を愛し弱者に寄り添うフ
          リージャーナリスト、新聞うずみ火代表の矢野宏さんでした。司会は林真一郎さん、アシスタントは池田
          奈月さんでした。最初の2時間までフォローしました。

           米朝首脳会談、アメリカがDPRKの譲歩は不足というものの、DPRKは新たな提案をしても、アメ
          リカは拒否とCNNが報じて、DPRKから、核施設放棄を条件に制裁解除を求めて、アメリカは交渉再
          開に応じず、林さんは事実上の決裂と紹介されて、これについて矢野さん、アメリカは全ての核施設、ロ
          ケット廃棄を求めて、まる裸にされて、DPRKが応じるわけはなく、アメリカが破棄を狙いこうしたと
          説かれて、初日の昼食会にいなかったのがボルトン氏、核施設、ロケット廃棄を強要して、ボルトン氏は
          軍事衛星から見たDPRKの核施設を見せつけて、トランプ氏はコーエン氏の公聴会で火だるま、心は米
          朝会談どころではなく、中途半端にDPRKに妥協したら、一番の支持層の保守派に見捨てられるのでこ
          の始末と説かれました。

           ゴーン氏保釈について、検察が驚き、家に監視カメラ、パソコンは弁護士事務所でやるというものの、
          知り合いの携帯電話を使う抜け穴はあるものの、記者会見見送りは、会見は、今まで検察からゴーン氏は
          悪いという印象を消すためだが、諸刃の剣、質問でゴーン氏の手の内をさらすことになり、検察のまいた
          ゴーン氏憎しの雰囲気払拭はなかなか難しく、弁護団も打ち合わせを綿密にして、記者会見するなら来週
          初め、早い方が効果的、しかし日産の取締役会があり、その前にやらないとならず、ゴーン氏は取締役会
          に出られて、池田さん、検察が一方的にやりたい放題のことを説かれて、林さん、わかるような変装かと
          説かれて、矢野さん、騙された人も多い、林さん、ゴーン氏は日産の車でない、スズキの車に乗り、矢野
          さん、特別背任の立証は困難なものもあると説かれました。

           沖縄、辺野古の県民投票、矢野さん元山さんの元で開票を見守り、埋め立て反対の民意が明確になった
          と元山さん語り、玉城知事、辺野古埋め立て辞めろ+普天間閉鎖しろというのに、工事は止まらず、総面
          積は甲子園50個分、1500mのV字型滑走路2つ、軍艦も寄港できる=普天間基地になかったたくさんの機能
          を持ち、政府は辺野古が普天間返還の唯一というものの、2017年に当時の稲田防衛大臣、アメリカと折り
          合わないと普天間は返還されない、条件は滑走路の長さ、普天間は2000m、辺野古は足りず、那覇を軍事用
          にされたらたまらない、沖縄は認めない=辺野古ができても普天間は返らない。
           大浦湾は軟弱地盤、77000本の杭を90m打たないとならず、成功例なし、建設費は最低でも2.5兆=ドブ、
          海に税金が捨てられることになり、元山さん、ウチナンチュの反対の意思が示された今、問われているの
          はヤマトンチュであり、ヤマトンチュ一人一人が問われていると説かれて、林さん、県民投票はヤマトン
          チュでは投票の直後以外は話題にならない、池田さん、岩屋大臣は県民投票を無視すると暴挙を説かれ
          て、矢野さん、ウチナンチュの民意を踏みにじったら、我々ヤマトンチュの民意も否定されると説かれま
          した。

           東日本大震災8年、日本財団の調査で、若者の8割が災害に不安を持つものの、備えはまだ、林さん、多
          発する災害に多くの若者が不安、被災経験のある人の方が多く、日本は災害多発、想定外の災害があり、
          しかし不安を感じないは36%、被災体験なし32%、自宅は安全な立地が26%、林さんはこれが不安と説か
          れて、矢野さん、他人事、大きな災害に合わず想像力が問題と説かれて、しかし林さん、国の防災対策は
          不十分というのが8割と言うのと矛盾、想定を超える災害の頻出、国の防災対策は十分というのは何となく
          で、防災教育が十分という声もあり、災害時の意識、避難勧告と避難指示の違いはどうか、など不安もあ
          り、林さん、防災教育は実践として役に立っているかと問われて、矢野さん、経験していないと他人事、
          林さん、経験してからでは遅く、被災地から学ぶべきと説かれて、矢野さん、それがはどうか、など不安
          もあり、林さん、防災教育は実践として役に立っているかと問われて、矢野さん、経験していないと他人
          事、林さん、経験してからでは遅く、被災地から学ぶべきと説かれて、矢野さん、それが防災の根幹だと
          説かれました。
           福島原発3号機からの使用済み核燃料取り出し延期、関係者の話で分かり、大きなトラブルではなく、
          2020年度中に搬出完了と東電はいい、これについて矢野さん、来週月曜日で東日本大震災8年、福島事故は
          何十年かかるか、使用済み核燃料は4号機からは取り出せても、1〜3号機に1600本、地下に溶け落ちている
          ものがある+汚染水、40,50年かかる、林さん、汚染水処理の後のどうするか、去年8月に国民の意見を聞
          く公聴会でトリチウムが残っていると分かり、処理方法は足踏み状態、政府は地層への注入、海に捨て
          る、タンクで保管の手があり、政府、東電は永久保管は無理として、政府の小委員会は2カ月開かれておら
          ず、その間も汚染水はたまり、矢野さん、敷地にタンクを作る余地は2020年でアウト、政府、東電は海に
          捨てたく、それで大丈夫ですと言いたいが、他の物質もあり、とんでもない、どういう知恵を出し合う
          か、海に捨てるしかないとするなら、国民の納得が必要と説かれて、林さん、福島沖の魚の安全性も問わ
          れて、福島県のコメは全数検査、農家もそれの維持を求めて、しかし2015年は85%から減り、サンプル抽
          出などの声もあり、矢野さん、コメだけでなく、野菜も風評被害で福島産は売れない、安く買いたたかれ
          る、その中で安全は消費者には必須、林さん、国や東電も対策せよと言われました。

           矢野さんにとって最大の平成の出来事は阪神淡路大震災、被災地にママチャリで通い、尼崎市も被災地
          なのに忘れられて、阪神淡路大震災は敗戦50年、どんどん人権社会に向かっていっていたと思っていた
          が、人権社会から程遠い、取り残された人たちが数多くいて、弱いもの、高齢者、障がい者、被差別部落
          の皆さんであり、その中で救いのあったことは、朝鮮学校の方が地域と交流して、矢野さんも取材され
          て、それまで朝鮮学校では定期券使えず、インターハイに出られず、大学に行けず、それが少し改善され
          て、ところが、逆風が朝鮮学校に吹いて、いじめではあり、今の朝鮮学校を見たら、日本社会が人権社会
          から遠ざかっているのを危惧すると説かれました。以上、矢野さんのお話でした。

           

          文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2019/3/5) 武田砂鉄 一橋大学アウティング事件で大学の責任を認めない判決の出た件を語る、LGBTへの理解すらない日本社会での問題を語る

          0

            永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、火曜日の大竹紳士交遊録は、今週はフ
            リーライターの武田砂鉄さんが出られました。パートナーははるな愛さんでした。武田さんのデビュー
            作、紋きり型社会が文庫本になったそうです。

             元号過剰報道について、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さん、ブログで指摘
            されています。
            https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12444521775.html
             NHKだと新元号に「安倍晋三」のものが入る?とか、しかし、新元号が安〇ウルトラマンだったらバ
            ルタン星人に負けそうだし、晋〇仮面ライダーはショッカーに負けそうな気がしますが…まあ、この国の
            総理大臣がショッカーみたいなもの…と書くと、6年前に亡くなられた、ショッカー首領の声を当てられた
            納谷悟朗さん、俺はヘイトスピーチしないぞと怒られるでしょう…

             で、武田さんのお話、一橋大学のアウティング事件、大学の責任を認めない判決の出た件について、こ
            れは2015/8にゲイであることを同級生に暴露された男性が自殺し、遺族が一橋大学に損害賠償しても、原
            告敗訴、アウティングとは、LGBTの方に本人の了解なしに秘密を暴露すること、カミングアウトと異
            なり、ワイドショーを見たら、大学が一人一人ケアできないと言われて、武田さん疑問、亡くなられた男
            性は同級生に恋愛感情を持ち、しかし同級生がLINEでアウティングしてしまい、男性は同級生と一緒
            だと動悸、大学の教授に相談して、しかし措置は取られず、大学のハラスメントの部署も、性同一性障害
            の医者に行け=不適切な対応であり、同性愛と性同一性障害は全く違うのに、それで模擬裁判の授業で同
            級生と会いパニック障害になり自殺、弁護士は、アウティング化不法行為かすら判断されていないという
            のを批判、遺族もうわべだけの判決と批判、大学も学生一人一人は面倒見られないというものの、ハラス
            メント相談に4回行っており、大学はあまりに配慮に欠けて、自殺された方は行き場なし、はるなさん、カ
            ミングアウトで世界は変わるのに、相談に行くこと自体勇気がいると説かれて、武田さん、勇気を出して
            相談に行き、同性愛を苦に自殺ではなく、大学の体制のデタラメで追いつめられて、本人は同性愛で悩ん
            でいたのではなく、一橋大学ではハラスメント対策で、相手の嫌なことを書かない、相手の性的志向を書
            かないとあり、これに抵触している。
             大竹さん、公務員の人、職責にいる間は事なかれ主義、勤め上げたら我が亡き後に洪水来たれ、でハラ
            スメントに無神経と説かれて、武田さん、LGBTの方で会社で働く→トイレで困り自社ではなくコンビ
            ニにトイレを借りるのもあり、大学が対応でずさんで、LGBTへの配慮に欠けて追いつめられて、大竹
            さん、両親にも理解してもらえた、はるなさん、理解してもらうのは大変で、寂しかった、世界観も変わ
            り、ゲイを隠すのは大変と説かれて、太田さん、本人同士の間でアウティングするなはあったかと説かれ
            て、武田さん、どこまで話していいか指定しないと、こんなことになり、外にどこまで言えるか?この事
            件以降、大学でも性的少数者のことは配慮されているのに、裁判で認められず、大学は保護と啓発という
            ものの、保護は違う=無理解、太田さん、過去にはLGBTは存在さえ認められなかったが、遠い未来に
            LGBTも認められるかも知れず、過渡期の問題と説かれて、大竹さん、はるなさんも自殺を意図したこ
            とがあり、思いとどまるものと説かれて、ギリギリまで追い込まれる、はるなさん、カミングアウトは大
            変、暴露されたら全て終わり、LGBTという単語は知られても、存在への理解はないと説かれて、大竹
            さん、太田さんの言うような、LGBTも普遍的に受け入れられる未来が来てほしいと締めくくられまし
            た、以上、大竹紳士交遊録でした。


            キリスト教と近代の奄美・沖縄

            0

              坂井貴司です。
               転送・転載歓迎。
               
               皆さんに是非聞いていただきたいラジオ番組があります。

               NHKラジオ らじる★らじる
               
               宗教の時間
               『アンコール「沖縄キリスト教の歩み」』
                講師:歴史学者・帝京科学大学教授…一色哲
               https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0424_01
               
               ストリーミング配信:4月15日15時まで

               スマホ、iPhoneではアプリ「NHKラジオ らじる★らじる」をインストールする
              と、聞くことができます。
               
               私も初めて聞くことばかりで、驚きの連続でした。

               近代の沖縄・奄美がいかにしてキリスト教を受容したのか、なぜキリスト教が
              広まったのか(沖縄・奄美のキリスト教徒の数は人口比で日本本土の3倍!)、そ
              の150年にわたる歴史を語る番組です。
               
               「明治維新以降の日本でキリストを受け入れたのは、旧士族や知識人、富裕層
              など限られた階層だった。日本の民衆にキリスト教は広まらなかった」

              という通説を講師の一色哲さんは、現地調査や聞き取りによって塗り替えました。

               「その通説は明治維新以後直後の現象だけを見たものだ。
               近代化によって激変した日本の社会で、取り残され見捨てられた多くの農民や
              労働者が、救いと解放を求めてカトリックやプロテスタントに改宗した。その中
              には女性が大勢いた。
               近代化、資本主義がもたらす暴力と疎外感に傷つき、苦しむ日本の多くの貧困
              層がキリスト教に救いを求めた。それが時として既存の社会や国家との軋轢を生
              み、弾圧を招いたことがあった。
               キリスト教は近代日本に着実に根付いていた」

              ことを明らかにしました。

               そして、

              「大日本帝国の辺境、国内植民地として位置づけられ、過酷な状況に置かれた奄
              美諸島と沖縄は、キリスト教に救いを求める人々が多かった。差別と貧困に苦し
              む奄美や沖縄の人々は、『聖書』に書かれた受難と救済の記述に強烈なリアリテ
              ィを感じた。それゆえに、本土よりもキリスト教が浸透した」

              とこの番組で語ります。

               前編と後編併せて1時間のこの番組で、キリスト教から見た近代の奄美と沖縄を
              知ることができます。 


              MBSラジオ ニュースなラヂオ(2019/3/4) 米朝首脳会談決裂?&トランプ氏火だるま 立岩陽一郎さんのお話、トランプ大統領失脚は秒読み開始&上田さんのイギリスEU離脱報告、デイ・キャッチ 青木さん、安倍総理の歴史改竄主義は東アジアにマイナス!

              0

                Message body

                永岡です、MBSラジオの、ニュースなラヂオ第49回、今週も新聞うずみ火代表のジャーナリスト、矢
                野宏さんと、フリーアナウンサーの加藤夏海さんの司会で放送されました。ニュースキャスターは福本晋
                悟さんでした。

                 デイ・キャッチで、安倍政権の辺野古ゴリ押しについて、青木理さん、強行しても作れない、工事自体
                前例なし、費用>無限大=国民の税金破綻、期間>20年、県民投票反対>玉城氏の得票=玉城氏は辺野古
                拒否を貫かないといけない、そんなものに2兆円以上浪費する政府、防衛省の姿勢は沖縄ではなくヤマトン
                チュの問題、辺野古しかないと百歩譲っても、埋め立てはいつ完成するか分からず、玉城氏は安倍氏とア
                メリカを入れて3者会談を申し入れて、今のうちに止めないとエライことになる、安倍政権の負の遺産にな
                り、安倍総理はいいのか、ヤマトンチュはそれでいいのか?普天間代替をウチナンチュに県民投票させる
                のは残酷、民意を示されて工事を続けるこの国は民主主義なのかと説かれました。
                (永岡注:辺野古がマヨネーズで埋め立て不可ということを、安倍総理とその周囲は理解していないと私
                の体験から感じます、恐らく、彼らは、最後はトランプ大統領、アメリカ合衆国が何とかしてくれると
                思っており、これは太平洋戦争で神風が吹いて勝つというのと同じ発想で、この国の「エリート」たちは
                自分の責任で物事を遂行せず、より強いものに助けてもらうor弱いものに押しつけてトンズラであるので
                す、私も神鋼にいてそれをされました)
                 米朝会談について、日本は今後どう動くべきか?安倍氏は安易な譲歩しなかったと、毎度おなじみトラ
                ンプ氏のヨイショ、しかし安倍氏は自分が金氏と向き合わないといけないといい、DPRKは問題のある
                状況だが、日本、韓国がハリネズミになり東アジアの緊張になる、DPRKは崩壊、暴発は困り、DPR
                Kは中国やベトナムみたいな形に韓国はなって欲しい、そのために日本は何ができるか、ところが安倍氏
                はトランプ氏とともに最大限の圧力→下手したら戦争、が、文大統領はオリンピックを利用して南北会談
                に成功、しかし日本は何も出来ておらず、日本は韓国、アメリカと対話してDPRKの軟着陸に尽力すべ
                き、しかしそのためには、「安倍氏は今トランプ氏の金魚の糞」であり、韓国、DPRKにとって、この
                ままだと日本を相手にしなくていい、アメリカとやったら日本無視、そして歴史認識問題、慰安婦、徴用
                工問題、これは韓国だけでなく、中国、DPRK、さらにアメリカも安倍氏の歴史修正主義に批判してお
                り、歴史修正主義を排して、日本は戦争責任を認めて解決しないと、韓国と交通整理できない→DPRK
                との対話は不可能「歴史認識をちゃんとしないと解決しない」、さらに、青木さん、拉致問題を解決する
                ためには、安倍氏は金氏と直談判すべき、トランプ氏に丸投げしたらアカン、拉致問題の解決は何か、日
                本国内で整理しないと、DPRKと向き合う際に、何をもって解決なのかと説かれて、強啓さん、朝鮮半
                島の植民地支配について国内で責任を果たすべきと説かれて、青木さん、朝鮮半島と沖縄には共通点、日
                本の戦後復興は朝鮮戦争の特需が必須、ドイツもイタリアもエライ目に会い、そして嫌なものを周辺に押
                し付けて、果実のみヤマトンチュが独占して、東アジアの平和と安定をどう模索すべきか、ヤマトンチュ
                は考えるべきと説かれました。
                 3月18日、非核神戸方式44年のつどいに、前泊博盛さんが兵庫県民会館大ホールに来られます、非核神戸
                方式決議記念実行委員会、https://nicchu-hyogokenren.net/非核「神戸方式」決議44周年のつどい/   
                hikakukobe@yahoo.co.jp  です。
                 4月12日、靖国連続映像学習会、植民地支配と靖国、矢野秀喜さんがエル大阪で講演です、靖国合祀イヤ
                です、アジアネットワーク主催、http://noyasukuni.g2.xrea.com/
                 その韓国について、矢野さん3・1独立運動100年を取材されて、韓国ソウルを取材、3・1は3月1日、朝鮮
                半島で日本の植民地支配に抵抗して、朝鮮の方は独立万歳と2ヶ月、全国で200万人、人口の10%参加、背
                景は韓国の日本への併合9年、武団政治、朝鮮人は2流市民、土地を奪われて人権などなく、独立を求めて
                運動、日本政府は軍隊で弾圧、7500人死亡、日本側の死者ゼロ、46000人逮捕=一つの都市が逮捕、ユ・ガ
                ンソンさん、16歳の女性、朝鮮のジャンヌダルクと呼ばれて、両親を殺されて、自らも拷問で殺されて、
                エゲツナい拷問、日本に裁く権利なしと語り、日本人はこの歴史的事実を知っているのか、日本だと文大
                統領が反日感情を煽ると報じられたが、文大統領は韓国と日本が手を取り合うべきといい、日本人は植民
                地支配で多くの犠牲者を出して、その場に自分がいたらどうするか考えるべき、矢野さん、その前日に米
                朝首脳会談は決裂でも、取材した方はみんな残念、朝鮮半島は平和であってほしい、今も朝鮮戦争の休戦
                状態にあるのです。

                 ニュースピックアップ、福本さんの担当で、辺野古新基地建設、安倍政権は新しい護岸を工事、沖縄は
                反発、今は北側のみ、土砂投入が加速させられて、沖縄県は違反と批判、政府は普天間の固定化を避ける
                というものの、軟弱地盤で埋め立ては可能か、いつまでかかるか不明、森裕子氏、軟弱地盤は3年前から分
                かっていたと追及されて、岩屋氏KO、防衛省は嘘をついて、総工費すら岩屋氏分からず、森氏は総額の
                分からない公共事業はあるかと指摘、矢野さん、2.5兆、14年ですまず、税金の浪費と説かれました。
                 JNN世論調査、統計不正で納得できないは7割近く、勤労統計の不正調査は組織的な隠蔽なしに納得で
                きないも62%、安倍氏の自衛官募集の詭弁で憲法に自衛隊明記というものの、自衛官は増えないは71%、
                辺野古埋め立て反対について、政府はゴリ押し、世論調査では一旦中止が最多です。
                 米韓軍事演習を今年は中止、毎年春にやっていたもの、代わりにやるものは規模を縮小、トランプ氏は
                アメリカのために何億ドル節約、これでDPRKに譲歩ではないというのです。

                 今週のテーマはベトナム・ハノイでの米朝首脳会談、他方でトランプ大統領はロシア疑惑、コーエン氏
                の証言で火だるま、これについて、お馴染みのジャーナリストの立岩陽一郎さんのお話がありました。
                 矢野さん、非核化の溝埋まらず、合意できなかったのは、トランプ氏が核施設のもので、しかしDPR
                Kは一部解除と主張して、コーエンしの証言もあり、この影響について、今後のトランプ政権、立岩さん
                のお話、トランプ氏の表情について、象徴的なのは記者会見、米朝会談で、インド−パキスタン、ベネズ
                エラについて語り、トランプ氏の意図は不明だが、米朝会談の位置付けを下げた、昨年の6月は世界の注
                目、CNNも取材、しかし、今回は前日、CNNはコーエン氏、トランプ氏の顧問弁護士の訴追でそれを
                取材、アメリカでは米朝会談は関心なし、その中で、意図したか不明だが、トランプ氏もテンションは下
                がり、アメリカ国民もそうで、なぜ合意に至らなかったか、矢野さん、ボルトン氏の意図があったと指摘
                されて、立岩さん、そうではない、ボルトン氏はDPRK強硬派、交渉ではなく金正恩氏を潰せと日本の
                メディアは報じるものの、ボルトン氏はトランプ氏強く出られず、トランプ氏は決裂しかないと判断、な
                ぜ結論として決裂か、ボルトン氏の根拠は、日本の希望的観測、DPRKに強く出る→DPRKが折れる
                と日本は思うが、トランプ氏はそれどころじゃない、政権が崩壊する、側近が洗いざらいスキャンダルを
                言う、そんなときに、ディールをトランプ氏がDPRKとできない、やったら椅子がなくなり、それでD
                PRKに言うだけ言ってケツをまくった、コーエン氏の証言→時系列を見ても、トランプ氏には戦略はな
                く、自分の政権を維持するために、DPRKにかました。
                 矢野さん、コーエン証言はたまたまかと問われて、立岩さん、民主党が下院を持って合わせて、コーエ
                ン氏が抵抗したらずれたが、議会、民主党の思う以上に爆弾発言、トランプ氏はこのタイミングでやった
                のは、2月にロシア疑惑の捜査結果が出るとメディアが書いて、トランプ氏はそれに合わせて米朝をやって
                消そうとした→捜査結果はもっと先、誤算+コーエン氏が捜査以上に爆弾発言、ボルトン氏の指示などど
                うでもよく、決裂には深い戦略はなく、疑惑の中で、トランプ氏はDPRKに強く出たと、話し合いから
                席を立ったのが最大の成果(笑)。
                 加藤さん、コーエン証言を問われて、立岩さん、ロシア疑惑は、2016年の大統領選挙にロシアが民主党
                潰しをしたというもの、トランプ氏はこれを認めず、しかし訴追されて認めて、しかしロシアが勝手にト
                ランプ氏を応援した、トランプ氏は関与していないというものの、コーエン氏は、メールがロシア経由で
                ウィキリークス、クリントン氏潰しをトランプ氏は知っていた!本当かどうかはともかく、側近の証言、
                なぜロシアはクリントン氏を落としたか、アメリカ人は、トランプ氏についてロシアは与しやすいと思っ
                ていたとして、トランプ氏のミスユニバースがあり、プーチン大統領も参加した加瀬、これについてコー
                エン氏は、トランプ氏はロシアとビジネスしたとして、偽証だとコーエン氏はエライことになる。
                 リスナーよりトランプ氏はビジネス感覚で考えがちと批判があり、立岩さん、トランプ氏はビジネスで
                成功していない、6回倒産「トランプ氏がビジネス成功と思っているのは日本人のみ」、しかしなぜ不死鳥
                のごとくトランプ氏は復活しているか、ロシアの言う通りになる、オバマ大統領の際のヒラリー・クリン
                トン氏だとロシアは干上がるが、トランプ氏は陣営とロシアの接触があり、ロシアのためにトランプ氏は
                やっているとコーエン氏は証言、矢野さん、トランプ氏はアメリカを裏切ったと批判されて、立岩さん、
                トランプ氏の支持基盤の保守はアンチロシア、ところが、相反することが分かる→失脚の恐怖があり、こ
                れを日本は見るべき、米朝会談はトランプ氏の支持者へのアピール、トランプ氏は帰国して、保守系の市
                民グループの集会があり、トランプ氏はここにアピール、通常は1時間演説するのを、2時間ロシア疑惑否
                定、民主党の罵詈雑言を浴びせて、米朝会談はほとんどしゃべらず、ベトナムに行ったというのみ=温度
                差もすごいが、蹴ったとしかアピールした。
                 リスナーより、米朝会談はアメリカでどれだけほうじられたか質問があり、立岩さん、1回目より小さ
                い、トランプ氏の疑惑、大統領の嘘は訴追される、トランプ氏の行為は犯罪かと問われて、立岩さん、弾
                劾の要件は捜査妨害のみ、FBI長官を首、これが捜査妨害になるとトランプ氏は思い始めて、3月の演説
                で、コミー氏とボラー氏は友達、選挙で選ばれていないという=司法妨害の可能性大とトランプ氏は感
                じ、話を逸らす、司法妨害の構成で困難なのは、トランプ氏の意図、トランプ氏はコミー氏を止めさせて
                妨害とすると、コーエン氏の証言はこれを裏打ちして、それから逃げるためにトランプ氏はこうなった。
                 リスナーより、トランプ氏への風当たり、来年の大統領選挙について質問があり、立岩さん、風当たり
                は変わらず、確かにDPRKはロケット、核実験をしないとしたらアメリカ人はこれを受け入れて、トラ
                ンプ氏の批判者も決裂を批判せず、大統領選挙の前にトランプ氏の辞任の可能性が高く、アメリカでは議
                会>大統領で、議会にNO+副大統領も距離を置いて、副大統領は自分の弁護士を雇う、トランプ氏失脚
                →ホワイトハウスの弁護士なら無理心中というのです=つまり、トランプ氏失脚までカウントダウン開
                始!

                 福本さんのニュース、大阪徒抗争、松井氏、吉村氏はクロス選挙で、議員の成り手のない町で、兼業を
                認めて、アメリカと中国の貿易戦争も、決着、中国は報復関税を止めると、WSJが報じて、トランプ氏
                と習近平氏の会談になるのです。

                 「10分で現代を解説」、上田崇順さんにより、イギリスのEU離脱が取り上げられました。
                 1月に離脱協定が破綻、3/12までに採決して、合意して離脱か、合意なしで離脱か、延期?もあり五里霧
                中、大阪在住のイギリス人に聞いて、38歳の男性、イギリス人はなぜ離脱を選んだか、2つのタブロイド紙
                が、移民のためにイギリスは損と書いて、EU加盟料を医療保険に回せとキャンペーンが、バスに大きく
                書かれてこれによるもので、外務省はこれが嘘と報じても、離脱、しかし、EUからイギリスもお金をも
                らい、そのメリットもなくなり、医療保険は拡大せず、北アイルランドはイギリス領で、残留が過半数、
                紛争、テロもあり、最近10年ほど落ち着いて、EUは北アイルランドに支援=北アイルランドは困る+国
                境、アイルランドと北アイルランドはどうするか、アイルランドの方に話を聞いて、今はEUにいて国境
                線の問題なし、携帯電話の接続でわかる程度→離脱したら、EUに加盟しているかでエライことになり、
                アイルランドはダブリンに検問なしで来ている、観光も成功、しかし検問だとエライことになり、行くの
                を止めることになり、イギリスのEU離脱で、国境をどうするか、アイルランドだと、今後どうなるか、
                ソフトボーダーだと検問、通関で密輸、ハードボーダー→テロ、観光破綻と上田さんに証言して、アイル
                ランドの国境を存続させようとしても、バックストップ、EUに残れる保険的な措置だとまたエライこと
                になり、にっちにもさっちも行かず、イギリス人の話で、EUにとって離脱は侮辱、EU側はアイルラン
                ドを支援せず、アイルランド人は被害を危惧して、反対であっても、本土に離脱されて、しかしアイルラ
                ンドの人口は全体の3%。
                 今年春〜夏にスコットランドの独立が取りざたされて、EUに残りたい=北アイルランドも一緒、イギ
                リス離脱は連邦崩壊の危機にあり、イギリス、どこに行くなのです。

                 特別番組のお知らせ、瀧本さんが97歳で亡くなり、ドキュメンタリーの再放送、2016/11に放送されて、
                語り部を止めたい、民間放送連盟のラジオ報道の最優秀賞、左巻きジジイの話と高校生に言われて瀧本さ
                ん語り部を止めたい、3/10の深夜に放送です。
                 来週は3/11から8年、ネットワーク1・17とコラボ特番です、7時〜9時です。

                 今週の特集、米朝会談決裂より、トランプ氏のゴタゴタ、リスナーより、決裂で拉致問題解決は遠のい
                たとあり、立岩さん、元々近づいてもいない、トランプ氏は決裂しても、最後の最後に、DPRKに譲歩
                と批判されるが、DPRKに譲歩していない、与えるのは他の国=日本であり、日本はトランプ氏に頼っ
                ても、トランプ氏が東アジアの平和について語ったことはなく、拉致問題は進展せず、安倍氏は金氏と会
                うと言うが、一番大事なのはDPRKとパイプを作ることで、日本には在日の方がいて、宝、在日の方に
                向き合うことを否定して、拉致問題解決はない、チャンネルはあり、拉致問題解決のためには在日朝鮮人
                の方を大切にすべきとしめくられました、以上、今週のニュースなラヂオでした、この内容、いくらでも
                拡散してください、在日の方を冷遇する安倍政権を放置したら、日本は破滅です!

                和歌山放送ラジオ 伊藤宏の脳にきくニュース(2019/3/2) 福島原発事故8年、国の滅びかけた意味を全国民は思い知るべき!被災者、沖縄の見捨てる安倍政権を許したら日本は破綻する!

                0

                  永岡です、和歌山放送ラジオ、金曜日のボックスコメンテイターの、第1土曜日に和歌山信愛女子短期大
                  学の伊藤宏さんの独立コーナー、脳にきくニュース、お相手は寺門秀介アナウンサーでした。
                   今月のニュース解説、3月になり、今までだと春の訪れを喜べても、東日本大震災8年、もう8年、まだ8
                  年、我々の経験したことのない自然災害であり、寺門さん、あの日、遠く離れた和歌山でも覚えていて、
                  揺れなくても局内は騒然、伊藤さん、阪神淡路大震災もあり、東日本大震災の大津波は我々には特別、地
                  震+津波+原発事故、原発震災、8年経っても53000人が復興庁の把握で避難、自主避難、避難先に定住し
                  た人もいて、8年経ってもこれだけ、震災時は33万避難して、巨大な津波で、8年経ってもまだこれだけの
                  避難は核事故であり、核事故になれば人が帰れなくなることを8年の間、地元の方は覚えていても、日本全
                  体で覚えているか?原発事故直後、全原発停止、しかし再稼働はなし崩し的に進められて、若狭湾の大
                  飯、高浜が再稼働、九州の玄海、川内、伊方、さらに再稼働、しかし福島事故、さかのぼって86年のチェ
                  ルノブイリ原発事故以降、核はアカンとされていて、福島事故で世界の潮流は変化、安倍政権の核輸出は
                  破綻、安全対策に無限大のお金がいるためで、欧米は避難計画、アメリカは国が作らないとならず、核の
                  是非以前に、安全確保のために無限のお金が要り、輸出は破綻、安倍政権は輸出すると言ってもアウト、
                  住めない地域ができて、健康に影響を及ぼす、少なくとも3・11以前と違う環境にいる人がいることを日本
                  人は忘れてはならず、核の再稼働の是非の前に、3・11でエライ目にあった人がどうなのか考えるべき、し
                  かし、福島事故のことは忘れられて、福島事故の後で、日本人、人類の課題、災害の後で、減災、避難、
                  ケアをどこまで考えているのか、甚だ心もとない、避難者の住宅補助は打ち切られて、国は戻ってこいで
                  も、放射能は高く、自主避難は勝手に避難ではない、避難しないとアカンからしている、日本国民には安
                  全に生きる権利があり、被災者が大変なことになり、核事故は想定外と言われているが、想定外で核事故
                  になったら日本破滅、第1次安倍政権で安全として、この大惨事であり、再稼働は止めないと、この8年、
                  そして報道で、現地、被災地のことを忘れないでほしいと説かれました。
                   ここで1曲、千昌夫さんの北国の春、伊藤さんこれを聞いて、震災、故郷をうたう、帰りたくても帰れな
                  い意味を知ってほしいと説かれました。
                  https://www.youtube.com/watch?v=Bvbbx78NBIU
                   さらに、寺門さん、帰りたいけど帰れない意味を説かれて、伊藤さん、故郷は、震災以来これを聞いて
                  涙ではあり、3・11を転換点にすべきなのに、価値観の問題、東京オリンピックのこと、復興五輪、最大の
                  テーマは復興なのに、東北の被災地は無視で怒り、福島と関連した報道は少ない、聖火ランナーのスター
                  ト以外に、なにがあるのか?
                   はっきり言うと、政府批判だが、災害を経験して、リスナーに「国、国家、民主主義とは何か」考えて
                  ほしい、国は学校の教科書でならったこと、過去の過ちを繰り返してはいけない、3月はビキニデー、第5
                  福竜丸の惨劇を国民は覚えているか?核兵器禁止条約に日本は反対、しかし全国民の願いは核廃絶、それ
                  をビキニデーにこめて、第5福竜丸の映画も伊藤さんご覧になり、久保山さんの死、アメリカの大使が弔
                  辞、2度と繰り返してはならず、災害もそう、北海道で大地震があり、2月にまた大地震があっても、報道
                  は無視、2月は人的被害は少なかったものの、慣れてはいけないのは南海トラフ巨大地震、和歌山市で
                  18000人なくなり、那智勝浦町では7割死ぬ、そんな災害に、個人が防災意識を高めても、国はどれだけ準
                  備しているのか?政府は我々と別世界、辺野古の県民投票も、安倍氏は真摯に受け止めるといって工事を
                  続けて、県民投票に法的な拘束力はないと言っても、ヤマトンチュは、ウチナンチュの止めてくれという
                  声を理解しているのか?
                   メディアは、辺野古がアカンとなったら普天間はそのままと報じるが、なぜ辺野古が唯一の選択肢か、
                  そして辺野古を作っても、普天間の返還される保証はない+辺野古の自然破壊、軍人は自然破壊を配慮せ
                  ず、安倍氏はヘラヘラ笑い真摯にと言うべきではない、それが国民のための政治、しかしお上の言うこと
                  に逆らわないは日本国民の習性で、しかし日本に住む人は税金を払っており、官民連携というものの、何
                  のための官か、国なしで生きられない意味はなにか?3・11、慰霊のイベントもあるが、被災地は大変だっ
                  たですまず、熊本地震、大阪北部地震、北海道地震、被災者無視でお金が使われたら、日本国民は破綻
                  で、寺門さん、後始末できずのこったものだらけと説かれて、伊藤さん、それで解決できないなら、私た
                  ちの社会が破綻するところにあり、震災、ビキニについて教訓として考えるべき、寺門さん、第5福竜丸は
                  生存者も減っていると説かれて、伊藤さん、体験者の言葉を語り継ぐのに尽力しないとならず、国のリス
                  ト、被災者が大変な目に会い、被災者はどうするか、寄り添う、連帯するのには現実を見ないとならず、
                  基地を沖縄におんぶにだっこであり、国民の代表の政府が何をやっているか、監視するのは国民の使命だ
                  と締めくくられました、以上、伊藤さんのお話でした。

                   なお、赤旗日曜版の購読を半年ぶりに再開して、赤旗日曜版は創刊60年で様々な方が祝辞を述べられ
                  て、そして3/3号では辺野古県民投票、青木理さんの的確なコメントもあり、編集が見事でグイグイ読ませ
                  てくれる紙面はすごいです。


                  和歌山放送ラジオ ボックス(2019/3/1) 伊藤宏 ビキニデーに核廃絶を語る、核についてもっと語るべき安倍政権は核軍拡を目指している!辺野古県民投票の結果にいちゃもんをつける安倍政権と一部メディアのデタラメを論破する!

                  0

                    永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学の伊藤宏
                    さん(新聞うずみ火スタッフ)でした。司会は赤井ゆかりアナウンサーでした。

                     安倍政権に隷属するメディア批判、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さんがブ
                    ログで批判されています。
                    https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12443326880.html

                     伊藤先生の脳にきくニュース、今日は伊藤さんの話せる時間も短く、皆さんの関心は米朝首脳会談、1日
                    目期待、2日目決裂、朝鮮半島の非核化、しかしDPRKだけが核を持っているのではなく、オバマ氏の核
                    なき世界を目指しても、合意文書はできず、今日3月1日はビキニデー、第5福竜丸などが死の灰を浴びて、
                    65年前、第5福竜丸で久保山さんが亡くなり、核の犠牲者は自分を最後に→3月1日は核への抵抗、3/1にブ
                    ラボー、その後も3〜5月に月2回大気圏内での核実験があり、反対運動は65年、もちろん広島・長崎から74
                    年、しかしビキニデーから65年、核兵器は小型化されて、中距離核戦略からアメリカは撤退で、米朝会談
                    だけでなく、核兵器廃絶は全世界の課題。
                     ところが、米朝会談、安倍総理が当事者のような報道が日本のメディアにあり、安倍氏は拉致問題をト
                    ランプ氏に丸投げ、その後安倍氏はトランプ氏と電話会談だが、物忘れ→安倍氏の出番ではない、核、拉
                    致問題は日本が当事者なのに、日本の外交はデタラメ、どんなアプローチをしているのか。外交は得点稼
                    ぎではない、和歌山出身の陸奥宗光外相が泣いている、外交をトランプ氏に丸投げ、戦後の外交はアメリ
                    カ一辺倒で、辺野古の県民投票、沖縄は米軍基地を減らせ、なくせと言ってきたのに、自民党の政権は外
                    交努力で減らさず、辺野古は普天間返還のためというが、辺野古ができても普天間は返らない+辺野古は
                    軟弱地盤、米軍は日本を守るために基地を置いているのではない、アメリカの世界戦略のためで、広島、
                    長崎、ビキニデーと核について一番言うべき日本が政府として発言せず、民間のみやっている、安倍政権
                    は核を廃絶する気があるのか、今回の米朝首脳会談の意味も、核廃絶の鍵は日本が持っていることを知る
                    べきと説かれました。

                     さらに、沖縄の県民投票、投票率52%、反対>70%、どちらでもないは少なく、反対は圧倒的、伊藤さ
                    ん気になったのは、一部メディアで、なぜか全有権者比率をあげつらい、反対70%は少なく、6割複雑と解
                    釈するのはおかしく、全有権者について言うなら、2017年の総選挙で自民党の全有権者比率は17%、今の
                    政権に発言権はなく、沖縄叩きは屁理屈、岩屋氏は、沖縄と本土の民主主義は違うとも暴言して、県民投
                    票は条例を作ってやり、沖縄オンリーではなく、日本全国に共通するルールでやって、投票率は最近の選
                    挙に照らしても高く、棄権は白紙委任,行きたくてもいけない人もあり、菅氏は選挙が結果がすべてと嘯
                    き、外交だけでなく、内政でも本来あるべきものではない、安倍氏は日本語に問題で、ルイ14世の朕は国
                    家なりではないと怒られました。以上、伊藤さんのお話でした。

                     今夜は、伊藤史隆のラジオノオト、谷口真由美さんお休みで書き起こしは中止します。
                     


                    ラジオ関西 ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー!(2019/2/27) 西谷文和 辺野古はゼネコンに天下りしている防衛省の人間のためにゴリ押しされている、核兵器禁止条約を批准しない日本政府に朝鮮民主主義人民共和国に対して核放棄を迫る権利はない!

                    0

                      永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー! 今週のばんばん侍にフリージャー
                      ナリストの西谷文和さんが出られました。…毎度ですが、皆さん、読んで頭にくる内容で心臓に悪いかも
                      知れませんが、しかし晋三はもっと悪いのです!
                       様々な出来事を取り上げるばんばん侍、地球の歩き方を出されて、今回のテーマは米朝会談だが、その
                      前に辺野古県民投票、普天間基地に米軍の低空飛行、なぜ民家すれすれか?日米地位協定、伊丹では民間
                      航空機はあんなことをしない、航空法で300m以下アウト、それで騒音はあるが、日米地位協定には、米軍
                      には航空法は適用されず、低空飛行やりたい放題、沖縄の人たちはたまらない→県民投票→反対、しか
                      し、ばんばさん、飛行機で東京→大阪に行くのに、羽田空港に行くのに千葉から回り込み、御巣鷹山事故
                      は、伊豆半島を迂回して、これは横田空域のため、米軍専用空域に民間機は入れず、横田空域を無視した
                      ら近いのに、民間機は危険、無駄、沖縄の那覇空港は低空飛行を余儀なくされて、上は米軍が支配してい
                      るためで、民間機は低空飛行を余儀なくされて、日航のパイロットも、不平等条約といい、米兵の犯罪も
                      取り締まれず、そんなトランプ大統領をノーベル平和賞に推薦するのはどうかしている、3日前の朝日新聞
                      でも韓国だと、文大統領は抵抗して、安倍総理は何もせず、米朝会談を文大統領は応援して、トランプ氏
                      も評価、しかし、ひとりだけ対話をしないのが安倍総理、トランプ氏の関心を買うためにノーベル平和賞
                      に推薦。
                       辺野古は反対72%、43万票、圧倒的に反対、メディアでは言われないが、2016年に米軍は今海兵隊が
                      12000人いて、定員は18000人、しかし米軍はこのうち9000人をオーストラリア、ハワイなどに配置して、
                      沖縄の海兵隊は3000人にする、日本の沖縄から撤退、その理由は中国対策?ではなく、アメリカはイラ
                      ク、アフガンの戦争でオケラ&リーマンショックの打撃、沖縄に置くより、オーストラリア、グアムにす
                      る、沖縄は中国に近く、中国への牽制は、ジレンマがあり、血を吐きながら続ける悲しいマラソン、しか
                      し「辺野古は海兵隊には不要、キャンプシュワブのみでOK」=普天間基地閉鎖でOK。 
                       辺野古しか選択肢なしというのは、日本政府の利権、埋め立てで4つのジョイントベンチャーが入り、
                      283億の公費でゼネコンウハウハ、ゼネコンに防衛省の天下り7割、それを潤わせるための辺野古、しかし
                      地盤はマヨネーズ、杭を90m打たないとならず、無限大のくい打ち、そこに防衛省の7割が天下りしている
                      ゼネコンのために辺野古をやっている、環境破壊、とんでもないこと。
                       ただ、これは283億が無限になり、工事計画の変更が必要で、沖縄県知事の許可がいる=玉城知事のいる
                      限りアウト&工事は軟弱地盤に最低13年かかり、世界一危険な普天間基地は13年放置、本末転倒、普天間
                      も辺野古も両方つかいたいのが日本政府、思いやり予算で基地を作る。
                       県民投票で反対43万、これが29万を超えたら、アメリカの大統領と日本の総理に言える、アメリカも地
                      元、沖縄の民意を尊重したいが、安倍政権、安倍総理は辺野古に作りたい、これが構図ではあり、辺野古
                      はあきらめても、米軍はグアム、オーストラリアに行くので要らない。
                       ばんばさん、尖閣で戦争にならないかと説かれて、西谷さん、戦争にならない、DPRKの脅威もメ
                      ディアと安倍政権が煽つているだけ、コメンテイターたちが戦争を煽るが、米中で戦争などできない、ア
                      メリカはイラク、アフガニスタン戦争でエライ目に会い、そしてアメリカのヤバかったキューバ危機で、
                      経験、米中戦争→アメリカ崩壊、トランプ氏失脚、戦争はアフガニスタンなど局地的なものである。
                       ばんばさん、米中会談について、非核化を問われて、成功するのか、核を放棄するのかと問われて、西
                      谷さん、アメリカはベトナム戦争みたいな体制変更のための戦争はできない、ベトナムは改革開放で変わ
                      り、トランプ氏が交替しても、米朝会談は双方にメリット、ところが、一人だけ蚊帳の外のお方が慌てて
                      いる。
                       DPRKのこと、平壌は飢えていないが、DPRKの人たちを食べさせる必要があり、モンゴル、ベト
                      ナムも経済発展して繁栄して、平和裏に対談を進めるべき。
                       西谷さん、念を押して、DPRKの核は60発なのに対して、アメリカは6万発持ち、2年前に核兵器禁止
                      条約をして、日本は署名していない、それでDPRKに核をなくせという権利はなく、アメリカの顔を見
                      て核兵器禁止条約に反対した日本政府、安倍総理に、DPRKに核を廃棄しろという権利はない、日本は
                      本気で核廃絶のために尽力しないと、世界から取り残されると締めくくられました、以上、西谷さんのお
                      話でした。

                       皆様にお願い、街頭でホームレスの方が販売しておられる、ビッグイシュー、次号の3月1日号は福島の9
                      年目の特集で、アーサー・ビナードさんも書かれます、ぜひお買い求めください。
                      https://www.bigissue.jp/
                       ビッグイシューは市民パトロンも募集しており、くだらない雑誌の多い中、私も毎回神戸で買って、伴
                      先生の原発記事も貴重で、皆さんこのようにしんどい市民メディアの応援をされていると思いますが、よ
                      ろしくお願いいたします。


                       


                      << | 2/663PAGES | >>