calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

カウンター

twitter

カレンダー

プラセンタ 効果

ランキング

報道するラジオ(2017/8/14) 敗戦記念日特集、敗戦前日の大阪大空襲、民間の空襲被害者には補償はないこと、矢野宏さんのお話

0

    永岡です、第257回報道するラジオ、今週も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会、新聞うずみ火
    代表でジャーナリストの矢野宏さんの案内で放送されました。
    8月は戦争の特集であり、明日は敗戦の日72年目ですが、72年前目の敗戦の日の気分は今までと異なり、
    矢野さんは戦争が近づく、第2の戦前と言われて、この1週間、トランプ大統領と金正恩氏の挑発合戦、日
    本はPAC3を配備するというものの、イージス艦をやったら何百億!の武器を買う=相手に脅威→戦争が
    近づく、であり、長崎市長は、核兵器禁止条約の交渉にも出ず、被爆者がASS(abe Shinzo Shusho(c)
    想田和弘さん)にあなたはどこの国の総理かというもので、ASSは毎度おなじみ1+1=サルマタで、AS
    Sの「アメリカの言うがままが日本の外交」だと矢野さん批判されました。

    今回のテーマは大阪大空襲、ジャーナリストの矢野さんの、取材のライフワークです。8月14日、玉音放送
    の前日に、大阪、京橋(JR環状線の西の端)、関西どころか東洋一の軍事工場、大阪陸軍造兵廠があ
    り、それの空襲であり、B29が145機来て、1トン爆弾4発が今のJR京橋駅に落ちて、1つは避難者の集中
    していた駅ホームを直撃、犠牲者は500人とも600人とも言われており、しかしちゃんと被害者への補償は
    なく、本日京橋で慰霊祭があり、全国の空襲被害者がどうなっているのか、大阪空襲取材のスペシャリス
    ト、矢野さんの報告がありました。

    ニュースは上田崇順さんの担当でした。
    世間はUターンラッシュ、中国道で渋滞、名神高速は14kmの渋滞、ピークは明日です。
    奈良県の山添に小型機が墜落、現場には残骸が残り、八尾空港→福島空港に行くもの、墜落の2時間後消
    防が二人の遺体を発見、男性から八尾空港に引き返す→3分後墜落、事故調査官が派遣されます。
    北朝鮮のアメリカ、グアムへのちょっかいで、アメリカ国防省の人間ランフォード氏が韓国、日本、中
    国にやってきて、北朝鮮の挑発に断固たる姿勢→失敗したら軍事オプション、日本で通過する4県の知事が
    ASSと会談、PAC3の配備、中国政府は国連安保理の履行、北朝鮮からの石炭の輸入を停止するもの
    の、これで北朝鮮国民をさらに窮地に追い込む危惧があり、脱北者の証言で、北朝鮮の輸出の8割が破綻し
    て、数百万の国民が窮地に陥るのです。
    矢野さん、北朝鮮を巡る動きについて、「元々の挑発はトランプ大統領が世界史に例のない報いをする
    と先に挑発し」、それで北朝鮮が反発、攻撃するぞとトランプ大統領が脅して、北朝鮮が対抗、挑発合戦
    で喜ぶのは誰か?PACの配備で、軍備増強=アメリカから兵器を買う=アメリカの軍需産業が喜ぶ=軍
    事費を上げるのを国民にあきらめさせるものであり、それでなくても軍事費は5兆円で過去最大「国民一人
    一人が苦しむ」、教育、福祉がカットされて軍事費になる=企業が喜ぶ、ミサイルを作る会社か゜儲かる
    →政治献金→政治家が喜ぶ、官僚が天下りできて、政治家と官僚が喜んでいるのであり、しかしPAC3は
    当たらず、イージス艦の撃ち漏らしをしても、迎撃は技術的に困難で、PAC3では無理+核弾頭だった
    ら、日本全国が放射能汚染で破滅「対話でしか解決できない」と矢野さん強調されました。
    翁長知事は小野寺大臣にオスプレイの運用を止めろと要求しても、小野寺氏は2+2=モモヒキで拒否&辺
    野古ごり押しです。
    内閣府のGDPは1.6%プラス、年率4.6%、6四半期連続成長というのです。しかし個人消費は弱く、
    ボーナスも減り家庭はしんどく、さらにトランプ政権のリスクがあり景気の息切れも懸念されて、矢野さ
    ん、格差が開いて、儲かつている人は買えるが、取り残されている人は貯蓄であり、格差をなくすどころ
    か開いていると言われました。
    1時間に50ミリ以上の大雨が30年前の3割増えて、アメダス1000地点で173回→232回、土砂災害のリスク
    もあり、短時間大雨の予測を気象庁は進めます。

    矢野さんによる、大阪大空襲の解説、1945年8月14日、京橋駅で空襲、太平洋戦争末期に50回以上の空
    襲、B29の100機以上を大空襲、8回、最後が8月14日、65000人の働く大軍事工場、1発が環状線のホームを
    突き抜けて、今の片町線に落ちて、空襲で皆さん片町線に逃げて、防空壕はもう一杯、空襲警報で電車は
    ストップして数千人が駅の中に避難→直径30m!の穴を開ける1トン爆弾で、たくさんの人が殺されて、名
    前がわかっているだけで210人、しかし家族全滅もあり、500人、600人殺されて、リスナーより、大阪城に
    軍事工場の跡があり、ここのみ高架になっていない、軍事工場を隠すためと言われてこれを見るたびに戦
    争を思うとあり、矢野さん、中学生も動員されていたと言われました。
    京橋空襲の慰霊祭、千葉猛さんが取材、改札を出てすぐのところに慰霊碑、千葉さん京橋駅を無数に
    通ったものの、慰霊碑の意味を知らなかった、焼香できるテント、高齢の方も喪服姿で来られて、11時か
    らの慰霊祭の模様が録音で取り上げられて、63回目の慰霊祭に300人参加して、空襲の体験者〜小学生、お
    寺の住職、駅長、小学生の作文も披露されて、小学6年の女の子の作文、京橋慰霊祭、祖父の時代に空襲、
    空襲に会っていたら自分も母も生まれていないと語るものであり、家族も友達も亡くなり一人になった
    ら、とあり、矢野さんこのように想像する大切さを説かれて、千葉さん、自分のこととして考えてくれた
    と報告、3人が作文、他にも慰霊祭に参加して、矢野さん、小学校で平和学習して、戦争体験者の声を聞い
    ていると言われて、千葉さん、しかし参加者の多くは高齢者、家族に介護されての参加であり、72年、い
    つもの年より参加者は少ないと報告されて、矢野さん、被害者の吉富さん、当時13歳、兄が8/15に姫路の
    連隊に入る→見送り時に空襲、母は吉富さんに声をかけつつ亡くなり、兄も亡くなり、吉富さん「せめて1
    日戦争が早く終わっていたら」と言われて、吉富さんはケガで今年の慰霊祭には参加しなかったが来年は
    行く、これは重いものであるのです。
    山本ますえさん、今93歳、空襲時には、8時に郵便局の仕事で空襲を知り、机の下に隠れても焼夷弾には
    無力、周りは火の海、情景は72年経っても思い出す、京橋の電車を見たら空襲を思い出すと言われて、72
    年経ち、戦争は、男の子ができたら兵隊にとられないか心配した、怖いと言われました。
    夜も眠れない日があり、雨の降るような音=焼夷弾、どれだけの爆弾が落とされたのか、であり、他に
    も慰霊祭に参加した21歳の男性(学生)、曽じいさんが亡くなり、京橋のことは熟知して、大阪にこんな
    被害が出ていて、慰霊祭を続けるのは貴重、戦争はアカンと語り、これからも慰霊祭に来るというので
    す。
    この学生さんは慰霊祭に初参加、これからも来たいといい、この世代にも続けられて、1929年生まれの
    車椅子の男性、大阪の高麗橋に爆弾が落ちて、大したことないと言われたが36人殺されて、爆弾はすさま
    じい轟音で来て、1トン爆弾で30m穴が開き、耳も目も押さえないとダメと、学校で教育を受けて、毎年こ
    こに来ないといけない、正月の参拝と同じ、1920年ごろ生まれの当時20代の若者がたくさん殺されたとい
    われるのです。
    大正時代の生まれの方が殺されて、毎日空襲で大変であり、この方は大阪の港区で慰霊祭に参加、それ
    が無くなり、京橋の慰霊祭に参加して、戦争の慰霊祭を続けるのは減り、矢野さんの知る限り大阪で4カ
    所、この方は去年まで歩いて、今年は車椅子、来年来られるか、しかしここに来ないといけないのであ
    り、矢野さん、自分が生き残った責任と言われて、お寺、ライオンズクラブなど民間がやり、公的な慰霊
    祭ではなく、慰霊碑も被災者が1947年自腹で亡くなった方のために作った、こんな目に未来の人間をあわ
    せてはいけない、千葉さん、慰霊祭に行き、若い世代も参加するが、毎年続けないと記憶が途切れるもの
    であり、千葉さんは年1回の慰霊祭には若い人に来てほしいと言われ、若い世代も戦争について考えてほし
    いと言われて、公的なものではなく、矢野さん、被災者の高齢化で続けられないものもあると言われまし
    た。
    そして、空襲の被害者に補償されたか、被害者の救済、水野さん、こうして大空襲について問われて、
    矢野さん、全体の被害は分かっているだけで666都市、49万人殺されて、被害者はもっと多い危惧もあ
    り、しかし被害者への補償、矢野さん、戦争は死者の数で見るが、負傷者の声はなかなか伝わらず、その
    声、爆弾で手足を奪われた、大やけど、肉親を失って孤児になり、国の謝罪を求めて、戦争は国策であ
    り、そして負傷者は差別の目にさらされて、補償が必要で、戦後72年、外国で戦争を終えた人や広島と
    長崎の被爆者も援護法があり、シベリアの抑留もあるのに、民間の被災者には補償はなく、日本が独立し
    た1950年のサンフランシスコ共和条約時に軍人は援護法ができたのに、民間の被災者は救済されず、
    なぜ軍人のみ補償か、矢野さん2つ理由があり、1つは1952年=朝鮮戦争時、ひょっとしたら日本もまた戦
    争、自衛隊の発足、再軍備、先の戦争で負傷者は補償、して次の戦争に備えるため、2つ目は民間の空襲被
    害者はあまりに多く、国家予算の破綻を恐れて、もちろん補償できるのに、戦争損害受忍論で、戦争でみ
    んな大変→仕方なかったとさせるものの、もちろん戦争は一部の上層部の責任で、これを否定、他の被害
    者は補償されても、民間人に補償しないのは差別と矢野さん言われて、他の国だと、イギリスなど戦勝国
    は補償して、ドイツとイタリアでも民間に補償して、国家予算のパンクはなく、日本政府の1952年のもの
    は偽善だと矢野さん指弾されて、あきらめろというものはダメ、足を失った方は温泉に行けないものであ
    り、一度、自分の足で走りたい、そういう人たちのために、あきらめてはならない、補償をさせる=国が
    戦争したらお金がかかるので、「戦争を繰り返さないために援護法が必要」だと矢野さん強調されて、水
    野さん、戦争を止めるためと言われて、矢野さん、戦争被害者に補償しないといけないとなると政府は戦
    争出来なくなると言われて、今国会で民間の救済の法律が超党派で出る予定が、足踏み状態、秋の臨時国
    会に出るものの、骨子が問題、今も障碍の残る人に50万円であり、被災者はそれだと義足にもならない、
    72年の苦しみをたった50万は、矢野さん無茶苦茶と言われて、しかしこの額でないと、国、厚労省、政府
    は通さないというものの、軍人恩給の総額は年間1兆円を超えていたものが3000億、しかしこの50万は、障
    碍者1万人で総額50億、こんな理不尽なことは許せないと矢野さん言われて、援護法がこのまま成立させて
    いいのかと矢野さん怒られています。
    これで戦後補償が片付けられたら、これで終わった、金目当てと見られる危惧を矢野さん言われまし
    た。

    今週の敗戦の日の特集、大阪空襲のこと、リスナーの声があり、8/15は知っていても8/14のことに驚
    き、1日敗戦が早かったらとあり、情報が閉ざされて、しかし8/12にポツダム宣言受諾を決めても揉めてこ
    の始末、14日と15日に空襲で2500人殺されて、これだけの攻撃は工事を潰すため、しかしわざと狙った可
    能性もあり、環状線のことを知って驚きの声もあり、知ってもらったことに矢野さん感謝されて、1945年4
    月生まれの方、戦時中の栄養失調で先天性全盲との訴えもあり。水野さんも京橋の空襲にも、リスナーの
    声でも知らないことがあり、伝えられないと言われて、矢野さん、今日知ったことが明日からの第一歩と
    言われて、リスナーより、誰かが止めてくれるかと思ったら止められず、人の感情から戦争が起こるとの
    声があり、矢野さん対話、相手を知らないと憎しみの連鎖と言われて、メルケル首相は軍事的ではアカン
    と言うのに、日本政府は外交でやっているのかと言われて、矢野さん、強いものについていたらいいと今
    の日本政府はやっているが、それは外交ではないと矢野さん締めくくられました。
    もうお判りでしょう、戦争で犠牲になっても、日本政府は全く助けてくれないのです。さらに軍人恩給
    は新たな戦争をするためのものであり、この内容、例によりいくらでも拡散してください、戦争を志向す
    るASS政権の暴走を止められなかったら、日本は、世界は破滅です!


    毎日放送VOICE&弁護士の放課後 (2017/8/14) 敗戦を知っていた情報スパイの証言&大阪空襲訴訟、子供たちになぜ戦争に反対しなかったのかと言われないように!

    0

      body

      永岡です、毎日放送のニュース、VOICEにて、敗戦の1年前に知っていた長谷川良治さん(93歳)の
      証言がありました。長谷川さんは、陸軍の情報関係の仕事に当時就かれて、施設は当時珍しい東京の老人
      ホームにあり、そこだと空爆されないというもので、情報を電波で得て予測する仕事を1944年4月からされ
      ていて、これは通信スパイであり、1945年8月、広島、長崎にやってくるB29の不審な行動を知り、おかし
      い、いつ本物になると思い、普段は編隊を組むB29が数機で来ていて、おかしい、軍部は当時からアメリ
      カが何かするのを知り、8月に無線を傍受して、B29の動きを知っていても、それが大本営報告しても生か
      されず、長谷川さん、部長は機嫌悪いな、しかし部下が苦労して情報を得ているのに、情感はデタラメ
      で、その記憶は今もはっきりしており、長谷川さん、敗戦ムードの中で、国民も軍部も敗戦を口にするの
      はタブーであったのに、軍部では敗戦後どうするか、議論しており、それも1944年の11月ごろのことであ
      り、特殊情報部の部屋は黒い汚れがあり、これは敗戦の4日前に、長谷川さん、上官の命令でこの施設を焼
      けとのものであり、それで、敗戦を認めるのは15日だと把握して、敗戦が濃厚になったら、収集した機密
      資料を焼却するように命じられて、革のカバンごと焼いて、長谷川さんは8月15日になるたびに、早く終
      わってよかったと思い、8月15日は長谷川さんの誕生日、明日長谷川さん94歳になり、情報は活かされず、
      多くの命を奪ったものであり、司会の西靖さん、戦争の情報の問題を問われて、中野雅至さんはエリート
      の問題と、このような資料をしゃんと集めて、後世に伝えるべきと言われて、情報を収集してB29のこと
      を知りながら、上層部は何もしなかつたというものであり、長谷川さんは早く終わって良かったといい、
      これは本土決戦のことも想定されて、本土決戦の前に敗戦で良かったと言われて、長谷川さんはまだ伝え
      ていない情報もあり、これを伝えるべきと締めくくられました。

       毎日放送ラジオの、弁護士の放課後でも、大前治弁護士のお話があり、戦争で国民が犠牲になり、これ
      を未来への教訓にすべきとの弁護士さんのお話がありました。広島で活動される弁護士さん、広島ではお
      しゃれな空間で原爆の被害が語られるもので、司会の水野晶子さんも、我々の考えることと言われて、大
      阪空襲訴訟の原告は、母親になぜ戦争に反対しなかったのかと言われたとのことで、我々も子供たちに、
      なぜ戦争に反対しなかったのかと言われないようにと、大前さん強調されました。以上、VOICEと弁
      護士の放課後、の内容でした。
       

      TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/8/14) 青木理 内部告発者をどう守るか、朝鮮半島緊迫の一番の原因はトランプ大統領、アメリカでホワイトハウスが白人至上主義を批判するが、日本政府はヘイトスピーチを批判するか?

      0

        永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 荒川強啓さんの司会、片桐千晶さんがアシスタ
        ント、月曜日のレギュラーはさすらいのジャーナリストの青木理さんでした。

        ニュースランキング、3位はCIA長官が北朝鮮の攻撃は差し迫っていないと言ったこと、2位はトラン
        プ大統領と白人至上主義の問題、1位は豪雨が30年前に比べて増加している件であり、青木さん、8/10にア
        メリカの海洋局の報告書で、世界の地表と海面の温度は昨年130年で最高になり、町の声でランキング1
        位、多くの方が感じて、青木さん長野に帰省されて、しかし暑くなり、こんな暑い日は昔はなかったとい
        い、温暖化と、気候が変わっていると言われました。
        2位の、バージニア州での白人至上主義のデモとカウンターの衝突、カウンターに車が突っ込んで女性が
        1人死亡、FBIはヘイトクライムに当たるか捜査して、トランプ大統領は批判しても主語がはっきりせ
        ず、KKKの名指しをさけて、野党や人権団体だけでなく共和党からも批判であり、ホワイトハウスは大
        統領の批判した仲に差別主義者も入るとして、これについて北丸雄二さんがお電話でお話されて、場所の
        シャーロックビル、アメリカの南部の始まる5万人の町、バージニア州はクリントン氏の勝った民主党の牙
        城、しかし南北戦争の象徴のリー将軍、北部はグラント将軍が率いて、バージニア州にはリー将軍の銅像
        もあり、南北戦争でのリー将軍の銅像の撤去の動きがあり、7月にも衝突、今月白人至上主義=人種差別主
        義者、ネオナチ、オルトイライトが集まり、それに反対する白人のデモであり、トランプ大統領がちゃん
        と批判しておらず、強啓さん、トランプ大統領の考えに問題と言われて、青木さん、マイケル・ムーアさ
        んが、大統領が自分の支持者を批判しないと言われて、北丸さん、トランプ大統領の支持者38%に白人至
        上主義がいて、リーダーはトランプ氏の公約を守るため、白人至上主義がいなくなるとトランプ大統領の
        支持率は20%になり、これは白人至上主義、人種差別主義者だけでなく、ニューヨークは昨日トランプ大
        統領に反対するデモがあると言われて、青木さん、日本人にはKKKの存在を知っていても、なぜ今頃行
        動して、そしてカウンターがある意味はトランプ現象かと言われて、北丸さん、トランプ大統領が勝ち、
        南部連合の旗が立ち、建国したのは白人との主張、たまりたまった鬱憤がトランプ大統領、リー将軍に出
        てきて、銅像の撤去の際に爆発したと言われました。青木さん、ホワイトハウスは謝罪して、アメリカの
        強さは人種差別への抵抗で、こう言わざるを得ない、日本はヘイトスピーチをやっても、政権がヘイトス
        ピーチを批判せず、これはアメリカの強さと言われました。
        (…しかし、日本もアメリカも、ショッカーの首領が大統領や総理大臣になるようなものなのだから…)
        北朝鮮からの攻撃は差し迫っていない、アメリカのCIA長官が言い、北朝鮮はロケット実験を繰り返
        しているだけ。マクマスター氏も驚いておらず、他方アメリカの軍人が日本と韓国を訪問、青木さん、軍
        事行動をアメリカが取ることはあり得ず、「この問題(朝鮮半島緊迫)の最大の原因はトランプ大統
        領」、北朝鮮はアメリカを非難して、アメリカは北朝鮮と同じレベルで、売り言葉に買い言葉でやってお
        り、しかし朝鮮半島で軍事行動などアメリカに取れるわけはなく、青木さんは、北朝鮮をどうやって対話
        の場に連れてくるかを考えるべきなのに、こともあろうに一番大切なトランプ大統領が乱暴であり、また
        米韓軍事演習に北朝鮮が問題ある行動をとる危惧を示唆されました。
        競馬競輪、20歳未満禁止に据え置く点について青木さん、難しい問題、憲法改悪に関わる国民投票法が
        2007年に出来て、2015/6に公選法で選挙年齢が18歳になり、他方ギャンブルを20歳まで認めない?飲酒喫
        煙はどうするか?警察庁が検討して、そして少年法をどうするか、自分が18歳の時を考えたらどこまで責
        任を取れるか、さらには責任を取らせてギャンブル禁止は成り立つのか、なぜ競輪競馬は18歳でダメで20
        歳になったらなぜOKなのかと言われて、自分で稼ぐといいなら、中卒でもOKなのか、他方20歳を超え
        て大学院の人はアカンのか、青木さんは喫煙も飲酒もしているが、愚かなことをするのは大人の権利であ
        り、宝くじは子供でも買えるがばくちの一種で、これでいいのか議論すべきと言われました。

        デイキャッチャーズボイス、会社員、公務員の内部告発者をどう保護すべきかについて青木さんが語ら
        れました。
        どう守るか、来週前川氏が来るが、青木さん前川氏の告発は様々なことを考えさせられて、官僚のこと
        や、前川氏を誹謗中傷したメディアのこと、政府の情報収集やリークを感じさせるが、内部告発者をどう
        考えるか、メディアは内部告発を必要として、前川氏の内部告発では地位の高い人であり、それで不当な
        攻撃にさらされて、内部告発した人をどう守るべきか、前川氏が記者会見した際に、ある新聞社が守秘義
        務違反と言って青木さんひっくり返り、我々の仕事は守秘義務とのせめぎ合い、弁護士や役人もそうであ
        り、情報を伝えて民主主義を豊かにすべき、リークにより当局の思うままにやるものもあるが、守秘義務
        は最高裁の判例で、当局がアカンと言っても、世の中になるなら守秘義務違反にならない判例もあり、前
        川氏にはこのような誹謗中傷が記者や、義家氏からも出て、どうしたらいいか?公益通報者保護法が10年
        前に出来て、公益のための内部告発した人を守るものだが、適用が困難で企業、官庁寄りの法律で、保護
        する対象は労働者のみに限定されて、役員や退職者は対象にならず、前川氏は対象にならない、あるいは
        実際にあったケースで、病院の医療ミスをおかしいと内部告発したらいじめにあって退職させられて、そ
        のために保護の対象にならず、守る対象と、弾圧した場合の罰則がなく、通報する機関がなく、場合に
        よってはマスメディアや青木さんのようなところに通報するとしても、マスメディアへの通報はハードル
        が高く、しかし内部告発を守ることは民主主義を守ることだと締めくくられました。以上、青木さんのお
        話でした。


        朝日放送おはようコール(2017/8/14) 中川譲が北朝鮮とアメリカの全面核戦争の危機、アメリカでの白人至上主義のヘイトデモとアメリカの分断の問題と日航機事故を語る

        0

          永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは、今週は
          政治アナリストの伊藤惇夫さんがお休みで、今週のコメンテイターは帝塚山学院大学客員教授の中川譲さ
          んでした。

          本日の新聞一面紹介、朝日は自治体が再生可能エネルギーで新電力、読売は競馬競輪を20歳以上維
          持、毎日はシェールガスと地震、産経は産婦人科関係、日経は年末調整ネットでできることです。

          北朝鮮のロケット発射への不安が広がる中、標的とされたグアムでは有事への備えが着々と進み、住民
          は食料品の備えなどして、グアム当局は核攻撃に対して食料品を7日間備蓄するように、缶詰めなどの保
          存食など、攻撃の警報が出たら屋内にいて、放射性物質の対策もしており、日本ではロケット迎撃のPA
          C3の配備をしており、4県の知事がロケット対応を政府に要請し、北朝鮮では潜水艦の様子が分からず、
          アメリカは潜水艦から発射する準備と見ており、グアムは核攻撃の際のガイドライン、家の中にいる、外
          なら頭を隠す、失明の恐れがあり閃光を見ない、家の中に目張り、外なら衣服を脱ぐ、エアコンを使わな
          い…というもので、スタジオでも名前を出されてグアムは大変との声があり、米韓軍事演習もあり、北朝
          鮮の創立69年の日もあり、これについて中川さん、北朝鮮は計算高く、威嚇だけでやることはないが、も
          し北朝鮮が核ミサイルを撃ったら世界は終わり、アメリカは反撃し、ロシアも黙っておらず世界を核兵器
          が飛び交い、今の核兵器は広島原爆の100倍の破壊力があり、グアムで全面核戦争になったら、核シェ
          ルターに入って食糧を備蓄して助かっても出てきたら世界は終わっており!ともかく核の使用をさせない
          こと(=外交手段で戦争を止めるべき)、北朝鮮が撃つとアメリカがその倍反撃→ロシアと中国もアメリ
          カを核攻撃する最悪の結果が100%ないとは言えないものの、北朝鮮が自ら撃つことはない(=自国の自滅
          になる)=アメリカも北朝鮮のも自制すべきと言われました。

          一昨日18時半、全日空機37便の事故、羽田に緊急停止し、機内の気圧が低下した警報がなり、ダク
          トから空気が漏れて、酸素マスクも出てきて、専門家も一歩間違えれば大変なことになっていたと指摘
          し、今回は離陸直後に引き返して無事であったものの、乗客も大変であり、これは85年の御巣鷹山事故
          と、同じ日時、羽田→伊丹、同じ時刻であり、これについて中川さん、減圧だと意識を失い、機長がそれ
          なら大変で、ダクト破損の原因究明が必要、御巣鷹山事故の場合の機体はしりもち事故があり、尾翼が吹
          き飛んで、一部の破損の原因を徹底的に究明すべきと言われました。

          アメリカ南部バージニア州で白人至上主義を掲げる団体KKKと反対する市民の衝突があり、車が多くの
          人を轢いて、さらにデモを監視する州警察のヘリも墜落して2人死亡、しかしトランプ大統領は白人至上主
          義たち名指ししてを批判せず、ホワイトハウスが代わりに弁明、KKKはトランプ大統領を支持して、こ
          れについて中川さん、トランプ大統領は白人至上主義に抗議した人も悪いというが、もちろん白人至上主
          義者が悪く、KKKは消滅したものがトランプ大統領の就任後息を吹き返して、トランプ大統領の移民排
          斥と白人至上主義者が会い、バノン氏はKKKとつながりがあり、アメリカ社会の分断がトランプ大統領
          になり深刻になっていると言われました。

          本日の気になる新聞記事、朝日1面、組体操中止が広がり、2016年度は小学校で2割、中学校で3割減
          り、事故が相次いで、大阪でも生徒が骨折であり、確実に安全でないと実施はダメで、スタジオでも過去
          と比べて高くなっているとの声があり、中川さん、自分の時代にはなかったものであり、だんだん高くな
          るのは達成感だが、危険度が増し、達成感は他のことでも出来て組体操の高さ競争はそろそろやめるべき
          時期と言われて、朝日の24面の記事、カレーがどうしてこれほど日本で普及したのか、横浜で退役軍人か
          ら家庭に普及したというものであり、全国各地で退役軍人が広めて、中川さん、ラーメンとカレーのどち
          らが国民食かと言われました。以上、中川さんのお話でした。

           


          文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ(2017/8/11) 金子勝 日本で近代国家が破綻する、推定無罪を権力が悪用して日本が破綻する!

          0

            永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことのゴールデンラジオ、金曜日のレギュラーは慶応義塾大学の
            金子勝さんでした。パートナーは作家の室井佑月さんでした。
            大竹紳士交遊録、今週の金子さんのお話、金子さん草野球されて?高校時代の同級生のもので、それ
            で、国が壊れかけていると、福田康夫元総理が東京新聞で言い、しかし近代国家の原則が崩壊、まだ反安
            倍政権をやっているとかネトウヨがいうものの、推定無罪は権力者から民衆が守るもので、しかし権力者
            が推定無罪を悪用、森友学園問題、加計学園問題、稲田氏の日報問題、全て推定無罪で逃げて、権力の乱
            用から民衆を守るべきもので権力者が逃げて、国会で国民の議論から逃げて、近代国家は王政からの解
            放、マグナカルタ、王様が勝手に戦争や徴税をしてはならないのが1689年、それまで官職を金で買うなど
            して、これを糺して、行政の独立性を保ったのに、これが壊されて、国会議員は権力者を縛るためにある
            のに、自分の縁故者に金を流すのは近代国家崩壊、王政であり、近代国家は国民に情報公開してやるべ
            き、それをしないと独裁国家になってしまい、民主主義の一丁目一番地、疑惑の追及を止めたとたんに日
            本は近代国家でなくなり、検察も問題、240人が大阪地検に森友学園問題で近畿財務局を告発、それをしな
            かったら籠池氏夫妻を逮捕して終わっていたものであり、民間の法律家は籠池氏だけではおかしいと、近
            畿財務局のやった事は背任として告発、財務省の値引きがあり、ところが権力者は推定無罪を使い、昭恵
            氏も追及されず逃げて、証拠も捨てて、こんなことを言うものが権力を持ったら何でもできる。
            加計学園の認可を先延ばし、世論が忘れてから認可するものであり、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想
            田和弘さん)政権は支持率は少し上がっても、森友学園問題、加計学園問題で対応せず、佐川国税庁長官
            が記者会見せず、特別監察で稲田氏に言ったことも明確にされず、しかし言ったことは確実で、日報問題
            は稲田氏の証人喚問が必要、感情の問題、ASSの謝罪ではなく、近代国家は破綻、権力を握れば何でも
            できるなら、悲劇を過去に起こしており、防衛省、自衛隊が防衛大臣を信用できず、背広組の黒江氏が隠
            そうとして、現場は自分たちのことを知ってほしく、陸幕含めて隠す、ASSの官邸主導での戦争国家作
            りで現場の不満が募り、文民統制の破綻、これを糺さないと、証拠隠滅、今もトランプ大統領と北朝鮮が
            一触即発であり、これは総理や人間とシステムの双方に問題があり、記憶にないと逃げる、稲田氏出ず、
            日報問題放置→何でもあり、けじめをしないとルールが歪み、福田康夫氏は内閣人事局に問題ありと言
            い、縁故で王室がやってきたのと同じ。
            稲田氏が報告を受け低なかつたらシビリアンコントロールに問題、隠したら本人の問題、支持率が戻っ
            たのは、野党に期待できないのも理由、ASSの対抗軸が必要で、ASSの人作り革命とかに対抗して、
            大竹さん、小選挙区制に問題、選挙制度も問題と言われて、金子さん、小泉氏時代に公認を得られないと
            当選できず、自民党の中に自浄作用がないと言われて、室井さん、金子さんのお話で室温が2度ほど上がっ
            たと言われて締めくくられました。以上、今週の金子さんのお話でした。


            サンテレビニュースPORT(2017/8/10) 敗戦記念日特集、記憶を語り継ぐ、原爆投下の操縦士を許した女性が語る戦争・原爆体験

            0

              永岡です、サンテレビのニュースPORT、敗戦記念日特集、原爆を投下したパイロットを許した女性
              のお話です。三木市の近藤紘子(こうこ)さん(72歳)は10歳の時に、広島に現場を投下したパイロット
              と面会して、この人も同じ人間だとして、戦争をする心を憎むようになり、近藤さんは今月、アメリカの
              学生とともに広島に行かれました。
               JR広島駅、近藤さん、被爆体験の語り部を続けられて、近藤さんは1944年11月に広島に生まれて、生
              後8か月で爆心地から1.5kmで被曝、母がどうにかして娘の出られる穴を作り、自分も出たら火の海であ
              り、近藤さんは兵庫県三木市で教会にて牧師の夫を支えて、父も牧師であり、近藤さんは1冊の本を差し出
              されて、アメリカ人ジャーナリストのジョン・ハーシンさんの本、父が被爆体験を英語で記録して、原爆
              投下直後の広島のことを書いて、それを読んだハーシンさんが本にして、多くの人が助けを求めて、人の
              ために生きた父のことは、広島の被爆者のために行きたいと思い、父として、牧師としての思いに葛藤が
              あり、近藤さんは幼い頃に、戦争について、爆弾を落としたものが悪いと最初思い、1945年8月6日に原爆
              投下のパイロットに憎しみを持っていたが、10歳の時に1本の国際電話、明日、ロサンゼルスにくるように
              というNBCからの電話、父清さんが被爆者への献身的な姿勢からアメリカに招かれて、母と近藤さんも
              行き、エノラ・ゲイのパイロットのロバート・ルイスさんと出会い、するとルイスさんは、副操縦士、原
              爆を落としたこと後悔して、敵、鬼だと思っていた人が人間だと分かり、近藤さんはこの人を憎むのでは
              なく、戦争をする心を憎むことになったのです。
               近藤さん、8月4日に学生たちと広島に来て、日本だけでなく、アメリカの学生も数多く参加、広島平和
              記念資料館を回り、学生さんも周りに新設にすることが平和を作るという近藤さんの言葉に学生も感銘を
              受けて、昨年5月、当時のオバマ大統領は、原爆投下のパイロットを許した女性のことに言及し、近藤さん
              は、世界を変えるのはなかなかできない、一番強いのは人から人へ、地道に語り継ぐこと、と言われて、
              近藤さんは学生さんに語り継ぐ活動をして、エノラ・ゲイのパイロットは精神病を患い、原爆投下につい
              ての彫刻を残す晩年であったというのです。
               近藤さんのことを記したブログを載せます、
              http://d.hatena.ne.jp/sora-an/20160529/1464501893
               以上、ニュースPORTの内容でした。

               


              TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! (2017/8/9) 近藤勝重 長崎原爆の日を語る、戦争を意図する安倍政権を野党は追及せよ!桃原永 沖縄報告

              0

                永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 水曜日のレギュラーは毎日新聞特任編集委員で
                コラムニストの近藤勝重さんでした。

                オープニングは江崎大臣の沖縄入りと日米地位協定のこと、沖縄県民はどう見るか?RBC琉球放送の
                桃原永(とうばる・はるか)さんの報告がありました。オスプレイの墜落事故で地位協定の見直しに言及
                し、しかしASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)政権は地位協定の見直しはせず、江崎氏はその
                後メモを読んでトーンダウン、桃原さん、今日の動きは糸満市の平和記念公園に江崎氏は行き献花、オー
                ストラリアでのオスプレイ墜落で日米地位協定の見直しに言及し、江崎氏は翁長知事と会談して、沖縄の
                発展のために交通インフラなどに取り組むといい、翁長知事は19項目の要望書を出して、江崎氏は普天間
                基地を視察、地元は目に見える結果を出してほしいといい、宜野湾市役所から普天間基地を見て、日米地
                位協定のこと、米軍の事件事故に日本は捜査できず、見直しを求める声はずっとあってもどの政権でも実
                行されず、江崎氏の発言は、失言として全国では見られているものの、地位協定の見直しのためになって
                ほしいと沖縄県民は思い、沖縄県民のとらえ方は、江崎氏は政府とのパイプ役、沖縄県内では江崎氏の発
                言と行動に注目して、江崎氏の沖縄県民の評価は、いろいろあり、これからも那覇空港増設などを視察し
                て、振興策をどうするか、沖縄経済と、沖縄の歴史について、基地の問題は防衛大臣もいるが、沖縄担当
                として経済も見てほしく、地位協定の見直しが出たことを冷静に見るべきであり、江崎氏の原稿朗読の件
                については、沖縄は江崎氏の就任直後でこれから見ていくものだと、桃原さん締めくくられました。

                近藤さんのお話、ランキング4位が長崎原爆の日、3位は茂木大臣の公選法違反か?2位は江崎氏の閉会中
                審査出席を民進党が要求、1位は東京の猛暑であり、2位の江崎大臣の閉会中審査、民進党山井氏が役所の
                原稿を朗読すると言った江崎氏の出席を要求、自民党はこれを拒否、これについて近藤さん、地位協定の
                見直しを言ったのはいいこと、地位協定は正論を言っている、仕事人内閣と言うが江崎氏は仕事人ではな
                く、北方領土、沖縄は知識を要するものだと言われました。
                茂木大臣が選挙区内で1つ600円の手帳を3000部無償で配布=公選法違反と週刊新潮に報じられて、茂木
                氏は閣議後の会見で降れず、松島氏のうちわ問題辞職があり、近藤さん、団扇より高い、公選法違反の要
                件はあり、江崎氏の問題と言い茂木氏と言い、ASS内閣の問題点はもともとスタートで閣議決定で憲法
                を捻じ曲げて戦争準備法案、共謀罪、秘密隠蔽法であり、本質的に問題のある政権・内閣であり、公選法
                違反よりもっと大きなものがあり、江崎氏の件は野党はオスプレイのことを追及してほしいと言われまし
                た。
                長崎原爆の日について、田上市長がASSに核兵器禁止条約批准せよと迫り、被爆者の努力のたまもの
                として日本政府を批判した件について、ASSは広島同様核兵器禁止条約に言及せず、しかしASSは長
                崎で会見、核保有国の参加を求めるというものの、例により日本語になっておらず、日本のアプローチと
                異なると文章になっておらず、これについて近藤さん、チェックを入れられて、今年は田上市長の平和宣
                言、広島・長崎条約に、ASSは言い逃れ、説得力なし、近藤さんは学生時代に6・9に何をやると言われ
                ていて、核兵器禁止条約の交渉にも入らず、しかし日本は唯一の被爆国であり、広島・長崎も川柳作家が
                詠んで、田辺聖子さんのものもあり、切実な川柳があり、近藤さん紹介されて、水くれる ああうれしい
                と 死んでいき、広島 皆焼き場となって 風もなく、日本は特別な国で、被曝の歴史から9条が生まれ
                て、それでなぜ戦争準備法案なのかと近藤さん憤られました。
                時事川柳、朗読も いいんじゃないの 事実なら、ファーストが ファストに見える お手軽さ、納税
                も 諸般の事情で パスします(笑)、この暑さ 五輪をやれば ご臨終(笑)、強啓さん、本当にオリ
                ンピックをやるのかと言われて、近藤さん、早朝にするのかと言われて(笑)、見直しは 地位協定より
                君の地位(笑)、5つ目がチャンピオンでした。以上、近藤さんのお話でした。


                毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ(2017/8/10) 谷口真由美 唯一の被爆国が核兵器禁止条約に参加しない矛盾を語る、核の傘は冷戦時の遺物、もう脱却しろ!

                0

                  永岡です、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、木曜日のレギュラーは大阪国際大学の谷口真由美
                  さんでした。
                  しゃべりたいんやぁトピックス、今週の谷口さんのお話、季節もそうなので、原爆投下の8/6と8/9、そ
                  して米朝の火遊びについて、皆さんご存知のように8/6に広島、8/9に長崎に原爆投下、先週谷口さん長崎
                  に行かれて、平和記念公園に行き、8/5に猛烈に暑く、こんな時落とされたら大変であり、爆心地に黒い
                  塔、浦上天主堂があり、原爆投下は許されるものではなく、平和教育で広島、長崎に行った人も多く、日
                  本は唯一の戦争による被爆国、ビキニ諸島もあり、日本では福島のこともあり、核の脅威で戦争にあった
                  のは日本だけ、長崎原爆の日、長崎市長のスピーチに重みがあり、7月の核兵器禁止条約の交渉に参加しな
                  かったASS政権、日本政府を長崎は理解できず、ASSのスピーチに核兵器禁止条約への言及はなく、
                  過去2番目の世界の人がやってきて、長崎市長は多くの被爆者の願いが届いたとして、日本政府は参加せず
                  とも被爆者が参加して、ヒロシマ・ナガサキ条約であり、長崎市長の言葉に重みがあり、ASSに被爆者
                  団体が文章を渡して、あんたはどこの国の首相なのかと被爆者団体が語り、ASSに核兵器廃絶のトップ
                  に立てと要望して、核兵器禁止条約にASSが参加しなかったのに満腔の怒りを表して、ASSは無表情
                  であり、しかしこれを言うと、日本はアメリカの核の傘に守られて、核兵器禁止条約に参加しないと言う
                  のは、核の傘とは冷戦の遺物、米ソ対立で核兵器を使ったらおしまいは冷戦時の話で、今核の傘というの
                  はおかしい、アメリカがそうであっても、唯一の被爆国と言うなら、核の傘という冷戦の遺物にすがるべ
                  きではなく、上泉さん、広島、長崎の原爆の日で、日本が署名しなかった事に純粋な疑問があり、納得で
                  きないと言われて、谷口さん、アメリカが落としたことを忘れてはならない、浦上天主堂に落ちたマリア
                  像の崩壊を最初に撤去、教会が破壊されたのでアメリカは非人道的と言われないように撤去して、アメリ
                  カの理屈で日本の平和が成り立ったことを忖度するのか、集団的自衛権というのはそれと矛盾すると言わ
                  れて、上泉さん、あなたはどこの国の総理かと被爆者団体が言う重みに言及されて、谷口さん、「政治の
                  すべきことはこういう時(核兵器禁止条約採択時)に逃げないこと」、核兵器禁止条約に何も言及しない
                  のはおかしい、それのビジョンを示すのが政治の役割であり、核兵器禁止条約に参加の是非、世界の人が
                  折った折り鶴が置かれて、政府が言わず被爆者団体のみに唯一の被爆国と言わせ続けるのはおかしく、日
                  本は唯一の戦争被爆国と言うなら、なぜ日本政府は出席もしなかったのか、意志は表示すべきで、米朝が
                  核のチキンレースできな臭くなるほど、子供の喧嘩ではなく、アメリカ大統領が核のボタンを持つのは大
                  変で、しかし共和党支持者は北朝鮮と戦争しろというものであり、政府が核兵器を否定しないのは、本当
                  にそれでいいのか、これを今、敗戦記念日、原爆の日に、戦争を知らない世代も8/6,8/9、8/15はしっかり
                  知るべきであり、感情論だけでやり合っている米朝の火遊びの問題もあり、戦争を日本がやってきた意味
                  もあると言われました。以上、今週の谷口さんのお話でした。


                   


                  ラジオ関西 ばんばひろふみラジオDEしょー(2017/8/9) 西谷文和 長崎原爆の日、原発を持つ≒核兵器を持つこと、安倍政権世紀末ゴタゴタデタラメ、日米地位協定の問題を語る

                  0

                    永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみラジオDEしょー、第2水曜日にフリージャーナリストの西谷
                    文和さんが出られました。
                    世の中の様々な出来事を、ジャンルを問わず取り上げ考えるばんばん侍、今回の西谷さんのお話、長崎
                    原爆の日、11時2分、2発目の原爆、田上市長が平和宣言、しかし核兵器禁止条約を日本が参加しなかった
                    ことを批判、核の傘から出る、東アジアを非核地帯にする、北朝鮮も意識、長崎を最後の被曝地にすると
                    いう感動的なものであり、そして原爆そのもの、アメリカが落として、アメリカはナチスより早く原爆を
                    作ろうと、1942年にマンハッタン計画、5万人の科学者で、1943年に世界初のウラン濃縮工場、1943年に世
                    界初のプルトニウム生産炉を作り、プルトニウムは人工的に作るもの、ウランに中性子を当ててやる=世
                    界初の原子炉、ウラン濃縮=広島原爆、プルトニウム型=長崎原爆、1945年7月16日、アメリカは世界初の
                    原爆実験に成功、そしてポツダム宣言の日にアメリカは平和といいつつ、8月に広島と長崎に原爆は、戦争
                    を終わらせるのではなくせっかく作った原爆2種類を実験するため、原爆を落とすところは空爆せず、戦後
                    ABCCに被爆者を集めてデータのみ取り治療せず、ウラン型とプルトニウム型の威力、被害をアメリカ
                    は調べたく、威力はプルトニウム型の方が強いが広島は平地で、原発を持つ≒核兵器を持つ、トルコもサ
                    ウジも核兵器を持ちたがる、これは学校で教えられないが、原爆の2種類のプルトニウム型は原子炉が必要
                    で、1950年にアメリカはソ連に対抗するため、潜水艦、ディーゼルだと酸素がいる、クジラと同じで浮か
                    び上がるとやられるので、1950年に原潜ノーチラス号を作り、1958年に原子炉で発電、つまり原子炉はプ
                    ルトニウム製造→原潜→発電は最後、原子炉は平和利用ではなく戦争のためであり、平和利用と言われる
                    と騙される、英語で原発はニュークリアパワープラント、原爆はニュークリアボム、原発として、本来は
                    核発電所なのに、これを原子力発電所とだまして、核と言うと悪いと思うが、原子力はいいようになる、
                    共謀罪→テロ等準備罪と言い換えたのと同じ(永岡注:私はかつてやくざ・闇勢力が経営していた神戸製
                    鋼という会社にいて、そこの原子力事業部から、核というと聞こえが悪いので原子力と言えという通達が
                    来たことがあったのです、原子力マフィアは核と言われるのを嫌がります)。アメリカに核兵器禁止条約
                    に入るなと言われて、スタジオで批判があり、本来橋渡しすべきものを、ASS政権は自己矛盾してい
                    る。
                    ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)内閣改造で支持率はそれほど上がらず、不支持の理由は
                    総理がASS、国民は見抜いており、加計学園と1月20日に知ったというが、加計理事長と何度もゴルフ、
                    会食しているのにこの始末であり、大臣の茂木氏、人づくり革命?大臣の政治資金ではパーティーでガッ
                    ポガッポ、270人はいる会場で2500人分のパーティー券をGET、パーティー券で2万人として数千万GE
                    T、企業が1社20枚買って行かない、要するにパーティー券収入は違法でなくても道義的責任はあり、これ
                    は政治献金、鈴木オリンピック大臣、3年でガソリン代地球33周分、明らかにおかしく、いくら燃費が悪く
                    てもおかしい、松山大臣、女体盛りで16歳の少女でやって明らかに違法、江崎氏はかわいいほどであり、
                    江崎氏の言うように地位協定見直しすべき、しかし政治のプロなら忖度して言わないので、江崎氏の発言
                    は正しく、米兵は何をしても捕まらず、日本のどこでも米軍基地が置けるので、プーチン大統領は北方領
                    土を返さない、米軍基地を作られるためであり、地位協定見直しは必要で、素人感覚で出ることは必要、
                    2009年に鳩山総理が普天間基地を最低でも県外にといい辞めさせられて、沖縄に基地が集中しているのを
                    ヤマトの人は知ることになり、地位協定と密約で日本のどこに基地を置かれても文句を言えず、学校では
                    教えられず、しかしASS内閣は見つかったらアカン文書は捨てる、隠すであり、菅干渉長官、加計学園
                    のワーキンググループに、新聞記者が議事録を残さないのは犯罪的と書いている本を菅氏が書いた
                    (2012/3)と暴露、ブーメランで返り、菅氏は記者会見から逃げて、森友学園問題も加計学園問題も、国
                    民はあるはずの文書がない、会ったのに嘘をつく、今治市の職員が官邸に行って柳瀬氏と会っているの
                    に、柳瀬氏は否定しても、週刊朝日の記事で、愛媛県の職員と、加計学園の職員も2015/4に行って同席し
                    て、下村文科相も会って加計学園に頑張れと言っており、下村氏は現役の文科相で、この発言は大問題で
                    あり、下村氏は政治資金団体に加計学園から200万もらい、奥さんは加計学園のパンフに登場して、真っ黒
                    に近いグレ、加計学園問題は拡大するばかりで、また内部告発されるものであり、加計学園の獣医学部は
                    今月認可されるか分からず、認可してもしなくても地獄、96億今治市が払わざるを得ず今治市は破産、森
                    友学園の建物もどうするか、今治市の負担は桁が異なり、森友学園は取り壊す金もないが、加計学園は認
                    可されなかったら取り壊し、税金をどぶに捨てるもので、今治市も高齢化して、介護施設は破綻し、今治
                    市は夕張になってしまい、ASSの腹心の友でご意向の働いたことは確実であり、早く解散総選挙して、
                    ちゃんとした人を選ぶか、内閣総辞職すべき、ASSは責任を取って腹切りすべきであり、選挙してこん
                    な人たちに負けませんと言うしかない(笑)。
                    しかし、解散総選挙でも受け皿がないが、野党共闘の必要はあり、しかしASS内閣は野田聖子氏や河
                    野太郎氏も入っても、肝心かなめのASSと菅氏は変わらずであり、何も変化なし。
                    江崎氏を首にしたら、女体盛りをどうするのかになり、一人辞めさせたらドミノ倒しのASS内閣、魔
                    の2回生、このハゲ、小選挙区制はダメ、風で当選してしまい、まじめに頑張る候補が通らず、中選挙区制
                    ではまじめな人が通り、自民党に派閥があったが、内閣が人事権を握ってしまい、このようなデタラメな
                    人間がASSに逆らえず、しかしわきが甘くばれたのが今の実態なのです、以上、西谷さんのお話でし
                    た。


                    サンテレビニュースPORT(2017/8/9) 敗戦記念日特集、元戦闘機パイロットの証言、生き残った者の責任

                    0

                      永岡です、サンテレビニュースPORT、敗戦記念日特集、三木市出身の元戦闘機パイロットの岡田良
                      さん(90歳)、フィリピンや本土で特攻機の護衛について、多くの戦友を見送り、生き残ったものの責任
                      を問いかけられます。
                      神戸では、中央図書館にて、神戸空襲の資料展が始まり、犠牲者は8000人を超えて、米軍の撮影した神
                      戸の壊滅したカラー映像もDVDで上映されています。
                      今年で敗戦72年、元零戦パイロットの岡田さん、兵庫県の一本道から太平洋戦争で多くの戦闘機が飛び
                      立ち、1941年に太平洋戦争、敗戦まで310万人の日本人が犠牲、戦闘機に乗り出撃したパイロットたち、手
                      書きで名前が残されて、岡田さん、書いてあるものは覚えていると言われて、零戦や紫電改を操縦、17歳
                      で海軍に入隊、いくつもの死線を乗り越えて、当時の若さのために戦争に志願したと言われて、開戦当初
                      の勢いもすぐに失速、米軍に対して劣勢に劣勢であり、敗戦1年前の1944年、特攻隊作戦を軍は決行、もち
                      ろん作戦=死であり、岡田さんも申告しても、特攻隊の援護隊をさせられて、敵艦に向かう仲間を護衛す
                      るのが任務、特攻隊は爆弾を抱いて行った戦友のことは言葉がなく、また軍は出撃拠点のために、各地に
                      飛行場をインスタントで作り、三木市に滑走路が2km作られて、しかし出来てから1年で敗戦のために、資
                      料が残らず、戦時中建設された三木飛行場のことなど、戦争体験を集める活動をされる宮田さん(61歳)
                      が資料を集め、宮田さんの父博文さん(92歳)は戦闘機の整備士、そして死が近くにあったと、殺さなけ
                      れば殺される、極限状態の国同士の戦争、岡田さん、墜落した敵戦闘機を見て、戦死した米兵の顔は真っ
                      白で、気の毒にと思い、岡田さんもいつかはそうなるのかと自分に問い、ある日突然、大切な人を失うつ
                      らさ、岡田さんは今もそれを忘れられず、悲しみや苦しみにかまっていたら戦争はできない、戦争は非情
                      であり、切ないと言われます。
                      散っていった多くの命、戦友の思い出は、岡田さんに生き残った者の使命を問いかけて、そして語り継
                      ぐと言われて、語られた72年前の記憶、多くの犠牲の元に生きる戦争を知らない世代にも、この記憶をつ
                      なぐことが求められています。以上、ニュースPORTの内容でした。
                       


                      << | 2/587PAGES | >>